東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

広角ズームレンズ購入

PENTAX 広角ズームレンズ DA12-24mmF4を中古で購入しました。
値段的に安いシグマの10-20mm F3.5 EX DC HSMとどちらにするか迷ったのですが、カメラ本体で歪曲や色収差補正が効くメリットを考えて純正品を選びました。

2017080701.jpg


昨日使ってみましたが、12mmの35mm換算18mmで撮影しても周辺の乱れが少なく、色のりの良いレンズでした。
サードパーティー製の広角ズームレンズの場合、四隅が流れたような画になってしまうので、その点があまり好きになれませんが、本レンズはその点は問題ないようです。
但し、順光で撮影すると、広く撮れ過ぎて、自分の頭の影が入ってしまいました(苦笑)

2017080702.jpg

広角レンズは漫然として撮影すると、ただ広い画と言うだけでメリハリのない作品になってしまうので、撮影技術の腕が試されるレンズなんだと感じました。

花の時期は標準ズームとマクロ、そして広角ズームのレンズ3本体制になりそうです。
これでペットボトル1本分の重量が増えてしまいました(笑)





  1. 2017/08/07(月) 21:57:27|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

早池峰山

今年二度目の早池峰山に行ってきました。

2017080601.jpg

登山道調査の一貫で、本当は鶏頭山を周回すれば良かったのですが、最終版の花も見たかったので、小田越から山頂を経て、鶏頭山まで縦走しました。

昨日は晴れたようですが、買い物なども用事があったので、天気が悪化傾向の本日の歩きになりました。
結果はガスが去来する不安定な天気でした。

それでもガスが切れて中岳が見えている時間帯もありました。

2017080602.jpg

標高の低い鶏頭山と毛無森は、雲が飛ぶ時間が多かったです。

2017080603.jpg

今回の調査の主目的はニセ鶏頭から七折ノ滝を経て岳へ下るルートの確認でしたが、刈払いが入って歩きやすくなっていました。
ひょんぐり加減が見事な七折ノ滝は、その形状の妙に唸ってしまいます。

2017080604.jpg

稜線上は暑さは左程感じませんでしたが、ニセ鶏頭から下部の歩きは暑さが堪えましたよ。




  1. 2017/08/06(日) 22:46:57|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブナハリタケ

栗駒山の御沢コースでブナハリタケ(ブナカノカ)を見つけました。

2017080501.jpg

私の長い登山経験上、8月初旬にブナハリタケが生えていたのは初めてです。
ちょっと見は色の薄いマスタケに見えたのですが、近づくとブナハリタケ特有の強いキノコ臭が森の中に立ち込めていました。

このキノコ、水分を含んでとても重いキノコですので、長い山頂までの道中、全てを採取するのは不可能でした。
約2kgほど採りましたが、それでも大きなペットボトル1本分の荷物が増えてしまいました。

翌日、採ったブナハリタケをペペロンチーノで食べました
このキノコは油を使った料理に良く合います。

2017080502.jpg

一足早い秋の味覚を楽しめましたよ。




  1. 2017/08/05(土) 18:00:54|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栗駒山

7月の週末はほとんど登山道調査に行けなかったので、気持ち的に焦り気味(-_-;)

8月2日に梅雨明けしたものの、太平洋側は東風が入り曇りの日が続いています。

来週から仕事が忙しくなるので、天気に恵まれるとよんで、急遽、栗駒山の御沢コースから裏掛コースを周回してきました。

今回も天気読みがズバリと当たり、平野部は大雲海が見られ、時折吹く涼しい風に晩夏の気配も感じながら快適に歩いてきました。

詳しくは本家ブログにアップしますが、数点の写真を当ブログで紹介します。

御沢コースを抜けると御室下のお花畑に出ます。
雪田草原に咲くワタスゲの奥に栗駒山がくっきりと見えていました。

2017080401.jpg

8月に入っても御室下には豊富な残雪があります。
今回は、上部の湧き水の流路部分だけ雪が融けて、雪の回廊が出来ていました。

2017080402.jpg

平日にも関わらず多くの登山者が休憩している山頂を越えて、東栗駒コースから裏掛コースに入ります。
磐井川源流はキンコウカが花盛りでした。

2017080403.jpg

ドゾウ沢の土石流発生地点はミナヤナギなどの低木が生え初めていて、植生が回復してきました。
ワタスゲが見ごろを迎えていて、綿が風に飛んでいました。

2017080404.jpg

この周回ルートは栗駒山の良さを凝縮していると感じます。




  1. 2017/08/04(金) 11:20:57|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゆず君 検診日

ゆず君の白血病は半年に一度経過観察が必要なので、昨日の午前中に動物病院へ連れて行きました。

血液検査の前に体重を計りますが、前回は5.2kgだったのが、今回は5.74kgに増えていました。
夏バテは全然なく、最近は食欲旺盛で、なおかつ暑いために涼しいところで寝てばかりいたのが体重増加の原因のようです。

開放一番、お医者さんにはこれ以上太らないようにしてくださいね。と言われていましました。

15015911784RRN5LyJ8EcdFoX1501591175.gif

ところで血液検査の結果ですが、概ね基準値の中に入っているようで今のところは問題なしです。
貧血の兆候はなく、太ったことにより腎臓機能低下も見られませんでした。

しかし白血球数が少し低いので、風邪を引いた時などに問題がでる可能性が高く、少しでも体調が悪いときにはすぐに来てくださいね。と言われました。

過去2年連続で、2年前はゆず君、昨年はハナちゃんが夏に病気になっているので、夏場は鬼門なんですよ。
でも元気なゆず君を見ていると、今年の暑い夏も問題なく乗りきってくれそうです。


  1. 2017/08/01(火) 21:50:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

映画 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 』

土曜日にマスさんと映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 』を観てきました。

最初の三部作が大好きで、映画の醍醐味をとことん味あわせてくれる内容でしたが、4作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』で少しスケールダウンしてしまったので、あまり期待をしないで観に行きました。

あらすじ
ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、過去に伝説の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と旅をした父のウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の呪われた運命を、何とかしたいと考えていた。そこで海にまつわる伝説を調査したところ、呪いを解くには伝説の秘宝“ポセイドンの槍”が必要なことがわかる。その後、英国軍の水兵になったヘンリーが船に乗っていたところ、“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)の襲撃に遭い……。




今年のような暑い夏に一番合う映画は、やはりパイレーツ・オブ・カリビアンです。
評価の低い前作からのつながりが心配でしたが、上手く辻褄を合わせていて、脚本の妙に唸ってしまいました。

今回は三作目までの準主役のポジションにあったウィル&エリザベスの物語を完結する内容になっていて、なおかつ幽霊船に囚われた父ウィルを助けるべく奮闘する息子のヘンリーと、まだ見ぬ父への思いを募らせる女天文学者カリーナが、ウィル&エリザベスを彷彿させる役柄になっています。
そして悪役:海の死神”サラザールに『ノーカントリー』のハビエル・バルデムを配したことは大正解で、おどろおどろしい死神を鬼気迫る演技で見せてくれました。
そしてあの超大型スターがおじさん役でカメオ出演していたのにはびっくり!

お金を湯水のように使って制作したハリウッド映画の醍醐味を存分に味あわせてくれたこの作品。
最後に悲しい別れもありますが、とても面白く、家族で楽しめる作品だと思います。

評価は85点。
これで大団円かと思ったら、エンドロールの後に、またしても終わりのない展開を予感させています。
ディズニーにドル箱路線なのは分かりますが、その商魂の逞しさに少し嫌気がさしてしまい、評価を少し下げました。


  1. 2017/07/31(月) 23:47:54|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笙ヶ岳

この週末も天気が芳しくないようで、山は諦めていましたが、昨日の夕方の天気予報から推察すると、西鳥海なら雨に降られず、花を愛でながら登山ができそうなので、久々に笙ヶ岳に登ってきました。

本当は日本海の海の幸を食べるのが主目的なのですが、楽に歩けるので、鳥海山本峰は最初から目指さない予定です。

詳しくは本家ブログにアップしますので、少しお待ち願うことにして、今回は数点の画像をアップしておきます。

やはり冷たいヤマセが入っている関係で、鳥海山の新山は雲の中に姿を隠していましたが、少しの時間だけ顔を出してくれました。

2017073001.jpg

長坂道のニッコウキスゲは終盤です。
おそらく1週間前が一番見ごろだったはず。
でもここまで咲いていてくれれば言うことありません。
ベタな写真ですが、笙ヶ岳も入れ込んで撮影しました。

2017073002.jpg

笙ヶ岳の山頂は沢山の登山者が休んでいました。
この山頂から見下ろした庄内平野の雄大な景色には毎度驚かされます。

2017073003.jpg

ガスったり晴れたり目まぐるしく変わる天気でしたが、夏山を楽しめましたよ。


  1. 2017/07/30(日) 22:51:24|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 『ライフ』

昨日でラスト公演になる映画『ライフ』をレイトショーで観てきました。

何かBBCで制作した動物ドキュメンタリー映画のようなタイトルですが、その実は『エイリアン』と『ゼロ・グラビティ』を足して2で割ったような内容のSFスリラー映画です。

まあB級色が濃厚な感じがしていたので、DVDレンタルで観ればよいかな、と思っていましたが、宇宙ものの映画が基本的に大好きなので、仕事で疲れてはいましたが一人で観に行ったのです。

あらすじ
世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。




本作はあまり評価されず、短期間の公開で終わってしまいましたが、今年観た『メッセージ』が友好的な異星人とのコンタクト映画だったのに比べ、人を敵対生物としか見なさない最悪のコンタクトのケースが今回の内容です。

細胞の一つ一つに筋肉と脳と視覚を持つ、究極の生物が何故火星で生まれたか、と言う疑問はさておき、その進化のスピードに全ての行動が遅れを取り、次々にカルビンと名付けなれた地球外生物に殺されていくクルーを観ているのは、下手なホラー映画より現実味に溢れています。

かのホーキング教授が、異星人とのコンタクトは悲劇を生み出す可能性が高いと言っていましたが、この作品の内容は正にそれを具現した感じでした。

しかし本作はB級的な映画ながら配役が素晴らしいですね。
『ナイトクローラー』で狂気の報道パパラッチを演じ、役の幅を広げたジェイク・ギレンホール。
『デッドプール』で主演し、一気に人気が急上昇したライアン・レイノルズ。
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でヒロインを演じたレベッカ・ファーガソ。
日本からは真田広之がなかなか上手い演技を見せてくれます。

でも本作のエンディングは、これ以上の絶望感はない、と言いきれるほど後味が悪いものでした。
2010年に公開された『スカイライン-征服-』と相通じるトラウマになりそうなラストとも言えます。

映画を観てすっきりしたい、楽しみたい、と思う方にはお勧めできない作品です。
私的には衝撃のラストで逆に印象が深まった作品だったですよ。

評価は80点。
ラスト以降の展開については観た人の想像に任せるので良いと思いますが、どうやって火星から生命体がいそうな土を採取したかを、簡単に映像で出して欲しかったです。その方が地球外生命体の発見の感動がより分かち合えたと思いますよ。


  1. 2017/07/28(金) 19:52:13|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らーめん 小野屋

今日は断続的に強い雨が降り、いよいよ梅雨末期という感じになりました。
しかし九州といい、秋田県といい、地球温暖化の影響で猛烈な豪雨が日本国中どこでも降る、困った天候になってきたものです。

本日の記事は土曜日のお昼に立ち寄った大和町のらーめん小野屋です。

2017072401.jpg

大分前に仕事の合間に一回だけ入店しましたが、その時も混雑していて、地元では有名店だそうです。
前回は醤油らーめんを注文しましたが、さっぱり系のらーめん、と言う印象だけが残り、少しインパクトに欠けた感じがしました。

でもその時に大半のお客さんが塩らーめんを注文していたので、次に訪れた時には絶対に塩らーめんを注文すると決めていました。

ちょっと見には営業しているのかどうか分からない店構えですが、駐車場に5台ほど停まっているので、営業していることが分かりました。

午前11時40分ごろ店に入りましたが、既に5名のお客さんが座っています。
お一人を除いて、皆さん醤油らーめんを注文しているみたいですが、迷わずに塩らーめんを注文。

でてきた塩らーめんはコチラ。

2017072402.jpg

魚系の出汁と、中太ストレート麺の絡みが最高で、とても美味しいラーメンでした。

このお店は午後3時閉店なので、山の帰りに立ち寄るのは至難の業です。
今回はちょうど良い機会に巡り合え、一緒に行ったマスさんも喜んでいましたよ。

この後はコストコで買い物をして帰りました。
物凄く暑い一日で、仕事に行っていたら身体を壊すと感じる日でした。


  1. 2017/07/24(月) 21:59:39|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

木工オブジェ

昨日の昭和万葉の森のつづきです。

園内には以前はなかった木工のオブジェが彼方此方に置かれ、そのユニークな姿を楽しませてくれました。

2017072301.jpg

木製なので木の温もりが良く表現されていると思います。

2017072302.jpg

この猿なんて、風景に融けこんで、マスさんに言われないと気がつきませんでした。

2017072303.jpg

べニアで作ったものもありました。

2017072304.jpg

これだけの物を作るのは大変でしょうね。

2017072305.jpg

飛び地の里山なので熊に悪戯されることはないでしょう。

2017072306.jpg

少しの区間を歩いただけで、こんなに多くのオブジェが見られました。

園内をくまなく歩いたら、もっと沢山展示されているのでしょうかね。


  1. 2017/07/23(日) 19:43:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (186)
写真 (38)
花 (262)
登山 (342)
音楽 (25)
映画 (86)
猫 (148)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (120)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR