東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

喧嘩

朝方リビングの方からゆず君が威嚇している声が聞こえてきます。

カメラ片手に様子を見に行ったら、すりガラス越しにゆず君が野良猫と喧嘩していました。

どんな猫か少しだけ掃き出し窓を開けてみたら、お互いにウォーン・ウォーンと威嚇合戦になっています。

2017061301.jpg

ゆず君、普段は甘えっ子なのですが、雄猫が庭を通ると、必ず縄張り争いなのか威嚇するんですよ。

この白黒ぶちの猫もかなりきかない性格のようです。

2017061302.jpg

網戸に爪を立てて破かれるのを恐れて、この後すぐに窓を閉めましたが、白黒猫は窓にアタックしてきて、ゆず君の興奮は最高潮を迎えたのでした。



  1. 2017/06/13(火) 23:41:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

南屏風岳

今日は南屏風岳から不忘山を周回してきました。

ガイド登山では不忘山の山頂に行けなかったので、今が盛りに咲いている花をどうしても見たくなったからです。

午前中は強風とガスに見舞われましたが、天気予報が見事に当たって、午後から急激に晴れてきました。

不忘山に着く頃には風も花を撮影できる程度まで収まりました。

2017061101.jpg

ハクサンイチゲは草丈があまり伸びておらず、一番美しい姿だと思います。

2017061102.jpg

ユキワリコザクラは少し痛んでしまった花も多かったですが、場所によってはまだまだ綺麗に咲いていました。

2017061103.jpg

ほとんどマクロレンズで花撮りばかりしていた一日でした。




  1. 2017/06/11(日) 22:33:36|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

焼石岳

本日、晴れの予報のため、急きょ焼石岳に登山地図の登山道調査に行ってきました。
中沼駐車場から金明水、焼石岳、石沼、中沼と巡る大周回ルートです。

詳細は本家ブログに記しますが、やはり姥石平のお花畑は最高でした。

2017060901.jpg

終盤、天気予報通り少し曇ってきました。
でも終日、山は見えていて、中沼から横岳の稜線が一望できましたよ。

2017060902.jpg

今年は残雪が多いので、至る所で登山道が隠れていました。
歩く場合は長靴の方が良いです。



  1. 2017/06/09(金) 22:45:48|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ゆず君が一番

本家ブログの末尾に書いていますけど、田代島の猫は目が病気になった猫や、喧嘩して傷だらけの猫が多く、しかも近親交配で身体が小さい子も多くて、可愛かったけれど少しやるせなくなりました。

そんな気持ちのままで自宅に帰ってきたら、ゆず君が甘えてきます

田代島の猫は野良ではなく地域猫のような扱いですが、やはりおっとりとした目つきのゆず君を見ていると、猫の幸せって守ってくれる家庭がある事なんだなと強く感じました。

2017060801.jpg

今日もゆず君は安心仕切って寝ていましたよ

2017060802.jpg

やはり猫は数あれどもゆず君が一番可愛いです。
親ばかですが・・・




  1. 2017/06/08(木) 21:03:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

月見草

庭の月見草がどんどん勢力を拡大して、月見草のお花畑のようになってきました。

2017060601.jpg

石がごろごろした、マスさんが採石地と呼ぶ場所に生えているのですが、種で増えているようで、凄い繁殖力です。

2017060602.jpg

まあ見ていてとても綺麗な花なので、何処まで増えるのか楽しみにしています。

庭に少しだけ生えているバラも花を咲かせました。
東沢のバラ公園にも行きたいのですが、来週当たりからサクランボの収穫の手伝いに行かねばなりませんので、今年は行けないでしょうね。

2017060603.jpg

シランの花が満開になると、もうすぐ梅雨の季節という感じがします。

2017060604.jpg

日曜日はまたまた雨の予報。
天気が安定せず、地図の調査山行が滞っていて参ってしまいます。





  1. 2017/06/06(火) 21:55:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

田代島

本日は脊梁山脈は昨日と同様に強風とガスの天気なので、マスさんと長年懸案になっていた田代島へ行くことにしました。

2017060401.jpg

猫島で有名なところなので、猫と触れ合うのが第一番の目的です。
これについては満足できました。

2017060402.jpg

荒々しい三陸海岸の風景も堪能しました。

2017060403.jpg

田代島の最高点:正島山にも登ってきました。

そして一番印象に残ったのはニッコウキスゲの群落に出会えたことです。

2017060404.jpg

ちょっとした山を歩いてきたような満足感が得られた一日でした。








  1. 2017/06/04(日) 21:37:37|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

不忘山

本日はことりはうす主催の不忘山フラワートレッキングのガイド役をしてきましたが、朝方は白石スキー場を歩いている途中はまあまあの天気でした。

2017060301.jpg

しかし下山してくる登山者の方々に上の天気の様子を聞いていると、爆風が吹き荒れ、ほとんどの方が不忘の碑から引き返しています。

不忘の碑の手前ではユキワリコザクラやハクサンイチゲが満開でしたが、実際に不忘の碑のガレ場に出た途端、立っていられない程の強風に翻弄されました。

2017060302.jpg

ここでサブガイドの方と相談して退却を選択。
山頂までは10名のお客さんを連れて登るのは到底無理な状況でした。

不忘の碑直下の開けたガレ場で昼食を食べましたが、その時の気温は何と3度。
体感温度は完全に氷点下で、残念でしたが、引き返して正解と感じました。

先頭を歩いていたので余り写真は撮っていませんが、後日本家ブログにアップします。




  1. 2017/06/03(土) 19:50:11|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

映画 『メッセージ』

『メッセージ』は今年のアカデミー賞で作品賞、監督賞を含む主要8部門にノミネートされ、音響編集賞を受賞したSF映画なので、これは公開されたら観に行かねば、と思っていたのですが、ヤフー映画のレビューを見ると、あまり評価されていない様で、行くか行かぬか迷っていました。
しかし監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが近く公開される『ブレードランナー』の続編の監督に大抜擢された方と聞き、見逃しては後悔すると感じ急遽観に行ったのです。

いやぁ~ヤフー映画のレビューや評価を信じなくて大正解でした。
SF映画と言うより重厚なヒューマンドラマで、過去の同系列の作品では『未知との遭遇』、『コンタクト』、そして少し毛色は違いますが『インターステラー』と肩を並べるほどの傑作でした。



原作は、SF小説の各賞を総なめにした、アメリカの作家テッド・チャンによる短編小説「あなたの人生の物語」。
出演は突然飛来した“彼ら”が人類に伝えようとする“メッセージ”を懸命に解読しようとする言語学者を、アカデミー賞5回のノミネートを誇るエイミー・アダムスが熱演。ヒロインとともに任務にあたる物理学者を「アベンジャーズ」シリーズのジェレミー・レナー、作戦の指揮をとる軍人を「ラストキング・オブ・スコットランド」のオスカー俳優、フォレスト・ウィテカーが演じている。

あらすじ
世界各地に12隻の宇宙船が現れ、言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)、数学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)、アメリカ軍大佐のウェバー(フォレスト・ウィテカー)たちが調査を始める。
彼等に与えられた任務は、宇宙船の中にいる2体の地球外生命体ヘプタポッドとコミュニケーションをとり、飛来の目的を探ることだった。試行錯誤の末、墨を吹き付けたような円形の図像が書記言語であることが明らかになり、解読が進む。並行して、ルイーズは母子の光景のフラッシュバックに悩まされる
襲来の目的を問われたヘプタポッドは、人類に「武器」をもたらすことだと伝える。これを脅威と見なした中国軍のシャン上将は通信回線を閉じ、ヘプタポッドとの戦争の準備を始める。そんな最中、言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。


こんな風にあらすじを書くと、SF宇宙戦争に物語は展開するように感じますが、本作品は全く別物で、緊張感を常に漂わせながら、静かに宇宙人との会話が進行していく内容です。
ここで『アベンジャーズ』のようなアクションSF映画を欲していた鑑賞者からは、駄作との評価を受けてしまうのです。

この作品はある意味、鑑賞する人の集中力を試されるものかもしれません。
短編SF小説を形而上学的、哲学的なレベルまで引き上げた秀逸な脚本は、演者の一言一句が非常に重要な意味を持たせます。
言語学者のルイーズが前半でこの様な内容の言葉を発しています。(言い方は違いますが・・・)『多言語を理解すると、その国の精神構造まで理解できる。』←ここが重要で、終盤でルイーズが異星人の言語を完全に理解した瞬間から、時間を超越して未来まで見える能力を身に付けるんです。
これ以上書くとネタバレになるので控えますが。

エイリアンが人間に向けたメッセージの内容、そして娘のフラッシュバックの理由が霧が晴れたように把握できますし、最後の戦争を回避するシークエンスに関しては、『君の名は。』以上の強烈な仕掛けに感動すら覚えました。

この辺りは私では言葉足らずですので、日本の有名監督に語っていただいたほうが分かると思います。
私からすると決して提灯コメントではありませんよ。



しかし人類皆がヘプタポッドの表意文字を理解できたら、戦争などまったくなくなる世界ができるのでしょうね。

私の評価は98点です。(3000年後に何が起こるか気になってしょうがないのでマイナス2点)



  1. 2017/06/01(木) 21:52:45|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外付けハードディスク

2400万画素のデジ一眼を使うようになってから、PCのハードディスクの容量が直ぐに一杯になり、バックアップ用で使っていた1TBの外付けハードディスクの容量では足りなくなりました。

JPEGでも1ファイル16MBの容量を必要とするので、一山行で150枚から200枚写真を撮ると大変です。


そこでネット通販にてBUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 3TB(HD-LC3.0U3-BKD)をぽちりました。

2017053101.jpg

まあ記事に書く事もないような内容ですが、驚いたのはその価格です。
3TBで10000円を切る、送料込み9280円でした。
以前は1TBのハードディスクが10000円ぐらいで買った記憶があるので、随分安くなったものです。

ところで炬燵布団をしまってから、ゆず君は居間のいろいろな場所で寝るようになりました。
基本的に人にくっついているのが好きなのですが、やはり暑くなるようで、体温調整のためにテーブルの上で涼むことも多くなりました。

2017053102.jpg

猫は犬より暑さに強いですが、やはり暑いのは嫌みたいで、常に快適な温度の場所を求めています。



  1. 2017/05/31(水) 22:43:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

竜ヶ岳と目指岳

昨日は神室にいくつもりでしたが、寒気が入っているようで、そんな時には標高1000m以上はほぼ雲の中に入ってしまいます。
従って天気が少しでも良さそうな西会津の竜ヶ岳と目指岳に登ってきました。

この山は9年前に登っていますが、竜ヶ岳はピストンで登ったので、今回は馬蹄形に広がる藪尾根を周回するつもりでした。

しかし天気予報は見事に外れ、登山口に着いても霧雨が降っています。
何れ雨は止むだろうと、淡い期待を持って入山。

最初の鎖場を乗り切ると、後はヒメコマツの生える急な尾根をひたすら登ります。
途中、ところどころで視界が開け、半時計回りに周回する尾根の一部が見えてきました。

2017052901.jpg

この馬蹄形尾根は踏み跡程度の道が続きます。
危ない箇所は2か所。
このナイフリッジは、リッジの終わり2歩が細く、しかもザレていて、慎重に越えました。

2017052902.jpg

ほぼ180度周回したところから竜ヶ岳を眺めます。
左下から中央に伸びる尾根を登りました。
この山の登路がいかに尋常でないか分かると思います。

2017052903.jpg

車で目指岳の登山口に移動し、九才坂峠に向かって登ります。
ここは福島と新潟の県境。

2017052904.jpg

峠から山頂までは以前は藪漕ぎを強いられる箇所がありましたが、現在はほとんど登山道といった感じになっていました。
手前のピークから目指岳を眺めます。

2017052905.jpg

山頂は晴れていれば絶景なのでしょうが、近くの同じような標高の山しか見えなかったです。
しかし御前ヶ遊窟のある井戸小屋山が見えていましたよ。

2017052906.jpg

ところで今回はヒメサユリを期待して行ったのですが、咲きはじめの状態で、後一週間後に見ごろを迎えると思います。
でもかなりな量の蕾を見ていますので、盛りの時には素晴らしい光景が見られそうです。

2017052907.jpg

詳しくは本家ブログにアップします。


  1. 2017/05/29(月) 19:16:25|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (183)
写真 (36)
花 (252)
登山 (333)
音楽 (25)
映画 (82)
猫 (144)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR