東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

アルミワカン修理

5日・日曜日に面白山に登った時、山頂直下でアルミワカンの足裏のデッキのナイロンベルトが切れました。

ほとんど抵抗なしにワカンが足から外れてしまったので、一瞬何が起こっているのか分からなかったのですが、拾い上げて良く見るとナイロンベルトが切れたと言うより、縫い目の部分の糸が切れて、輪っかになったベルトが使い物にならなくなってしまったようです。

マジックマウンテンでトレースラインと言う名称で販売されているこのアルミワカン、アルミの素材に黒く塗装されていて、雪が付き難いと思い購入しましたが、まだ20回も使っていない内に縫い目がほつれてしまうとは、ちょっと品質に疑問を持ちます。

普通、アルミワカンのナイロンベルトで切れてしまうのは、爪が当たるサイドの部分が大半で、これは材質的に仕方ないのですよ。

この日はアイゼンは持たないでアルミワカンの爪を頼りに三沢山から山頂までを往復しようと考えていたので、片足にワカンがないと困ります。
仕方なく山頂直下の吹きっ晒しの中で黄色い締め付けバンドを使って何とか応急処置できました。

2017030801.jpg

これではデッキ部分の強度が心もとないですが、下りは踵キックステップするので大丈夫と判断しました。
結局、午後から雪が緩んできたのですが、天童高原スキー場の駐車場までこの状態で歩き通せましたよ。


さて、このアルミワカンですが、次の週末にまた使うのでどうするか少し悩んでしまいました。

まず買ったショップに行って相談すると輪っかになっているデッキ部分のナイロンベルトは1本200円(税抜き)でまだ購入できることが分かりました。
一応他のベルトをチェックしたら、今回切れたものだけ縫い目がほつれてしまったようです。
しかし同じワカンをマスさんも使っているので予備を考えて4本注文しました。

でも注文したベルトが使う時まで届かない場合を想定して、切れたベルトの修理方法を模索します。
ミシンで縫う方法は木綿糸じゃ全然強度が足りないため駄目です。
出来ればナイロン製の破断に強い糸で縫いつければいいのでしょうが、DIYの店ではそんな糸は売っていませんでした。

そこで考えたのがカシメを打って止める方法です。
カシメの取り付けセットを900円ぐらいで買ってきて、それで修理を試みました。
ここで問題だったのが、カシメの雄金具を通す穴のあけ方です。
付属のポンチでは全然駄目。
千枚通しを使ってみたけど、雄金具を通せる直径の穴は開きません。

それならハンダごてで溶かしてしまうのはどうか、と試したら簡単に目的の穴が開きました。

そんな感じでカシメを取り付けて修理したのが、この写真です。
カシメの威力は強烈で、引いても捩じってもびくともしません。

2017030802.jpg

週末の山で使ってみてのお楽しみです。
問題がなければ、今後は切れた時にはこの方法で直すつもりです。

でも一つ懸念しているのは、カシメの金属部分に雪が付着する事です。
付き過ぎるようならビニールテープをその部分に巻くしかないでしょうね。

(3╱10追記:まだ発注したナイロンベルトがショップに届いていません。結果的にカシメで切断箇所を繋いで正解でした。)
⇒本日11日、ショップから届いたとの電話があり、引き取ってきました。明日の山はこれでベルトが切れても大丈夫(*^^)v





  1. 2017/03/09(木) 18:30:00|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

雪旅籠の灯り

以前、一回だけ志津で開催される雪旅籠の灯りを見に行きましたが、今回は久しぶりに再訪してみようと言うことになり、最終日の5日に行ってみました。

着いた時間がまだ日没前でしたので、湯殿山や姥ヶ岳の姿がぼんやりと見えていました。

2017030701.jpg

売店ブースの横ではオカリナの生演奏をしていましたが、かなり寒くて、とくにギターの奏者は大変だったみたいです。

2017030702.jpg

徐々に蝋燭の火を灯していきますが、雪洞の中は比較的暖かいので、まず中を見て回りました。

2017030703.jpg

その内に少しずつ空が暗くなってきて、旅籠の雰囲気が出てきました。

2017030704.jpg

このイベント、今年で12回目だそうです。
最近は通行手形と称して入場料が500円取られますが、雪深い温泉街の数少ない収入源の一つでしょうし、重機を使って作るので、結構お金もかかるのでしょうね。

だんだん見物客が増えてきて、雪旅籠の前も賑やかになってきました。

2017030705.jpg

日没後の空が紫色になったマジックアワーの時間になりました。
この時間帯が雪旅籠の一番美しい時だと感じます。

2017030706.jpg

時々奇跡的に人通りが途切れる時があり、何かもののけ姫に出ていた宿場のような雰囲気があります。

2017030707.jpg

更に暗くなると、手持ちでの撮影は難しくなります。
ISO感度を落して、三脚撮影に切り替えます。

2017030708.jpg

この時、maronnさんが会場内にいたのですが、暗くてお互いに何処にいるのか分かりません。

2017030709.jpg

日が完全に落ちると、急激に気温が下がって道路が凍りついてきました。

2017030710.jpg

梅と鶴と桜?を模したデザインは凝っていて面白かったです。

2017030711.jpg

こんなレーザー光線の出し物もありましたよ。

2017030712.jpg

携帯でいる場所を確認してmaronnさんに会えました。

約2時間弱いて身体が冷え切ってしまいましたが、谷地でほかほかのハンバーグセットを食べて落ち着きました。

二日連続で遅い帰宅だったので、ゆず君は寂しかったようで、凄く甘えてきましたよ。


  1. 2017/03/08(水) 18:00:00|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寒河江八幡宮の雛まつり

日曜日に実家にいたマスさんを迎えに行ってから寒河江八幡宮で開催している雛まつりを見てきました。

社務所の中に並べられたお雛様を見るのは今回で2回目です。

2017030601.jpg

当ブログでも過去にご紹介していましたが、展示されているお雛様は変わらないけど、久しぶりでしたので新鮮に感じました。

2017030602.jpg

写真を撮っては駄目と言われる有料の開場もあるんですが、ここは自由に撮影できて楽しいです。

2017030603.jpg

お雛様って皆同じようにしか見えないので、画像を保存しておいて、後から眺めると、その時の記憶が浮かんでくるんですよね。

2017030604.jpg

でも年代物の享保雛などは触られないようにガラスのショーウィンドウの中に飾られていました。

2017030605.jpg

男の私でもお雛様を見ると春を感じて嬉しくなります。

2017030606.jpg

中にはこんな表情豊かなお人形もありましたよ。

2017030607.jpg

このつるし飾りはゆず君に似ていると、マスさんと盛り上がりました。

2017030608.jpg

この後、西川町の志津でこの日まで開催している雪旅籠の灯りを見にいきました。





  1. 2017/03/07(火) 18:00:00|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

面白山

3月5日・日曜日は面白山に登ってきました。

前夜は山形から帰ってしたのが午後11時半で、寝たのが午前1時を過ぎていましたので早起きは到底無理です。

前日、実家に帰ったマスさんを迎えにいく用事もあったために、時間がかからずに手軽に雪山を楽しめる面白山が一番妥当な線でした。

午前10時過ぎから登りはじめましたが、この日は天気に誘われて登っている人が多いようです。
三沢山まではツボ足で登れました。

東に聳える面白山を見上げると、皆さんアイゼンを付けて登っている感じです。

2017030501.jpg

私はアルミワカンを付けて登りました。
しかし山頂直下の吹きっさらしの中で、右足のデッキの部分のベルトが縫っている所から切れてしまいました。
寒い中、応急処置をして登りましたが、この点は別途記事にします。

4名の登山者がいる山頂に着きましたが、天気予報の通り、雲が多くなり霞んで遠い山は見えません。
でも船形連峰はばっちり見えていましたよ。

2017030502.jpg

中面白山に伸びる雪稜が思いのほか迫力があり、この日一番印象に残った風景でした。

2017030504.jpg

帰りは三沢山の下で軽く食事をとり、応急処置したワカンも何とか外れずに持ってくれて車に戻れました。




  1. 2017/03/06(月) 18:04:51|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山形市で新年会?

3月4日土曜日の夜から山形市で岳友と、かなり遅めの新年会を行いました。

毎年、伝七で開催していたのですが、今年から参加人数が増えてしまったので河岸を変えました。

午後6時前に山形駅に到着です。

2017030401.jpg

お店は山形の郷土料理が推しの山形長屋酒場です。

2017030402.jpg

今回参加したのは山形ではみいらさんモンキィさん、犬猫馬さん、tammyさん、すばるぅさん
宮城はmorinoさん、maronnさん、マロ7さんtomさんマスさん、そして私の11名です。

先ずは地酒で乾杯2017030403.jpg

お料理をつまみながら話が弾みます。

2017030404.jpg

約2時間半の楽しい時間が過ぎていきました。

帰りは霞城セントラルビルに飾られていた啓翁桜やお雛様を見ました。

2017030405.jpg

午後9時46分発の仙山線普通列車で帰仙。

2017030506.jpg

午後11時半に帰宅。
寂しそうにしていたゆず君を遊ばせて寝たのは午前1時を過ぎておりました。

新年会幹事のモンキィさんご苦労さまでした。



  1. 2017/03/06(月) 11:01:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

上倉

昨日は午前9時から午後3時ごろまで時間が出来たので、近場の泉ヶ岳を登ってきました。

山頂に着いたら霞が酷くて蔵王連峰はもやもやで見えなくなってしまいました。

でも昨日は山頂が目的ではなく、昨年、山仲間のマロ7さんが訪れた北泉ヶ岳の南西尾根の末端にある岩場まで行く事です。

三叉路のすぐ上にある雪庇が張り出したピークの事を上倉と昔は読んでいたそうですが、その南西尾根の岩場の名称は調べてみても分かりませんでした。

マロ7さんは袖倉と命名していますが・・・

そんな訳で岩場の上部に着きましたが、かなり崩落の進行している崖で、浮石が多くて危険な感じです。

しかし崖の上から眺めた後白髪山と三峰山は至近距離にあるので凄い迫力でしたよ。

2017030201.jpg

詳しい山行記録は別途、本家ブログにアップします。





  1. 2017/03/02(木) 18:37:58|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

駄菓子

話は前後しますが、土曜日に行った『第9回 大崎 蔵のひな祭り』の短い動画を作りましたので、お暇でしたら見てください。



動画の方が、写真よりつるし飾りのボリュームが分かりますね。


ところで会場の1階にある商店で、懐かしい駄菓子を販売していたので、思わず見入ってしまいました。

私が子供時代から売っている駄菓子が今でもあることに驚きました。

よっちゃんイカ。
食べて決して美味しいものではないですが、当時は凄く美味しく感じたものです。

2017022801.jpg

カレー味のお菓子はまだ味を覚えていますよ。

2017022802.jpg

一番懐かしかったのが コレ ↓

2017022803.jpg

これを咥えながら大人のマネをした子は多いでしょうね(笑)

  1. 2017/02/28(火) 18:00:00|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

手倉山

昨日は丸森町と相馬市の県境にある手倉山を歩いてきました。

過去に2度訪れている山ですが、しばらく登っていなかったので行きたくなったのです。

山頂までアンテナ用の保守道路があり、展望が得られない山で、ほとんど登山の対象にはなっていませんが、この山の北側に小規模ながらイヌブナの巨木林があるので、イヌブナに会いたくなりました。

以前よりスギの植林が広がってしまい、イヌブナ林は更に小さくなっていましたが、未だに元気な姿を見てほっとしました。

2017022701.jpg

宮城県の阿武隈山地でこれほどのイヌブナの大木を見られる場所はここだけです。

2017022702.jpg

往路は適当に作業道を繋ぎながら登って、帰りは林道を下りましたが、林道の途中にあるモミの巨木林も一見の価値があります。

2017022703.jpg

あまり雪はないだろうと思って行きましたが、山頂付近は20センチぐらい潜るラッセルになってしまいましたよ。



  1. 2017/02/27(月) 19:29:09|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いろは食堂 古川支店

醸室でひな祭りを堪能した後、車なら近いいろは食堂古川支店に行きました。

いろは食堂を言ったら岩出山にある本店の中華そばが有名ですが、店じまいが早く、もう20年以上行っていません。
そんな時に河岸を変えて訪れるのが古川支店でした。

このお店もしばらくぶり。
何処にあったか記憶は定かでなく、カーナビに頼って何とか着きました。

午後1時を越えていましたが、駐車場はほぼ満車で、やっと1台分のスペースが空いていました。

とても年代を感じる暖簾をくぐって店内に入ります。

2017022601.jpg

ほぼ満卓に近かったですが、たまたま座敷の席が空いてそこに座れました。
お水はセルフのようで、注文はこちらから言いにいかねばならないようです。

2017022602.jpg

食堂なので、皆さん様々な料理を注文しています。
でも一番多かったのはやはり中華そば(670円)でしたね。我々も中華そばを注文。
注文してから約10分ぐらいで運ばれてきました。

2017022603.jpg

しばらくぶりに食べたいろは食堂の中華そば

スープは鶏ベースで温和な味です。
麺は新庄のもつラーメンを思わせる柔らかめの茹で方。
頼めば硬めに茹でてくれるようです。

さっぱりしたスープに麺がよく絡んで美味しいラーメンです。
チャーシューが鶏もも肉なので、油っぽくないのも良かったです。

最初は大盛りにしようかな、と思いましたが、普通の中華そばでも麺の量が多く、お腹が一杯になりました。
マスさんも美味しかったと喜んでいましたよ。



  1. 2017/02/26(日) 20:00:58|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第9回 大崎 蔵のひな祭り

今日はマスさんと大崎市の醸室(かむろ)寺子屋ホール2階で開催されている
『第9回 大崎 蔵のひな祭り』を見てきました。

2017022501.jpg

雛のつるし飾りと言うと酒田市の山王クラブで行われる傘福が有名ですが、地元紙を見て、盛大に行われているようなので行ってみたのです。

初めて醸室(かむろ)に行きましたが、地場産品や地酒の販売、そして食事所がいろいろあり、それを眺めただけでも面白いところでした。

ひな祭りのメイン会場は一番奥にある寺子屋ホールの二階ですが、沢山の来場客で賑わっています。

今年の飾りつけのテーマはウサギなんでしょうかね。

2017022502.jpg

2017022503.jpg

お祭りを模したコーナーもあり楽しめます。

2017022504.jpg

2017022505.jpg

個人的に一番好きだったのはすずめ踊りを表現したお人形の数々でした。

2017022506.jpg

2017022507.jpg

2017022508.jpg

南国風にアレンジしたつるし飾りは笑ってしまいました。

2017022509.jpg

2017022510.jpg

今回のメインのつるし飾りは紅白のウサギですね。
色は単調ですが、吊るしている数が凄く多いので圧巻です。

2017022511.jpg

2017022512.jpg

脇役のいろいろな飾りを一点一点見るのも楽しいものです。

2017022513.jpg

2017022514.jpg

回り込んだ最後の通路に飾ってあるつるし飾りも見事でした。
来場者が多く、人が写り込んでしまいますね。

2017022515.jpg

但し、山形のつるし飾りと違って、飾りの種類は少し単調な感じがしました。

2017022516.jpg

もう少しネズミや金魚などの愛でたい物をいれても良かったと思います。

2017022517.jpg

2017022518.jpg

でもこれだけの数を作るのは大変でしょうね。

2017022519.jpg

来月の5日(日)まで開催しておりますので、ご興味のある方は是非足を運んでください。

2017022520.jpg

山に登るのも楽しいですが、一足先に春を感じる、こんなイベントも大好きです。



  1. 2017/02/25(土) 19:34:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (175)
写真 (35)
花 (236)
登山 (310)
音楽 (24)
映画 (76)
猫 (137)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (13)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (3)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR