東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『エクソダス:神と王』

映画 『エクソダス:神と王』は『グラディエーター』『エイリアン』を監督した、リドリー・スコット監督の最新作です。
この監督の作品は当たり外れの差が大きいので、少し懸念はありましたが、今回は『ダークナイト』のクリスチャン・ベイルが主役なので外れはないと思い期待して観に行きました。

内容は旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼのエピソードをベースにしたアドベンチャーだそうで、紀元前のエジプトを舞台に、王家の養子として育てられた男モーゼがたどる数奇な運命を題材にしています。

モーゼと言ったらチャールトン・ヘストン主役の名作『十戒』の、あの海が割れるシーンが思い出されますが、記憶の糸を辿ってみても敵役がユル・ブリンナーであった点しか覚えていません。
今の映像技術で海が割れるシーンがどんな凄い事になるかとても興味がありました。



あらすじ
紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセス(ジョエル・エドガートン)とたもとを分かつ。その裏には、奴隷として苦境に立たされている40万にも及ぶヘブライ(ユダヤ)の人々を救わねばならないというモーゼの信念があった。そして、彼らのための新天地「約束の地(カナン)」を探し求めることに。過酷な旅を続ける一方で、彼はエジプトを相手にした戦いを余儀なくされていく。


この作品は旧約聖書の内容にほぼ沿った形で制作されたと言われています。
昔、旧約聖書は一度だけ読んだことがありますが、書いている内容がちんぷんかんぷんで、心に訴えかけてくるものではありませんでした。
カトリック信者はその内容の奥にある心理まで読み解いているのでしょうが、全然信心深くない私には理解できません。

エクソダスと言う言葉は旧約聖書の「出エジプト記」を現しています。
今回はエジプトから40万人の人々を脱出させ、紅海を渡るところまでを中心に描かれていますが、その後に預言者モーゼが神から十戒を与えられるシーンは余りにもお粗末で、観ていて唖然としてしまいました。

それ以前、人食いワニの群れ、天と地を埋めるイナゴやカエルの大群、王や妃の顔も容赦なく醜く変える疫病など、エジプトを襲う十の災いのシーンは最新の視覚効果を使って大迫力なのですが、最後の災いのあまりに無慈悲な神の行いが理解できず、その一点でヘブライの神を肯定できずに思考が止まってしまいました。罪のない子供を殺す神なんて、如何なる理由があっても許されるものではありません。

旧約聖書の中ではエジプト側にヘブライ人を解放しない場合は、十の災を被ると予告をしていたようですが、その点が一切省かれているので、ヘブライの神は無慈悲な存在として私の様にとらえる人間がいるんですよ。
怒り狂ってヘブライ人を追走するエジプト軍が、逆に正義に見えてしまいました。

でも壮麗なエジプトの王宮と煌びやかな衣装、そして大平原での合戦など、過去の荘厳な歴史絵巻を大きなスクリーンで見せてくれた事は評価できます。

例の海が割れるシーン・・・・・・・こんな現実的な解釈の仕方もあるのかなと思いましたが、肩すかしに終わりました。

私的には50点の映画かな。




スポンサーサイト
  1. 2015/02/10(火) 18:41:16|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<暖かい日差し | ホーム | 中華 食べ放題・飲み放題>>

コメント

海かわれる・・昔々学生時代かなぁ
観ました。まぁ試験があったので聖書も、讃美歌も・・讃美歌は好きでしたよ。
学問的なのも落とせないのでそれなりに
単位取得の為読みましたよ。宗教心ないのですが・・ガキの頃ピアノやってました。
学生時代はギタ-かな・・運動もね
よき昭和の時代です。
この映画は『十戒』のリメイク的な要素が強そうですね・・神は凄い・あの頃も凄い映像と思います。
スピルバ-グも昔のあの映画に魅せられたんでないかなぁ・・SONEさんも名画座通いかな・・
高校時代随分観に行ったが補導されたら
親も一緒になんやかんやの退学寸前の時代でした。
ビ-トルズの映画・・何度も観に行きました。
ヤ-ヤ-ヤ-・・
洋画つて凄いと思いましたからね。補導されなかったですよ・・別な事で検察に親子で呼ばれましたが・・バイクでした。
矢張り・思い出の映画は・・ウェストサイド物語
あこがれた青春時代・・
  1. 2015/02/12(木) 17:05:25 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さん今晩は。
『十戒』は主役のチャールトン・ヘストンが重みのある演技をしていましたよね。
確か杖が役に立っていたはずです。
私も大学時代に必要に迫られて聖書を読みました。
キリスト教における『愛』について、という試験内容で、全く答えを忘れてしまって、仕方なく自分の恋愛論をぶちまけたら、80点も貰えちゃいましたよ(笑)
当時の映画は今を思うと映像はちゃちですが、それなりに見せ方を考慮して制作されていたと思います。
私も学生時代には名画座はかなりな頻度で通っていて、いろいろな映画をむさぼる様に観ていました。
バイクも乗りましたが、原付だったのでスピードは出なかったです。
ウェストサイド物語は名作ですね。
青春時代の多感な頃に観た映画は、いろいろなシーンが思い出の中に残っています。
でも今の映画は映画館を出ると忘れてしまうものが多いですよね。
  1. 2015/02/12(木) 18:08:01 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/806-5c52f642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (185)
写真 (38)
花 (262)
登山 (342)
音楽 (25)
映画 (86)
猫 (148)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (120)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR