東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ベイマックス』

マーベルコミックスのマイナー作品「BIG HERO 6」を基に、ディズニーが放つアニメ作品が『ベイマックス』です。

今年最初に観賞する映画は何にしようかな?と考えていましたが、観た方の評価がとても高いので、このアニメ作品にしました。

昨年大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』を最近、家でDVDをレンタルしてきて観ましたが、その内容の薄さに呆れてしまいました。
一番印象に残ったのは松たか子が唄う『ありのままで』の、氷のお城を創るシーンのみ。

姉のエルサが他人と全くコミュニケーションが取れずお城に引きこもってしまったのは、両親の育て方の悪さが一番の原因で、おまけにアナは初めて会った王子様に一目ぼれして、直ぐに結婚の約束をしてしまう世間知らず。
これではまともな話の展開ができませんし、脚本が破たんしている感じです。
何であれほど人気が出たのか不明ですが、要は映画館で一緒に歌えることで共感を得ただけなんでしょうね。

アナ雪が全然面白くなかったので、次の作品の『ベイマックス』も、ちょっと警戒しながら鑑賞したのですが、
結論から言って、かなりイイ作品でした。


あらすじ
西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す。




上記の予告編から想像するのは、癒し系のほのぼのとしたストーリーですが、原作がマーベル・コミックで、その原題が『BIG HERO 6』と、日本版の予告編は映画の本質をついていません。

確かに作品の本質は兄弟愛、仲間との友情、兄を喪った深い喪失感からの立ち直りですが、中盤以降の話の展開は正に日本の戦隊アクションになっていくのですよ。

少年版トニー・スタークともいうべき発明家のヒロが改良したベイマックスは、正にアイアンマンそのものですし、フライトシーンの爽快感と、美しい街並みの情景は最大の見どころとなっていました。



ラスボスとの戦いでは、色分けされた戦隊メンバーの各々の必殺技がさく裂しますし、まるでアベンジャーズのワンシーンを見ているように気持ちが高揚してきます。

日本のポップカルチャーと上手く融合して話が展開していくので、日本人としてもすんなり話の中に入っていける作品だと感じました。

この作品の監督ドン・ホールとクリス・ウィリアムズは宮崎駿の大ファンだそうで、宮崎作品のオマージュも垣間見えて、そのエッセンスがより作品に深みを与えたと思いますよ。

スポンサーサイト
  1. 2015/01/20(火) 23:04:54|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<mont-bell トレッキングフォトポール | ホーム | ザック購入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/791-34d03af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (183)
写真 (36)
花 (252)
登山 (332)
音楽 (25)
映画 (82)
猫 (144)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR