東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

最近観た映画

年末に立て続けに3本の映画を観ましたが、その感想を書く機会がとれず、遅まきながら記事にしました。
まあ、未だレイトショーでやっている映画なので、レビューとしてはギリギリセーフと言うことで・・・

まず戦争映画の『フューリー』です。

この映画はブラッド・ピット主演で、ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマでした。

あらすじ
1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、ウォーダディーというニックネームのアメリカ人兵士(ブラッド・ピット)がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自らフューリーと名付けたアメリカ製の中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に乗っていた。そんなある日、ウォーダディーの部隊に新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が加わることになり……。


本作品は現存する唯一走行できるティガー戦車(これはドイツ語の標記で、以前はタイガー戦車と呼んでいましたね。)が劇中で活躍するので話題になっています。



戦車の映画と言うと私の世代には誰もが『パットン大戦車軍団』を思い浮かべると思いますが、なかなか戦車が戦闘の中心の映画って少ない印象ですよね。

この作品も戦車対戦車の壮絶な戦闘シーンもあり、映像のディテールも細かく、戦争の怖さを映画で追体験できるような作りになっていました。

でも作品の主題は新兵の成長なんでしょうが、その描き方は名作『プライベート・ライアン』に比べると雑な感じが否めません。これはニヒルなブラピの役造りが故に、心の通い合いが希薄な感じがするんです。

そして一番???と思ったのは最後の300名のドイツ歩兵中隊に、擱座した戦車一台で対戦するシーンでした。
物語の舞台は第二次世界大戦末期で、ナチス率いるドイツ軍は敗走に次ぐ敗走をしていたはずで、何も命をかけて歩兵軍団と渡り合う必要があったのか疑問に感じました。明らかに特攻的な行為を何でウォーダディーがとったのか、その真意が測れませんでした。
そこが引っかかってしまい、ラストまで作品にのめり込めずに終わった消化不良の作品だったと言えます。





次ぎに観たのは『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』です。

絶大な人気を誇る「宇宙戦艦ヤマト」の新作となる劇場版アニメーションです。
私は初代の宇宙戦艦ヤマトをTVでリアルタイムに観ていた世代ですが、近年、出渕裕総監督&脚本の下でTVアニメとしてリニューアルされた新シリーズは、過去の作品の矛盾点を徹底的に排除し、新たな宇宙戦艦ヤマトを構築した作品でした。
本映画はイスカンダルから地球への帰路の航海上に起こったエピソードを映画化したものです。

あらすじ
西暦2199年。危機的状況の地球を救うシステム“コスモリバースシステム”を、イスカンダルで入手した宇宙戦艦ヤマトのクルーたち。安心したのもつかの間、大マゼランを後にするヤマトの前に謎の艦隊が出現。“ガトランティス”を名乗るその艦隊は、ヤマトの引き渡しを要求する。正体不明の生命体まで現れ、ワープしたヤマトだったが、目の前に広がる異空間には惑星があり……。


いやはや、映画館の中は私とほとんど同年代のおっさんばかり。
少しだけ新シリーズから見始めた若者もいましたが、現在の宇宙戦艦ヤマトの需要は、未だに初期にファンだった年代層の方々が中心のようです。

元々の宇宙戦艦ヤマトは確か30話のアニメを予定していたそうですが、視聴率の悪さから26話に短縮され、イスカンダルから地球への帰還中の話は全てカットされてしまったとか。
そんな事ならTVの新シリーズも30話でリニューアルすれば良かったのに、そこは初代作品と同じ26話に抑えたのは何なんででしょうかね。

、本作品に話を戻しますが、この話の肝はガトランティスとのファーストコンタクトが合った点です。
初代ヤマトではガミラスとの戦いの後、唐突にガトランティスが地球を侵略する様に描かれていますが、今回のようなエピソードがあった後なら、ガトランティスとの戦争に突入する意味づけがすんなり理解できます。


映画では火焔直撃砲が物凄い威力で、それを撃破するシーンが凄かったですが、それ以上にガミラスと共闘するきっかけを描いた点は大いに評価できました。
先代作品のように森雪を庇っている古代進の姿を見て、デスラーが愛の大切さを分かり、古代進と友情めいたつながりが出来る、なんて事はあり得ない展開だったので、その点を大修正した流れは必定だったのでしょうね。

でもこれならTVの話数を伸ばして作品を仕上げて欲しかったです。
何も映画化する程度の内容じゃなかった感じ。





最後に観た作品は『ホビット 決戦のゆくえ』です。

この作品は大好きな『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の前日潭を描いた『ホビット』3部作の最終章です。
監督はピーター・ジャクソン。イアン・マッケランやマーティン・フリーマン、オーランド・ブルームなど豪華キャストが再集結しています。

ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた竜の怪物や最大の敵サウロンとの死闘を繰り広げるさまを描ていますが、このホビットシリーズは『ロード・オブ・ザ・リング』で見られた悲壮感というものが希薄で、どちらかと言うとユーモア抜群のエンターテイメントに仕上がっている感じです。

あらすじ
ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり……。


この話って凶暴な竜スマウグを退治し、ドワーフの王国を取り戻す事だと思っていたら、何の事はない、スマウグは本のオープニングで殺されてしまいます。
この後どうなるんだ、と思って観ていると、竜から奪還した財宝をめぐるドワーフ、エルフ、人間の対立から、サウロン率いるオークなどの闇の勢力との「決戦」がメインとなってきて、五軍が滅茶苦茶に会いまみえる壮絶な展開になっていきます。

ここらへんは『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』の最終決戦に似ていますが、戦いの視点が各々の軍によって異なっているので、スピード感がより感じる作りとなっていました。

ただし、最後は原作通りらしいですが、とても悲しい結末が待っていて、ちょっと心が暗くなってしまいました。
でも主人公であるビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、最初はさえない男優だと思っていました。
しかし素朴で弱々しいながらも、しっかり芯が通った強い心を持った役柄を好演していて、彼がいなかったら本作品はなりたたなかったと感じます。

そして60年後、ビルボ・バギンズの111歳の誕生日祝いにガンダルフが扉をノックする最後のシーン。
ここで全6作、足掛け13年に及ぶ壮大なサーガが完全につながりました。

今後、あのニュージーランドの風景を舞台にした、素晴らしい作品が観られなくなるのは少し寂しい感じです。

この動画は全6作品の話のつながりが分かるので、予告編よりこちらをアップしました。



新年最初に観る映画は何になりますかね。
今年も大作が目白押しのようです。





スポンサーサイト
  1. 2015/01/08(木) 17:58:09|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<静かなる戦い | ホーム | 新川周辺の山>>

コメント

数年映画観に行ってないなぁ・・
ブラッド・ピットが戦争映画主演するのは
珍しくないですか?・・
黒沢監督の七人の侍ゃ・荒野の七人とか
の流れかなぁと思って予告見せてもらいました。
宙戦艦ヤマトについては、テレビも映画も見たことないですね。
ロード・オブ・ザ・リングは一作目を観ましたが
連続映画は次は殆ど見ないですね。
最近の映画の傾向は、活劇映画が多いのでしょうか・・
  1. 2015/01/10(土) 07:41:09 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さんこんにちは。
何か戦争映画ばかり続いてしまいましたが、どうも私の指向として好きなんでしょうね。
ブラッド・ピットは最近いろいろな役柄を演じていますね。
最近ではイングロリアス・バスターズと言う戦争映画に出ていましたよ。
宇宙戦艦ヤマトは一部のファンによって支えられている映画だと思います。
ちょうど私の高校時代にTV放送していました。
ロード・オブ・ザ・リングは3部作を観るのも9時間以上かかるので、連続してDVDなどで観るのは根気がいります。
最近の傾向として一作で完結しない話が多いですよね。
  1. 2015/01/10(土) 10:17:14 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/782-c0fbbc64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (186)
写真 (38)
花 (262)
登山 (342)
音楽 (25)
映画 (86)
猫 (148)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (120)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR