東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

H/Sign of the Times (Bob James)

アマゾンを見ていると確か2002年に一度CD化されていて、その後は廃盤となって入手が難しかったBob Jamesのアルバム『H』がデジタルリマスターで再発されていました。
その次のアルバム『Sign of the Times』も一枚のCDに納められています。

アマゾンで買い慣れているマスさんにお願いして注文してもらいましたが、このCDはマスさんが私にプレゼントしてくれました。

フュージョンが大好きな私にとってBob Jamesの数々のアルバムはかなり聴き込んだ作品が多いです。
一般的には『タッチダウン』あたりが最高傑作と呼ばれることが多いですが、私は8枚目のアルバム『H』が一番好きです。

それまではフェンダーローズ(電子ピアノ)を中心に演奏していたBobですが、このアルバムはピアノを流麗に奏でる新機軸を見せてくれます。
しかし内省的かつ感傷的な曲調が多かったせいか、販売的にはあまり振るわらなかったようで、Bobの個人レーベルであるタッパンジーはこの後凋落の一途をたどります。

最終的にはほとんど無一文になり、レーベルもワーナーに吸収されてしまいました。

しかしその後は1ミュージシャンとして立ち直り、現在でも活躍しているのは嬉しいことです。

でも今改めてこのアルバムを聴いてみると本当に美しい曲が多く、今でも充分通用する音を聴かせてくれます。
何れ削除されてしまうかもしれませんが、このアルバムでNo,1の曲『SNOWBARD FANTASY』を貼っておきます。
LPからの音源であまり音質は良くありません。



もう一曲は、『Reunited』です。
ピーチズ&ハーブのヒット曲をBob流にアレンジした曲です。
グローバー・ワシントンJrのソプラノサックスとBobのピアノの絡みが最高です。




一方、パッケージされたアルバム『Sign of the Times』は発売当初は賛否両論の作品でした。

今までクラッシックやジャズを基本としていた作品から全くかけ離れた曲調になっていたのです。
Bobはクインシー・ジョーンズの口利きでプロになったのは有名ですが、マイケル・ジャクソンの傑作『オフ・ザ・ウォール』の中のヒット曲『ロック・ウィズ・ユー』を提供した作曲家ロット・テンパートンの曲を大胆に取り入れました。

でもクインシー・ジョーンズのプロデュースした作品と比べると劣化した感は否めず、それが更にセールスの落ち込みにつながったようです。
今聴いてみると結構バラエティーに富んだ曲が散りばめられたアルバムという印象ですが、やはり私的にはどうしても『H』の完成度と比較してしまいます。

このアルバムから一曲『The Steamin' Feelin'』です。



最近は車を運転している時にこのアルバムが欠かせない一枚になっていますよ。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/21(木) 23:04:01|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そろそろ里親募集 | ホーム | 山形神室>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/688-8981820f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (184)
写真 (36)
花 (260)
登山 (336)
音楽 (25)
映画 (84)
猫 (146)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (120)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR