東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

後悔

今日19日の日付けが赤くマーキングされているカレンダーがキッチンに貼られています。

父が生きていれば今日は老健施設の退所日に当たっていたんです。

本来なら午前中から病院三か所を回り、大量の薬を処方してもらう予定でした。

しかし別な老健施設やショートステイが決まっていなかったので、実際には在宅介護で目が回るような忙しさになっていたはずです。
車いすでの移動しかできない父を、車いす仕様ではない自宅で介護するのは、現実として難しかったと思います。

毎朝、遺骨をおいた祭壇にお茶と水とご飯を供えますが、微笑んでいる父の遺影をみながら少し後悔の念に駆られています。

医師の説明を受けた時、施設で最後を迎えることに同意せず、病院で診察する道を何故選ばなかったのか?
医療機関で治療すれば、もう少し父の命を長らえることができ、最後の言葉を交わすことができたのではないか?

こんなことが頭の中に浮かんできます。

亡くなる前日にかなり呼吸が苦しそうにしていた父。
誤診とは言いませんが、あの時点で明らかに誤嚥性肺炎を患っていたと今になって思います。

そして急遽呼び出された朝。
父の個室に入る私を見て、看護師や介護士の方は父が亡くなっている事を一切教えてくれませんでした。
色を無くした父の顔を見て唖然としてしまったのを今でも思い出します。

看取れなかったのはしょうがない事ですが、せめて父に有難うと生きているうちに話しかけられなかったのが一番の後悔でした。


今日もお昼ごろに土砂降りの雨が降りました。
なかなか仕事が進まなくて参ってしまいます。
父の戸籍を遡って東京都の某区から戸籍を郵送してもらい、今日は埼玉県の某市に戸籍の郵送依頼をしました。
開いた時間を利用して一つずつ諸手続きを行っています。

写真は西洋ノコギリソウです。

IMGP6393.jpg

花壇に肥料を巻いていたら、今年になって一気に株が増えてしまいました。

IMGP6416.jpg






スポンサーサイト
  1. 2014/06/19(木) 19:32:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<サバイ・サバイ | ホーム | グミのジャム>>

コメント

人があの世に旅立つと、あれは、これはと、限りなく後悔がつきまといますよねぇ(>o<)
それで良いと思います。しかし、しかし決して故人を忘れてはいず、むしろ美化して
今、こうして生活出来るのは両親が居てくれたからと、感謝しております。守ってくれている
という実感はありますものm(_ _)soneさん、ブログのファンが待っていますよ~(*^_^*)
  1. 2014/06/19(木) 21:25:04 |
  2. URL |
  3. くんくん #-
  4. [ 編集 ]

くんくんさん今晩は。
親を亡くして後悔しない子はいないでしょうね。
手を合わせて故人を拝むのは、その人を何時までも忘れないと同義だそうです。
両親がいなくなってしまうと、その有難味がより感じてしまいますよね。
マスさんとハナちゃんの存在が今の私を元気づけてくれます。
  1. 2014/06/19(木) 22:20:23 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

その時その時できる限りの
介護を色々考えてやってきましたね。
振り替えるとこれでよかったのだろうかとか
と思います。
私も13年間母を自宅介護してきましたが
12月31日朝6時突然99歳で永眠しました。
自ら介護した経験ある方は
皆さん同じ思いと思いますよ。

  1. 2014/06/20(金) 04:50:32 |
  2. URL |
  3. ク- #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さんおはようございます。
父は怒りっぽくなっていましたが、徘徊をしなかったのでその点だけは介護が楽でした。
13年間も介護を続けるのは本当に大変だったでしょうね。私には到底できないことだと思います。
しかし、あの時こうしてあげれば良かったと思うのは介護経験のある全ての方の想いですね。
  1. 2014/06/20(金) 06:52:17 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

うちも、当時同居の祖父が95歳で老健施設に入所して3日後に誤嚥性肺炎で亡くなり、訳が分からないまま、葬儀屋とともに遺体を引き取りに行ったのが苦い思い出です。介護保険制度ができる前の老人医療で入所できた時代です。家族の介護疲れでやむを得ず入所させましたが、元気な状態で入所したのが、わずか3日でいったい何があったのかは分かりませんが・・・
それゆえ、現在は別居でも両親には可能な限り会いに行って在宅で面倒を見たいという思いは強いです。
SONEさんは、仕事をしながらお父様の老健入所まで一人で在宅介護してきたことは素晴らしいことであり、お父様も分かってくれていると思います。
  1. 2014/06/20(金) 21:12:17 |
  2. URL |
  3. みどぽん #QfVI8dBA
  4. [ 編集 ]

みどぽんさん今晩は。
たった3日間の老健入所で亡くなられてしまったのですか。止むおえない入所とはいえ納得できないですね。
父の場合は入所してから更に認知症が悪化してしまいました。
人にほとんど頼る生活になるので、自分で考えて動くことをしなくなるからだと思います。
できる限り在宅で面倒を見たほうが後顧の憂いがないですね。
でも在宅介護をやっていた終盤は全く仕事ができなくなりました。
一人で出来ることには限界がありますね。
  1. 2014/06/20(金) 21:44:37 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/639-3572e6a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (180)
写真 (36)
花 (250)
登山 (323)
音楽 (25)
映画 (80)
猫 (141)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR