東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『春を背負って』

昨日の日曜日は久しぶりにゆっくり骨休めをしました。
父の死から忙しない日々が続いていて、土曜日も仕事でしたので、精神的にかなり疲れていたんです。

遅く起きた朝、ワールドカップはどうせ負ける予感がしていたので見る気にもなりませんでした。
その予感が当たって初戦は完敗のようでしたが・・・・

ハナちゃんの餌(缶詰)の在庫が少なくなっていたのでホームセンターに買いに出かけ、午後から映画鑑賞をしました。

観たのは5年前に傑作映画『剣岳 点の記』を制作した、木村大作監督の次回作『春を背負って』です。

笹本稜平氏の短編小説を映画化したものですが、その原作本は読んでいなかったので内容はほとんど分かりません。
小説の舞台は奥秩父の山小屋ですが、それでは絵にならないので、舞台を立山に移し、1年間の長期ロケを敢行して作り出した映画と言うことで期待していました。

あらすじ: 立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、父が亡くなったため帰郷する。そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、組織の歯車として働く今の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。



もともと撮影監督として巨匠と呼ばれている映画監督の下で手腕を磨いていた木村監督ですが、そのアクのある性格が災いして最近は撮影の依頼が激減していたそうです。
それでも映画を撮りたい一念から自分で監督まですることを考え、『剣岳 点の記』という素晴らしい映画を創り出しました。
その後は同じ新田次郎原作の『孤高の人』を映画化する予定でしたが、雪山のロケが無理であると断念したそうです。

さて映画の感想ですが、立山の山岳風景の凄さと臨場感は凄いの一語でした。
現在はデジタルシネマが全盛ですが、あえてフィルムで撮影したので昭和の感じがします。
オープニングのタイトルは毛筆縦書きで、音楽も昔風のオーケストラを使ったもの。
まるで『八甲田山』が封切られた当時の映像を観ている感じがしました。(いい意味で。)


しかし話の内容は温かみのある話の羅列で、起承転結に乏しく、観ていて全然メリハリがないのですよ。
出演している全員が申し分のない善人ばかりなので、どうも話の中にのめり込めないのです。

主人公の長嶺亨がどうして山小屋を継ぐことにしたのか?
そして慣れない山小屋経営の苦労。
亡くなった父のエピソード。
そんな点をもっと掘り下げてくれれば、より味わいのある作品になったと思います。

でも登山を趣味にしている人が見れば圧巻の山岳映像に充分満足できる作品だと思いますよ。

*日曜日の昼から観ましたが、20名程度しか観客がいませんでした。それも高年の方々ばかり。
興行的には失敗なのかな???



スポンサーサイト
  1. 2014/06/16(月) 23:34:26|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<メヒコ | ホーム | 仕事再開>>

コメント

お早うございます。
良いお天気が続きますが天気は不安定
ですね。
梅雨の季節ですから仕方ないですが・
サッカ-は実力の違いですね。
報道の騒ぎすぎです。
私も土曜日の午前中に観に行ってきました。
立山連峰等の映像は流石に美しく撮られてましたね。
『剣岳 点の記』の素晴らしさが記憶にあって
期待して久しぶりに観に行ったのですが
映画の内容はちょっとがっかりしましたよ。
深みがないですね。
でも古き良き時代の映画として観れば心落ち着きますね。
監督さん大分一人で番組にも出たり
自分の車で動き回って宣伝に頑張ってましたね。
俳優さん達はそれぞれ良かったのですがね。
最後のシ-ンにはね。
観客やはり20数名でしたか・・
若い人観にきてませんね。
  1. 2014/06/17(火) 06:11:34 |
  2. URL |
  3. ク- #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さん今晩は。
今日も午後から降られましたね。
オリンピックと同様にマスコミ側が騒ぎ過ぎですよね。
映画がやはり期待して観に行かれましたか。
話しの内容がスカスカで、重厚な山の映像とマッチしていなかったですよね。
出演者が頑張っていたと思います。
慣れない山登りをそつなくこなしていましたね。
最後のシーンはタイタニックか!と笑ってしまいましたよ。直球でプロポーズしたほうがほのぼととした終わり方だと思いました。
若い方にはうけない映画ですね。
  1. 2014/06/17(火) 20:18:55 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/636-ea1af2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (175)
写真 (35)
花 (236)
登山 (310)
音楽 (24)
映画 (76)
猫 (137)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (43)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (13)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (3)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR