東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

湯殿山

GW期間中はいろいろ家の用事や仕事があり、フルに遊べる状態にありませんでした。

そんな訳で連休明けの7日に月山の湯殿山に行ってきました。

この山は月山のスキー場開き前に登るのが適期ですが、GW後になると雪面にクラックが入り、しかも藪が露出するので非常に登りにくい山になってしまいます。

ネイチャーセンターの駐車場に着いたのが午前10時。
この日は休業日でした。

車で走行中に湯殿山の南面を観察しましたが、雪面にかなりのクラックが走り、あまりスキー滑降には向かない状態になっていました。

石跳川を登り、途中から右岸の台地に急登してリュウキンカ沼に立ち寄ります。
沼の奥に湯殿山が見えます。
南東尾根は途中から藪が出ているのが分かります。

IMGP5508.jpg

静かなブナの原生林を過ぎて森林限界の雪の急斜面を登ります。
小さなクラックが彼方此方に入っていました。

痩せた南東尾根に着くと、石跳川を挟んで姥ヶ岳が凄い量感を持って現れます。

IMGP5536.jpg

屏風を思わせる湯殿山の南東面を望みます。
至る所にクラックが入って、春の訪れを感じました。

IMGP5538.jpg

南側には朝日連峰が霞んで見えています。

IMGP5540.jpg

南東尾根の登りは意外に苦労しました。
笹薮が露出して、雪面のクラックを避けながら南東面の急斜面を斜高しなければなりません。

一か所、ほんの5m程度スキーを外して藪漕ぎになりました。

山頂直下は雪面がズタズタに割れていて、南面にトラバースして雪を拾いました。

湯殿山の山頂から眺めた月山です。

IMGP5562.jpg

山頂の西側は灌木と笹藪が濃く、西側の展望は一切見えません。
登ってきた南東尾根も物凄い笹薮で、夏場は絶対に登れない山と感じました。

さて、山頂からどのルートを滑降するかが問題です。
クラックと藪の連続した南東尾根は論外です。

登る途中で南面を観察しましたが、横に何本もクラックが入っていて、滑降できるルートは南西尾根直下の沢状のみと判断できました。
しかし山頂から見下ろすと南西尾根から大きなブロック雪崩が沢状まで押し寄せています。
気温が上がっていて、何時雪崩れるか分からないので、南面を滑るのは危険と判断しました。

残ったのは山頂から南東面を滑るルートです。
登っている途中で5名ほどのスノーボーダーが同ルートを滑っていました。
しかし南東尾根からは滑降ルートの全容が分からないので、少し下って雪庇の上から観察してみました。
一か所だけ短いクラックが認められる以外は滑るのは問題なさそうです。

IMGP5563.jpg

一部藪漕ぎで北峰との鞍部に降りました。
そこでスキーを付けて滑り出します。

斜度40度とも45度とも言われている斜面ですが、スケールが大きく、ボウル状の中なので斜度に対する威圧感は全然ありませんでした。

しかしボウルの一番中心は雨による深い縦溝が掘られていて、滑っていて快適ではありませんでした。
縦溝の薄いところにトラバースしながら滑ります。

何度か立ち止まって写真を撮りましたが、呆気なく石跳川まで滑り降りてしまいました。
滑ってきた斜面を見上げます。

IMGP5582.jpg

石跳川の滑りは過去最悪の雪質でした。
異常に深い縦溝の連続で、洗濯板の上を滑るようです。
下手に曲げると止まってしまうので、直滑降で滑るしかありませんでした。

今年は暖かい日が続いていて月山の雪も一気に融けてしまったようです。




















スポンサーサイト
  1. 2014/05/09(金) 21:16:07|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夕日岳 | ホーム | シドケ>>

コメント

青空になってお天気には目具負けたようですが
風はなかったのでしょうか・・
雪質が悪いんですね。
栗駒山でも大分スキ-を背負って
滑って楽しんでました。

雪山登山事故が多発しているようですね。

湯殿山で毎年滑ってるようですから
危険な箇所、様子熟知してますから
安心して読ませてもらってます。
  1. 2014/05/10(土) 07:08:31 |
  2. URL |
  3. ク- #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さん今晩は。
風はほとんどなく暑さを感じる天気でしたよ。
雪質というよりも雪解けが進んで、雪面に縦の溝がギザギザに入っている状態でした。
北アルプスなどは雪が凍っているので滑落が頻繁したのでしょうね。
湯殿山は登る度に状況が異なっている感じです。
毎回いろいろ探りながら滑っていますよ。
  1. 2014/05/10(土) 21:21:16 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/612-e81eb625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (176)
写真 (36)
花 (245)
登山 (317)
音楽 (25)
映画 (78)
猫 (139)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR