FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

ハナちゃん捕獲成功

毎日倉庫に来て餌をねだっている野良猫のハナちゃんですが、もう生後6ヶ月になるので妊娠できる年頃になってしまいました。

そこでハナちゃんを捕獲して、獣医師のもとに連れていって避妊手術を受けさせることにしました。
数日おきに、ペロおんつぁんやペコお父さんがハナちゃんに絡んでいますので、このままではまた不幸な境遇の野良猫が増えてしまいます。

捕獲前のハナちゃん
まだ餌のとき以外は近くに寄ってきませんし、触らしてもくれません。
とても用心深い性格の猫なので、生まれた子猫4匹の内、ミミを除いて唯一生き残っているのでしょうね。

2013110601.jpg

ところでその捕獲方法なのですが、マスさんの知り合いの猫の保護活動をされている方に捕獲機を借りる予定になっていました。

しかしある地域で猫に毒餌を喰わさせるという非人間的な虐待事件が発生したために、現在捕獲機を総動員して、その地域のネコ達の保護活動をしているそうです。

そんな訳で捕獲機による捕獲は不可能になりました。

そこで考えたのがケージによる捕獲方法です。

ケージは山仲間のク~さんからお借りしました。
この場を借りて御礼申し上げます。


その捕獲方法はケージの中に餌を入れて、猫が入るのを待って、扉に付けたロープを引いて閉じ込めるという原始的な罠です。

それで捕まえることができるか自信は全然ありません。
気が弱い猫で、カメラのレンズを向けただけで遠く離れていってしまうのです。

2013110602.jpg

でも最近、塩釜の仲卸市場で買ってきた煮干しを与えていたら、それが欲しいのか、明け放った窓から部屋の中に入ってくるようになりました。

しめしめ・・・部屋に閉じ込めてしまえば何とか捕まえることができそうです。

そこで玄関前の掃き出し窓を開けていると、居間を抜けて台所のそばまでハナちゃんが入ってきました。

急いで別な窓から外に回り込み、玄関前の窓を閉めます。
再び台所まで戻ると、ハナちゃんは入ってきた窓方面に逃げていきましたが、そこは袋小路なんです。

敢え無く玄関ルームにハナちゃんの封じ込めに成功。

でもここからが大変でした。

素早く逃げ回って捕まえることが出来ません。それに捕まえても力が強くて押さえるのができないんです。
下手に手を出すと鋭い爪で怪我をしますので、いろいろ考えて最後の手段。

洗濯用のネットを被せてやっと捕獲に成功しました。

そしてケージに入れましたが、シャーシャー威嚇しますし、しばらく可哀想に震えていました。
でも心を鬼にして手術の日まで閉じ込めておくしかありません。

2013110603.jpg

想像した通り、まったく人の手に触られたことがない野良猫ですから、慣れるまではかなりな時間がかかるでしょうね。

夕方に美味しい特別な餌を与えましたが、ケージの奥に引きこもったまま食べません。
普通でも捕獲後2~3日は食べないことが多いそうです。

2013110604.jpg

多少でも人に慣れる気配があれば里親探しが可能かもしれませんが、今回は地域猫として再び同じ場所に離すのが一番この子のためかもしれません。
でも一般的に知られていませんが、野良猫の寿命は3~4年しかないと言われています。
その年月を危険と隣り合わせで自由に生きるのが、猫にとって幸せかどうかは測りかねます。

ワクチンを打ってから1週間後に避妊手術。
融ける糸を使っての手術なので、手術後の翌日でも自由にさせてやることが可能だそうです。

明日、その日取りを決める予定です。












スポンサーサイト



  1. 2013/11/07(木) 00:39:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
<<かめや食堂 | ホーム | 大島の浮島>>

コメント

ハナちゃん捕獲作戦大変でしたね。
昔すずめ採るのに煉瓦で囲んで
入口にひもをつけた折った木をつけて
引っ張って採ったこと子供の頃ありましたが・・
警戒して難しいですね。
それにしても、人間性疑い人がいるもんですね。
実はお向さんで里子にだした兄弟の野良猫が
やはり劇薬飲まされて死んでいたそうです。
可愛そうに・・暖かく葬ってやったそうです。

色々忙しいのに捕獲で来てよかったですね。
暫くやさしさを味わって幸せに過ごしてほしいです。
  1. 2013/11/07(木) 11:02:58 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さん今晩は。
最初はケージを使ってスズメを捕獲するのと同じような作戦を考えていましたが、結局家の中に閉じ込めて成功しました。
でもそこから捕まえてケージに入れるまでが一苦労でしたよ。
しかし猫が嫌いな人は数多いでしょうが、餌に毒を混ぜる神経は悪魔のような人ですね。
ク~さんのご近所でも同様の虐待がありましたか。
それが刑法に違反する犯罪だという認識がないのでしょうね。
捕獲機総動員で猫を保護しているところでは、子猫がいる母猫が毒でふらふらになりながら、子猫にお乳を与えていたそうですよ。
でもハナちゃんはショックだったようで、ケージの中で少ししか餌を食べえくれない状況です。
やはり手術後に同じ場所に離すしかありませんね。
  1. 2013/11/07(木) 18:55:14 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

猫保護お疲れ様です。運の良い子ですね。カラ保護の苦労を思い出します。私も10か月神社で見守り、気長に懐かせてから洗濯ネットで捕まえました。当時のチビママ猫は今は行方不明。兄弟の臆病な黒猫は神社で健在の現在です。カラはゲージで二日間ハンスト、後、急激に態度一遍、スリスリゴロゴロ甘え上手な家猫になりました。ダイナマイトアーちゃんは…天然というか(笑)、人間、皆、友達!みたいな猫で、労せず、保護。…現在、脱走中(明日朝には帰宅だろうな)
  1. 2013/11/08(金) 00:55:15 |
  2. URL |
  3. テントミータカ #SVWlgnzY
  4. [ 編集 ]

お父様のことだけでも大変なのに、猫のために(>_<)ゞ本当に頭がさがりますm(_ _)m私どもは、籠に餌を
入れておき、朝に捕獲、動物病院で引き取りに来てくれてその日に去勢手術を済ませました。その後は、
野良猫として生きていますが、賛否両論あるでしょうが、子猫だけは増えていないことだけは確かです(T_T)。その猫の鼻先に特徴あり「ハナ」と、呼び、私どもの家の床下で冬季過ごし、何時ものように窓際に来て甘えて撫でられてから、突然姿を見せなくなり長い間、名を呼び、病気だったのかもしれないと、諦めていました。ところが一年振りに元気な姿を見せ名を呼ぶとスリスリ甘えます♪毛並みも良く痩せてもいずきっと誰かが餌を与えてくれているのでしょう。私が与えた餌には口をつけずに去って行きました。近所で生きていることは確かですよ~(*^_^*)
  1. 2013/11/08(金) 05:06:44 |
  2. URL |
  3. くんくん #-
  4. [ 編集 ]

テントミータカさん今晩は。
カラちゃんの保護にそんなにご苦労なされたとは知りませんでした。
それにしても10ヶ月とは根気が要りますね。
ハナちゃんは気を許して家に入ってきたのが運のつきでした。
今でもハンスト状態ですが、獣医師に言われてケージの扉を開けるようにしました。
その内に出てくるでしょうね。
ところでハナちゃんの母猫は2ヶ月目で行方不明のなったままです。
生きているのか否か全然分かりません。
ハナちゃんも少しでも甘えてくれば里親探しの可能性もありますが、今はその気配もないですよ。
アゲちゃんは脱走ですか。ちょっと心配ですね。
  1. 2013/11/08(金) 21:57:03 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

くんくんさん今晩は。
くんくんさんのハナちゃんは意外に簡単に捕まえることができたようですね。
野良猫を嫌って、餌を与えることを敵視する方がおりますが、猫を捨てたり、ちゃんと避妊手術を受けさせないで外飼いするから不幸な猫が増えてしまうのですよね。
そうですがハナちゃんは突然いなくなってしまいましたか。それは心配だったでしょうね。
でも1年後に姿を見せるとは何処に行っていたのでしょう? 世話してくれる方がいるのは確実ですね。
  1. 2013/11/08(金) 22:02:21 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/480-72377043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (325)
写真 (65)
花 (379)
登山 (545)
音楽 (35)
映画 (159)
猫 (265)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (216)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (19)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR