東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

青葉城

強風が吹き荒れる一日でしたが、八木山で仕事をしていて、その帰り道に竜の口渓谷の様子を見てきました。

川内追廻住宅の跡地は現在でも数戸の住宅が立ち退かないで居座っております。
以前の古い建物群はあらかた取り壊されで、一帯は更地になっていました。

長沼に沿って一本道を南下しますが、沼の縁には営業車の群れが縦列駐車していて、ドライバーが寝ています。
一番奥のテニスコートの所から立ち入り禁止になっていますが、横の通路を通り抜けると青葉城跡を見上げることができます。

しかし震災の地震の爪あとでしょうか?
青葉城跡の展望台の間際まで大規模な崖崩れが発生していて、近くに寄ると危険なので立ち入り禁止にしているようです。

201232201.jpg

この先に仙台市街地から僅かの距離とは思えない渓谷美が楽しめる竜の口渓谷があります。

しかし入口は鉄の門扉で閉ざされ、脇を抜ける踏み跡にも黄色いテープで立ち入り禁止の処置がされていました
入口の傍の車道にも上部から落ちてきた落石がごろごろ転がっています。
門の奥を見ると、見える範囲でも崖崩れが発生していました。

現在、渓谷の奥では地下鉄東西線の工事が行われていますし、落石の恐れもあるので賢明な処置でしょうね。
これで竜の口渓谷を遡行して青葉台に抜ける思惑は当面無理と判断しました。

まだ時間があったので、車道を更に奥まで歩いていくと驚いた光景に出くわしました。
その写真がこれ↓

201232202.jpg

信じられないことにホームレスの掘立小屋(テント)群があちこちに建っていて、全部で10棟近くありました。
各々の小屋の前には結構立派な自転車が置かれていましたよ(笑)

テニスコートから奥の立ち入りを禁止したのは、どうもこのホームレスとのトラブルを避けたためと思います。
何れにしても、市街地近くに異次元の世界があったような感じがしました。








スポンサーサイト
  1. 2012/03/22(木) 21:17:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<映画 『戦火の馬』 | ホーム | 何処にも行かない休日>>

コメント

竜の口渓谷・・一度歩いてみたいと思いつつ
今になってしまいました。
八木山の吊り橋の時代から・・
四季折々奇麗な渓谷美を堪能できるのでしようね・
下から八木山の橋を見上げてみてみたいです、

川内追廻住宅は終戦後・引き揚げ者たちの一時の
住まいとして提供された無番地の国の土地ですが・・整備事業の事で何年も前から・立ち退きの話がありました。何度も立ち退きのことでもめている土地ですね・
大町が近いので・・大町何何先・と表示します・
仕事柄ですが・

あの辺が渓谷に行く入口なんですね・・
やはり震災の影響で危険な状態ですね・・

震災特需とか言われて・国分町の飲み屋街は
かなり繁盛しているようですが・・地元の人でなくね・・

それに仕あると思ってにやって来て・条件が違ってとか・
ピンはねとか・色々あって・ホームレスになった方達もいるようです・

picasa・・アップするとリンクされているので連絡きます・・
見せてもらってますか・そのうちゆっくりコメンしますね・・

  1. 2012/03/23(金) 16:21:47 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さん今晩は。
八木山の吊り橋、私も覚えていますよ。
子供時代に渡りましたが、かなり怖かったと記憶しています。
竜の口渓谷は約40年前に入ったきり、足が遠のいておりました。
橋の下でスケッチしたこともありましたよ。
川内追廻住宅の場所はいずれ公園になると聞いていますが、無秩序に家が建築された当時の様子は、子供の頃もイイ感じはしなかったです。
大町何何先の住所だとは初めて知りました。
震災の数年前までは立ち入り出来たらしいですが、現状は落石の危険があり入渓しないほうがいいでしょうね。
震災特需は一部の土建屋中心で、ゼネコンがらみの仕事が多いのではないでしょうかね。
しかしテニスコート奥のホームレス村には驚きました。
picasaは時間があるときに少しづつアップする予定ですが、何時完了するか目途も立っておりません(笑)
  1. 2012/03/23(金) 18:05:24 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

小学校の授業で化石採取に入ったことがりました。
昨年、二度、仕事で入りましたが、青葉山側からの大規模な崩落箇所があり、渓谷を塞ぐほどの場所がありました。
落石防止ネットも落石がたまって剥がれそうでしたし、実際に近くで落石があり、時折大きな音がしました。
危険であることをお知らせします。
  1. 2012/03/24(土) 08:52:37 |
  2. URL |
  3. yuji #5w.JvAjQ
  4. [ 編集 ]

yujiさんおはようございます。
この渓谷は化石は多いことでも有名でしたね。
やはり入口から想像した通り、内部は崖崩れの巣みたいな状況でしたか。
現状では絶対に入渓は無理ですね。
  1. 2012/03/24(土) 09:49:24 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

SONEさん こんにちは
昔々『竜の口渓谷』から太白山を目指して頑張ったことがありましたが、失敗しました。
その後、東北放送の脇から谷の入り口まで何度か歩きました。落ち葉が谷に舞い落ちるころはなかなか素敵でした。

ところで、仙台神室の東稜の登攀記録を、地図と見比べながら拝見しました。
とてもとても大変ですね。様々な登山技術と並外れた体力が必要ですね。
風ノ堂山と神室の間は、東北の山とは思えないような高難度の山ですね。残雪の状態にもよるでしょうが、その年によっても条件は大きく異なるでしょうし、どんな場合にも対応できる経験がものをいいますね。
私には近くて遠い山の一つのようです。知っている山なのに見慣れないアングルが沢山あり新鮮でした。
体調が戻ったら挑戦できるかなあ・・・・
  1. 2012/03/24(土) 16:51:58 |
  2. URL |
  3. momo #aeXXjZ0o
  4. [ 編集 ]

momoさん今晩は。
竜の口渓谷は現在地下鉄の工事現場にもなっておりますね。
工事が終わる頃には地盤も落ち着いて入渓できるようになると思いますが、気の遠くなるほど先のお話ですね。
仙台神室は薮漕ぎに慣れていないと難しいです。
厳冬期はナイフリッジの通過があり、的確なザイルワークが必要だそうです。
おそらく現在では宮城県でも有数のハードコースとなっていますね。
行く場合には技術のあるリーダーの先達が必要ですね。
  1. 2012/03/24(土) 19:40:30 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/48-849338e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (180)
写真 (36)
花 (250)
登山 (323)
音楽 (25)
映画 (80)
猫 (141)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR