東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

ミミの兄妹

最近猫ブログと化していますが、今日は里子に出したミミの兄妹についてまとめたいと思います。

ご存じのようにミミは太った(尻尾の短い)ペロの子として生まれました。

この写真は4月13日、用心深いペロをハムでおびき出して部屋の中から撮影したものです。
マスさんは単に太っている猫と思っていましたが、私は妊娠しているんじゃないかと疑っていた頃です。

201398413.jpg

その後、6月中旬に太ったペロは4匹の子猫を連れて我が家に来ました。
写真は6月15日です。もう1匹は隠れていて写っていません。

後からミミの写真と照合しますと、ミミは一番左側の子猫と思います。
手前の子だけやけに小さいのが気になりました。

201398615.jpg


================================================

ここで話は少し脱線しますが、この子猫たちのお父さんはどの猫だったのでしょう?

これは太ったペロに聞かないと分からない話ですが、猫は言葉をしゃべれないので分かる道理がありません。
これはあくまで推定ですが、後から子猫たちの面倒見がよかったペコが父親ではないかと思います。

ペコは恐らくスコティッシュホールド(猫の種類)で、飼い主に捨てられた猫でしょう。
人間不信になっているものか、用心深く全然懐きません。(ピントの合わない写真ですが・・・)

20139806.jpg

そして父親候補の対抗が元祖ペロ(尻尾の長いペロ)です。
この雄猫は家の庭に最初に来た猫で、ささやかながら餌を与えていました。
でも未だに1m以内には近寄ってきません。

20139807.jpg

数年前に団地内でキジトラの子猫3匹を見たことがあります。
どうも尻尾の長いペロと、尻尾の短いペロは兄妹のような感じがしていました。

ここで子猫の一匹が異常に小さい事も説明が付きます。
一番小さな子猫は兄妹どうしの近親相姦で生まれたのかもしれません。
その場合は身体が小さくて、しかも病弱な子供が生まれる確率が高いです。
同じ腹の子猫でも父親が異なる場合は多いのです。


===============================================


子猫たちの写真を撮った数日後に、母猫が姿を消してしまいました。
子猫がカリカリを食べれるようになったのと同じタイミングです。

薄情な母猫と思う方もいるでしょうが、母猫は餌場を子猫たちに与えて、自分は姿を消してしまったようです。
そうしないと子猫が育ってから近親相姦になる恐れが多いのですよ。

その後、母猫の姿を一度も目撃することはなくなりました。


================================================


6月20日、懸念していたことが起こりました。

例の一番小さな子猫の目がじゅくじゅくになっています。
結膜炎になってしまったのでしょうか?
この状態でも逃げ足が速く、保護するのは不可能でした。

201398620.jpg


その2日後、4匹の子猫は倉庫から姿を消してしまいました。


================================================

7月初旬のある日、4匹の子猫の内の2匹が倉庫に戻ってきました。

201398728.jpg

残りの2匹はどうなってしまったのでしょう?


================================================

そして7月13日。
自宅から300mほど離れたアパートの土間で蹲っているミミの姿がありました。
逃げようとしますが、ヨタヨタと歩くだけで逃げる元気がありません。

マスさんが保護しましたが、ほとんど骨と皮だけの痩せ細った状態でした。
ろくに食事ができないで栄養失調になっていました。

そのアパートの住民が言っていたそうですが、もう1匹の子猫もいたそうです。
でも数日姿を見せないと語っていました。


================================================


倉庫にいた2匹の子猫ですが8月初旬に姿を見せなくなってしまいました。
新規に餌を貰える家を見つけたのでしょうか?

しかしその後、身体の小さな方の子猫だけ帰ってきました。
一人でいるので寂しそうです。

元祖ペロやペコが来ると甘えた鳴き声を出してすり寄っていきます。

仮の名前でチビペロと呼んでいますが、ミミにように痩せてはおらず、非常に逞しく生きています。
でも用心深く、最大で5mまでの範囲しか寄ってきません。

201398905.jpg

もう1匹の子猫の消息は全く分かりません。余程の幸運がなければ飼い主が見つかるのは奇跡としか言いようがないので、恐らく交通事故や病気で死んでしまったかもしれませんね。

太った、尻尾の短いペロが生んだ4匹の子供の内、ミミとチビペロだけが健在のようです。


でもこの後、チビペロに困った問題が持ち上がってきました。

その問題については後日アップしますね。




















スポンサーサイト
  1. 2013/09/08(日) 13:49:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<< JOZENJI STREETJAZZ FESTIVAL | ホーム | キノコストラップ3>>

コメント

エッ?

なに分かりましたの(>_<)イヤな予感が。゚(゚´Д`゚)゚。
  1. 2013/09/08(日) 23:08:08 |
  2. URL |
  3. くんくん #-
  4. [ 編集 ]

くんくんさん今晩は。
このまま放置しておくとヤバイ状況になりそうです。
今対応をいろいろ検討していますよ。
  1. 2013/09/08(日) 23:12:49 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/438-b427ecf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (193)
写真 (38)
花 (266)
登山 (354)
音楽 (25)
映画 (90)
猫 (152)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (123)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (48)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (12)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR