東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

ハクサンイチゲ

不忘山と言ったらハクサンイチゲの群落の美しさを思い浮かべる方も多いと思います。

日曜日はちょうど見ごろを迎えていて、霧の中に白い花が揺れていました。

P1100290.jpg

高山植物としてはお花畑を作るポピュラーな花ですが、宮城県の山には不忘山にしか咲いていません。

高山帯の風衝地に生える場合が多いので、それにマッチした環境の山が少ないのでしょうね。

P1100276.jpg



昨年も不忘山のハクサンイチゲをこのブログで紹介しておりますので、今回は飯豊連峰に咲くハクサンイチゲの事を書いていきます。(当時の写真は見つからず・・・)


今から30年前ですが、胎内口の足の松尾根を登って、大石山~頼母木山~地神山~門内岳~二ツ峰~滝沢峰と山仲間のGOさんと周回したことがありました。


当時の胎内口は悪路で、胎内小屋までの車の走行が大変でした。
足の松尾根の取り付きまでダンプの荷台に乗せてもらって助かりました。
今ではそんなことは許されませんが、当時は長閑な時代だったのです。

土曜日なのに誰も登っておらず、とても静かな山でした。
西側にある二王子岳の残雪模様が綺麗で、細い尾根にはヒメサユリの花が咲き始めていました。

大石山に着くと、そこには素晴らしいお花畑が広がっていました。
ハクサンイチゲとミヤマキンバイのお花畑が頼母木山まで、何処までも続いています。

P1100280.jpg

背後には二ツ峰の鋭鋒。
高山的な景観の中に、こんな夢のようなお花畑が続いているのは初めて見ました。

誰もいない頼母木山で朳差岳を眺めながらスケッチをしました。

その日の泊りは門内小屋。
同宿は単独の男性1名だけ。

小屋の二階から新潟の夜景が美しく眺められました。

翌日は門内岳の山頂付近に広がるハクサンイチゲの群落を見て、二ツ峰を目指します。

P1100288.jpg

おっかない二ツ峰の鎖場を登り、狭い山頂で貸切の展望を楽しみました。

そこからは藪っぽい胎内尾根を下ります。
時々残雪で道が定かでなくなりますが、地図と首っぴきでルートを読んで下りました。
胎内尾根は飯豊でも有数の長いバカ尾根で、下りでも6時間かかりました。

胎内尾根は現在は廃道化して通行不能ですが、再び整備されることを願っております。

結局2日間で出会った登山者は門内小屋で会った単独の男性だけ。
今では考えられないような、登山の氷河期のような時代でした。










スポンサーサイト
  1. 2013/06/20(木) 22:59:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<ウツボグサ | ホーム | 映画 『言の葉の庭』>>

コメント

ご無沙汰しております。
二ツ峰の鎖、登られましたか。胎内尾根、私は2005年の5月末に一の峰まで。翌年の6月に再度向かうも、取り付きの橋が片側ぶら下がっていて怖くて渡れず、足ノ松尾根登って門内小屋泊、朝、二ツ峰往復。今でも指折りの記憶に残る山行です。
胎内口の登山口までの険しさは本で読んだことがあります。ダム工事で容易にアクセスできるようになって、良いのか悪いのかわかりませんが。まぁ、おかげで家から原付で2時間で足の松尾根登山口まで行けるのですから文句言ったらバチあたります。
  1. 2013/06/21(金) 00:53:58 |
  2. URL |
  3. ハタノ #5HxZfz0M
  4. [ 編集 ]

お早うございます。
胎内ヒュッテG-登山口--姫子の峰--分岐--頼母木小屋まで登った記憶があります。
長岡の花火の頃だったかなぁ・・
ハクサンイチゲが群生して咲き誇っているんですね。
林道は車で入れなかったですが、たまたま工事の方か林道整備の方か・・登山口まで親切に乗せて
くれて助かった記憶があります。
今は夢の飯豊連峰への道です。

渓流釣りの方達が多かったでした。
サルにも出会いました。記憶に残る山行でした。
こちらからは遠いですね。
  1. 2013/06/21(金) 05:46:21 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ハタノさんお久しぶりです。
30年も昔の話ですが、今でも記憶にしっかりと残っているので、自分としても印象的な山行だったのでしょうね。
二ツ峰はすべて山に囲まれていて、飯豊の中でも有数の寂峰だと思いました。
最近の胎内尾根の道の状況はどうなんでしょうかね。
下部は道伐りされてきたと聞いたことがあります。
当時の胎内口への林道は悪路で、そこから登る人は少ない印象でした。
今は全線舗装でアプローチしやすくなりましたね。
こんな事を書いているとまた飯豊に登りたくなってしまいましたよ。
  1. 2013/06/21(金) 07:39:03 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

ク~さんおはようございます。
胎内ヒュッテG-登山口--姫子の峰--分岐--頼母木小屋までの道は飯豊の中でも静かな登山を楽しめるところですよね。
ここのハクサンイチゲの大群落を見に、最近では多くの登山者が登るそうですよ。
ヒュッテから登山口までは今でも車の進入ができないはずです。
歩くと結構距離があるので、自転車で登山口まで行く人もおりますね。
そうそう・・・この山域は猿が多いです。
私も3回登ったうち2回、猿の群れに出会いました。
  1. 2013/06/21(金) 07:44:04 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/380-3c38edb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (193)
写真 (38)
花 (266)
登山 (354)
音楽 (25)
映画 (91)
猫 (152)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (123)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (48)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (12)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR