FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

元の鞘に収まる

昨日の夕方、ゆず君を従来のかかりつけ医に連れて行きました。
セカンドオピニオンを行った病院で行った診察結果を踏まえて、今後の治療方針を考えてもらうためです。

肝機能低下の件については、私の思い違いで、これまでステロイドの注射を続けてきた模様で、これは解決できる問題と分かりました。
それ以上にかかりつけ医が気にかけていたのは、血液検査で貧血の兆候が少し出ている事と、お腹の側にできた新たな腫瘍の件です。この腫瘍はステロイドの錠剤を飲ませると、大きさが小さくなることが私の感覚で分かっていますが、医師は要観察していかねばならないと断言していました。

セカンドオピニオンを行った病院の医師には、飼い主としてその腫瘍を非常に懸念していると伝えていたのに、触診もエコー検査もしてくれず、その点でも信頼するに足る医師ではないと思ったのでした。

急にゆず君が食べなくなったのは、肝機能低下と貧血の初期症状のためであろうと診断されました。
貧血は白血病ウィルス感染症由来のものなので、ステロイド剤を全く使わないのは出来ないとの事です。

その解決策として毎日ステロイドを処方せず、持続性のある注射を日にちを開けながら打つと決まりました。
抗生剤も今後は2週間に一度の注射になりそうです。

そして何も食べない時には皮下補液をして欲しいと、自宅でできるセットを出してもらいました。

で、昨晩からカリカリを通常の半分程度は食べてくれるようになり一安心です。
写真は夜に食べきったカリカリを朝に新たに出したところです。

2020103101.jpg

但し、ステロイドを減らした弊害か、ゆず君は身体の彼方此方が非常に痒いようです。
それにプラスして、セカンドオピニオンを行った病院で、化膿した部分にゲンタシン軟膏を塗れば良い、と言われて昨日病院からもらってきたのですが、塗りこんでみたら痒みがさらに酷くなり、見ていて可哀そうになるほどでした。
慌てて水に濡らしたティッシュで軟膏をふき取りましたよ。

今日は秋晴れの一日でした。

2020103102.jpg

マスさんは仕事が休みだったので、ゆず君とのんびり一日を過ごしたようです。
朝方寒かったために、慌てて炬燵を出しました。

昨年のこの時期、炬燵布団の上でゆず君とくるみちゃんが寄り添っている姿を思い出してしまいました。





スポンサーサイト



  1. 2020/10/31(土) 22:14:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<六十里越街道 | ホーム | 物別れ>>

コメント

治療の違其々の獣医さんと患者さんの受け取り方・
我が愛犬ク~の事の治療浮かべて
セカンドオピニオン・その他2か所診察してもらいました・
結果は同じ診察でした。
結論・・内臓の病気でないので高齢のための
変形脊椎症 高齢の為手術はできません・・
他の病院での診察の事を
気遣いしてそのこと同じ前の長年の獣医さんには言わなかったです。
最後の日・・様子がおかしいので長年の獣医さんに
診査の9時に診察に連れて行って
水不足点滴の診察・・寝不足になるほど毎日脱脂綿につけて等
水は工夫してやってました。
点滴終わって自宅に連れて行って一時間後の11時穏やかな(^^♪付で
抱かれて休みました。我が子ですから当たり前ですよね・・
獣医さんもできればセカンオピニヨンの結果を
お互いに連絡して診察結果を考えてほしいですね。
同業者だから他の医者の意見の相違・・まぁそんなことかなぁ・・
患者の言い分ですか・・?

今日の写真はゆず君可愛い穏やかな写真ですね、
いつもの・・こんな姿の様子の動画・写真を
観たいですね。満月の美しい空模様の連休に
なりますね。可愛い優しいゆずゆっくり休んでね
  1. 2020/11/01(日) 07:42:09 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さん今晩は。
セカンドオピニオンは病気の原因が従来の診察で分からない場合は行っても仕方ないと思っています。
しかし獣医師は人間の医師のように専門分野がある訳でなく、犬から猫、兎からハムスターまでペットを総合的に診るため、医師によって意見が異なるのはしょうがないでしょうね。
但し、一番重要なのは飼い主の思いに沿った治療方法を考えてくれる事だと思っています。
飼い主が時間的制約から治療方針に沿えない場合は、その病院は利用できないと言うことになってしまいます。
今回はうちの血液検査をかかりつけ医に共有しても構いませんと言われましたが、医師のプライドに関係なく、飼い主としては当然の権利だと考えます。

昨日からゆず君は多少少ないながらも餌を食べてくれるようになりました。
週に2回の経過観察が必要なため、明日の夕方にも病院に連れて行かねばなりません。
  1. 2020/11/01(日) 21:06:17 |
  2. URL |
  3. S0NE #-
  4. [ 編集 ]

本当に信頼できるDrに見て欲しいですよね、そうとは言っても技術はあれど人情味や配慮に欠ける人、またはその逆もあり。
メリーは爪を剥がした時、地元で1番人気の病院へいったところ皮膚を繋ぐ手術(爪を無視して)しかないと言われ、別の病院で診てもらったら、爪は自然と生えてくるしこのまま化膿しない様に注意して様子をみましょうと言われ、後者へ。その通り・・・無事に直りました。あの時言われるまま手術をしていたら。。。伸びてきた爪が手術した皮膚を割いて大事になったのではとゾットしました。
長文になりました、SONEさんのいたたまれなさ、よくわかります。何とかしてあげたい、最良の方法で。。。

ゆず君が元気になりますように!!
  1. 2020/11/01(日) 21:29:57 |
  2. URL |
  3. とむかの #BJNehaTI
  4. [ 編集 ]

とむかのさんご心配をお掛けしております。
獣医師は飼い主にとっても情報が少なく、どのお医者さんを選んでいいか分かりませんね。
各々疾患に対する対応に得手不得手があるようです。
もう別の動物病院に連れていくのは止めにしました。
今までのかかりつけ医を信頼するしか無さそうです。
人間みたいにCTとかMRIとか、最新技術の検査機器が使えないので、病気の原因は飼い主の問診と血液検査やエコー、レントゲン検査しか出来ないのがもどかしいです。
我々も何とか元気になってくれることを祈っております。
  1. 2020/11/02(月) 15:52:37 |
  2. URL |
  3. S0NE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/2178-7565dabc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (330)
写真 (65)
花 (387)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR