FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』

近年、ロシアで製作された映画が急激に進化していて、見ていてとても面白いです。
しかし日本国内の大手シネコンではほとんど公開されていない作品ばかりで、鑑賞は主にDVDレンタルに頼るしかありません。

そんな中でロシア国内で興行収入40億円と大ヒットし、現在日本でもDVDレンタルされ、評価が高まっている映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』を劇場で見てきました。
そんな過去の作品が何故今頃になって全国公開されたのかと言いますと、今回見たのは2019年10月、上映時間1時間53分のインターナショナル版 (通常版)として劇場公開され、DVD化した作品の「最強ディレクターズ・カット版」なのです。

その尺は何と3時間11分。
本作は大ヒット後にロシア国内で再編集されTV放送されたものとか。
戦闘シーンやドラマパートを大幅に追加し、その世界観をより深く堪能できる内容になっているそうです。

あらすじ
第二次大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出撃した前線で惜しくも戦いに敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となってしまう。戦車の指揮官であることがわかると、収容所で行われているナチスの戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T-34を操縦することを命令される。イヴシュキンは、同じく捕虜になった3人の仲間たちと隊を組み、当時のソ連の最強戦車T-34の整備と演習への準備期間が与えられた。しかし、その演習では弾を装備することは許されず、ひたすらナチスの戦車軍から逃げ惑うことしかできない。命令に背いても、演習に出撃しても必ず死が待っているのだ。しかし、男は仲間のため、そして収容所で出会った愛するアーニャのため、あまりにも無謀な脱出計画を実行に移す。たった4人の捕虜が、ナチスのパンター戦車の軍勢に立ち向かう。果たして、決死の作戦は成功するのか―!?




本作はDVDをレンタルしようと思っていたら、しばらく最新作で7泊レンタルできなかったので先延ばしになっていた作品でした。
しかし大幅に尺を増やし、映画館の大画面で迫力の戦車アクションが見られるとあっては見ない訳にいかないでしょう。

そして鑑賞後の率直な感想。
これは面白かったです


戦車アクション映画はブラピが主演した『フューリー』以来ですが、あれはラストが暗い内容だったのであまり好きな作品ではなかったです。

しかし本作は戦車対戦車の大迫力の戦いと、脱走劇を重ね合わせた斬新な内容で、尺が長い分、一緒に脱走を図る仲間たちや、敵役のイェーガー大佐の描き方が詳細で、各々の人物像が浮かびあがり、人間ドラマとしても秀逸でした。

そして本作に登場するソ連の戦車「T-34」が全て本物という点も驚きます。
狭い車内に小型カメラを取り付け撮影し、本物を役者自ら操縦しているそうで、その息苦しい閉塞感が観客にも伝わってきます。
戦車での戦闘というものが如何なるものであったかを初めて知らされました。

捕虜収容所で通訳をしているロシア女性が非常に美しい方で、何処かの作品で見たことあるな? と思っていたら、上映中に何の作品か思い出しました。
それは『アトラクション 制圧』の主演女優のイリーナ・スタルシェンバウムでした。
その作品では活発な現代女性の役でしたが、本作はドイツに囚われの身の通訳で、抑えた演技が魅力的です。
そんな事を考えてみていると、次第に車首のイヴシュキンを演じた男優も見た顔だと思い増しました。
何と『アトラクション 制圧』で元カレのチョーマ役で共演したアレクサンドル・ペトロフではないですか。
その作品内ではチンピラ役なんですが、本作は知的な士官の役です。

そんな意外な作品繋がりを思い出させてくれる点でも楽しめた作品でした。

評価は93点。
やはり3時間越えの尺は少し長かった印象があります。
でも戦車アクション以外に人間ドラマも表現されている素晴らしい作品だと思います。



スポンサーサイト



  1. 2020/08/01(土) 20:48:10|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<梅雨明け | ホーム | 水害>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/2118-617e8a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (328)
写真 (65)
花 (379)
登山 (546)
音楽 (35)
映画 (159)
猫 (265)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (216)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (19)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR