FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『Fukushima 50』

カンバック上映されている映画『Fukushima 50』を見てきました。

重い内容なので、見ないでスルーしようと思っていましたが、重厚感に溢れた映画で見ごたえがありました。

本作は多くの関係者への取材を基に書かれた門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を実写映画化した作品です。。東日本大震災による福島第一原子力発電所事故発生以降も現場に残り、日本の危機を救おうとした作業員たちの奮闘を描いています。

あらすじ
2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0の地震が発生し、それに伴う巨大な津波が福島第一原子力発電所を襲う。全ての電源が喪失して原子炉の冷却ができなくなりメルトダウン(炉心溶融)の危機が迫る中、現場の指揮を執る所長の吉田昌郎(渡辺謙)をはじめ発電所内にとどまった約50名の作業員たちは、家族や故郷を守るため未曽有の大事故に立ち向かう。




本作はチェルノブイリ原発事故のように原子炉の炉心格納庫が爆発すると、東日本の多く、日本の人口の1/3が住む場所を失う危機的状態から、命を賭して現場に残り、最悪の事態を回避させた作業員の方々の姿を時系列的に表現した作品です。

その現場の対応に東電本社と官邸がどう絡んでいき、吉田所長がその対応に苦労したことが良く分かりました。
この時のストレスが原因か、吉田所長は食道ガンを患い亡くなってしまいますが、その葬儀の場面もラストで出てきます。

まあ現場視点で物語をつくると、こんな感動秘話になってしまうのでしょう。
思わず涙が流れるシーンが多々ありました。

しかし映画化においては誰かを悪役にしないと話が進まないため、自分は安全なところにいて、無理なことばかり言う東電本店の役員たちと、素人なのに口を出してくる首相官邸がその役割を担っています。

特に総理は諸悪の根源のように語られていて、当時のマスコミも総理の対応を非難していましたが、後で事故報告をいろいろ調べてみると映画はかなりミスリードしています。
例えば「総理が現地へ行くことになったのでベントが遅れた。」これは事実と全然違います。
ベント作業が遅々として進まず、その理由も東電本社から知らされていないため、総理は行って確認するしかなかったのです。

また一号機の爆発にしても、官邸では発生から1時間後にTVの報道から知ったらしく、現場とモニターでつながっていた東電本社から連絡はありませんでした。

諸悪の根源は全ての事実を公にしない東電本社にあったのですが、一方的に官邸や首相がヒステリックな対応をした感じにしか表現されていないのです。

作品は時系列に沿ったドキュメンタリー調に作られているので、もっと真実に寄った感じで制作して欲しかったと思います。

今のコロナ禍の政府、官邸の対応を見ると、原発事故当時の政権のような必死さを全く感じられません。
そんな対比的な見方も出来て面白かったです。

評価は上記の疑問点も含めて80点です。
しかし出演者の鬼気迫る演技は素晴らしかったですよ。






スポンサーサイト



  1. 2020/07/17(金) 20:06:22|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<太平山 | ホーム | 韓国家庭料理 扶餘 仙台東口店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/2108-cd6c1fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (330)
写真 (65)
花 (387)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR