FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『弥生、三月 -君を愛した30年-』

今日は車を整備に出していて、その間に映画を見てきました。
映画館で映画を見るのは約2ヶ月半ぶりです。

2020052801.jpg

今は入場の際に半券を切らないで係員が確認するだけになっていました。

現在は新作映画の公開が延期になっているので、今回鑑賞したのは3月から継続して公開されている邦画の
『弥生、三月 -君を愛した30年-』です。

宮城県を舞台にしていて、県内の随所でロケが行われたと聞いていましたので、その点に興味があって見に行きました。

脚本家・遊川和彦が監督を務めたラブストーリーで、30年の長きにわたる男女の恋愛模様を、3月の出来事だけで紡いでいるお話です。波瑠と成田凌の二人ががカップルを演じ、杉咲花、岡田健史、小澤征悦、黒木瞳らが脇を固めています。

あらすじ
高校時代に運命的に出会った結城弥生(波瑠)と山田太郎(成田凌)は惹(ひ)かれ合っていたが、親友のサクラ(杉咲花)の死によって思いを伝えられず、別々の人生を歩む。彼らは互いに違う相手と結婚するが、夢に破れ、大切なパートナーを亡くすなど、生きる希望を見失うほどのつらい現実が待っていた。あるとき二人のもとに、亡くなったサクラからメッセージが届く。




主役の二人が演技派なので、30年という時の流れと、激動の人生を迫真の演技で紡いだ点についてはとても評価できる映画でした。しかしお互いが好きでも、ここまですれ違う男女ってあるのかな?
切ない話です。

宮城の見覚えのある風景も時折でてきて、その場面を追体験できる楽しさもありました。

でもラストシーンが急にミュージカルのようになってしまった点については違和感しかありません。
もっとベタな表現で、ストレートにプロポーズして欲しかったです。

また、親友のサクラ(杉咲花)が大好きだった曲の選定にも納得できません。
確かに名曲ですが、1986年の女子高校生が好む曲とは思えないんですよ。
当時は松田聖子の全盛期ですからね。

ただし、話が現在と過去を行ったり来たりする内容には付いていけました。
その点は現在の心境の根底にある出来事として上手く表現できていたと思います。

評価は75点です。
映画館の大きなスクリーンで鑑賞すると、集中力が増して話に没入できます。
自宅のTVで見たら良さが分からない作品かもしれませんね。

スポンサーサイト



  1. 2020/05/28(木) 23:52:39|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熊野岳 | ホーム | エゴノキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/2078-6e3f35cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (390)
登山 (551)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR