FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『リチャード・ジュエル』

全米での興行成績はあまり良いとは言えませんが、評論家筋には評価が高い映画「リチャード・ジュエル」を見てきました。

この作品はアトランタオリンピックで起こった爆破テロを題材にした実録ドラマで、容疑者とされた爆弾の第一発見者と真実を求める弁護士の闘いを描いています。

あらすじ
1996年、アトランタで開催されたオリンピックで爆破テロ事件が発生する。警備員のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)が爆弾の入ったバッグを発見したことで、多くの人々の命が救われた。だがFBIは、爆弾の第一発見者だということを理由に彼を容疑者として逮捕。リチャードを担当する弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)が捜査に異議を唱える中、女性記者のキャシー・スクラッグス(オリヴィア・ワイルド)の記事をきっかけに容疑の報道は熱を帯びていく。




主人公が冴えない肥満体の男だし、題材が暗いこともあって、この作品はスルーするかな、と思っていましたが、鑑賞した方々の評価が高いので、映画館で見てみたいと思いました。
それに良作を連発しているクリント・イーストウッド監督作品なのも決めてです。

見終わったあとの結論は見て良かったの一語です。
お人好しで、口下手の主人公を見ていると、どんどん情けなくなってきますが、終盤、一気に逆転大ホームランを打ちます。

話の内容は一言でいうと冤罪事件です。
松本サリン事件で長野県警はサリン被害者でもある第一通報者の河野さんを重要参考人とし、警察の発表を踏まえた偏見を含んだマスコミの報道により、無実の人間が半ば公然と犯人として扱われてしまった冤罪未遂事件がありました。

本作はそれと非常に似通った内容で、爆弾の入ったバッグの第一発見者がFBIのプロファイルから一番怪しいとされて、重要容疑者にされてしまいました。
それを煽り、とことんジュエル一家の人権を侵害するメディアの人々。
現代はそれに一般人のネット私刑も加味されてくるわけで、クリント・イーストウッド監督はそういった現代社会まで続く人の心の闇を抉り出している感じがします。

母親役のキャシー・ベイツの子を守ろうとする涙ながらの訴えには、私も自然に涙が流れ落ちました。
そして、それまであまり自己主張をしていなかったリチャード・ジュエルが最後に力強く反撃するラスト。

読後感といいますか、見た後にとても爽やかに感じる物語でした。

評価は90点です。
リチャード・ジュエル役のポール・ウォルター・ハウザーって、話し方から仕草までそっくりだそうですよ。




スポンサーサイト



  1. 2020/01/24(金) 20:30:18|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安達太良山 | ホーム | 好奇心旺盛>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1995-fc8b0015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (389)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR