FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『フォードvsフェラーリ』

1966年のル・マン24時間レースをめぐる実話を映画化した『フォードvsフェラーリ』を見てきました。

当時、車の生産台数世界一のフォード・モーター社から、ル・マン24時間レースの勝利を命じられた男たちが、王者フェラーリを打ち負かすため、意地とプライドを懸けた闘いに挑む様子を描いています。

あらすじ
カーレース界でフェラーリが圧倒的な力を持っていた1966年、エンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)はフォード・モーター社からル・マンでの勝利を命じられる。敵を圧倒する新車開発に励む彼は、型破りなイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつける。時間も資金も限られた中、二人はフェラーリに勝利するため力を合わせて試練を乗り越えていく。




タイトルから言ってフォードとフェラーリのライバル通しの対決物語を想像していましたが、実際の敵はフォード・モータースの上層部で、現場の声を聞き入れず、上下の確執の面をクローズアップした作品でした。

しかし本作品の一番の見どころは迫力あるレースシーンと言って間違いありません。
当時はドライバーの安全は二の次。
クラッシュしたら生死を分ける状態に陥ってしまいます。

そんなレースシーンをあらゆる角度から撮影し、時速300kmを超えるスピードの世界を表現していました。

またエンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)と、イギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)の男の友情にも心を打たれます。
特に役になりきるカメレオン俳優のクリスチャン・ベイルの演技にはうなってしまいました。

でも結末を知らないで見たら、最後は唖然としてしまいました。
まあ、実話なので結果は変えられないでしょうが、レースの終わりのシーンでエンディングを迎えていた方が、より後味良い作品になったと感じました。

評価は85点。
映画館の大きなスクリーンで見るべき映画と思います。





スポンサーサイト



  1. 2020/01/16(木) 22:05:14|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりにカモシカに会えた | ホーム | どんと祭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1991-3117a51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (327)
写真 (65)
花 (379)
登山 (546)
音楽 (35)
映画 (159)
猫 (265)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (216)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (19)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR