FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ドクター・スリープ』

この前、BSでスティーヴン・キングのホラー小説をスタンリー・キューブリック監督がジャック・ニコルソン主演で映画化した『シャイニング』を放送していて、しばらくぶりにTVで見ました。

あの作品はホラー映画の金字塔と呼ばれ、主人公のジャック・トランスを演じたジャック・ニコルソンの怪演が何度見ても凄い!と思ってしまいます。それだけでなく奥さんのウェンディを演じたシェリー・デュヴァルの絶叫する顔が、また恐ろしさを倍加させており、あらためて傑作だな、と感じました。

今回鑑賞したのは『シャイニング』の続編である『ドクター・スリープ』という作品です。
一家を襲った展望ホテルでの恐ろしい出来事から40年後、生き延びた息子ダニーが遭遇する新たな恐怖を描いています。

あらすじ
40年前、雪山のホテルで父親に殺されかけたことがトラウマになっているダニーは、人を避けるようにして生きてきた。同じころ、子供ばかりを狙った殺人事件が連続して起こり、ダニーは自分と同じような特殊能力によってその事件を目撃したという少女アブラと出会う。事件の真相を探る二人は、あの惨劇が起きたホテルにたどり着く。




『シャイニング』は原作者のスティーヴン・キングが「豪華だがエンジンのない高級車」と映画版を嫌って、スタンリー・キューブリック監督と確執があったいわくつきの作品でした。
もともと息子のダニーが持っていた『シャイン』と呼ばれる超能力に主眼を置き、父子の物語だったそうですが、映画版はどんどん精神的に病んできて、終いには母子を殺そうとする父親が主役となっていました。
原作では父が一瞬正気に戻り、「ダニー愛している。」と言う感動作が、映画では狂ったまま父親は凍死してしまいます。

そこで今回登場した続編は、スティーヴン・キングが書いた続編の小説と、スタンリー・キューブリック監督が創造した映画の折衷案を模索する創りになっています。

但し、前作とはかなりかけ離れた話の展開をするので、見た方の評価は完全に二分しています。
実際に見てみると、ホラー映画というより、邪悪集団トゥルー・ノットと超能力によって戦うサイキックアクション映画という意匠に変わっているんです。しかしX-MENのようなド派手な超能力ではなく、心理的に罠をかけて相手を倒そうとする地味な戦いです。

そんな展開が続いた終盤、物語は一気に『シャイニング』の惨劇の舞台となった展望ホテルに飛びます。
『シャイニング』で使われた湖畔の道路を走行する車のシーンでは、あの怪しい音楽がかかり、その後の展開はまさに『シャイニング』同窓会といった感じ。懐かしの亡霊たちが登場します。

でも『シャイニング』ファンが喧々諤々の考察を行った多々のシーンについては深入りしていません。
あえてその点はぼかして、最後は『シャイニング』の原作に準じたラストにしています。
これにはうなりました。
スティーヴン・キングの原作と、スタンリー・キューブリック監督の映画をどちらもリスペクトして、上手い着地点を見出したと思います。

しかしながら超能力を生かせる週末ケアの仕事を見つけ、やっと自分の居場所を見出していたのに、不幸な最期を遂げたダニーを見て悲しくなりました。もっと幸福なラストにして欲しかったなぁ~と感じます。

評価は80点。
最近、続編の映画は駄作ばかり目につきましたが、この作品は私的にはありです。



スポンサーサイト



  1. 2019/12/05(木) 22:18:58|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<船岡城址公園 | ホーム | どんどん大きくなっている(*^^)v>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1962-62c2ac9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (389)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR