FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『アド・アストラ』

タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で、爽快な演技を見せてくれた
ブラッド・ピット主演の映画『アド・アストラ』を見てきました。

この映画、とても静謐な流れで物語が進んでいくため、レビューは酷評の嵐ですが、哲学的に考えさせられる点が多く、私には合っている作品でした。

あらすじ
地球外知的生命体探求に尽力した父(トミー・リー・ジョーンズ)の背中を見て育ったロイ・マクブライド(ブラッド・ピット)は、父と同じ宇宙飛行士の道に進むが、尊敬する父は地球外生命体の探索船に乗り込んだ16年後に消息を絶つ。あるとき、父は生きていると告げられ、父が太陽系を滅亡させる力がある実験“リマ計画”に関係していたことも知る。




この作品にエンタメ的な仰々しく派手な演出を求めて劇場に足を運んだ方は皆さん失望するでしょう。
本作の筋は、幼い自分を捨てて、宇宙に旅立った父の心情を知るを旅で、ブラビの一人芝居のシーンが物語の筋になっています。
科学的な観点で「それはありえないでしょ」といったシーンも多々ありますが、宇宙を舞台にしたハードSF映画の形を取りながら、話の主題が全然別のものなので気になりませんでした。

主人公は喜怒哀楽の表現が苦手で、冷静沈着かつ自らを厳しく律し任務遂行を第一とする男として前半は表現されています。
しかし自分の父親に自分の言葉で片道通行の通信を行った結果、それまで封印された強い感情が一気に湧き出して、父に会いたい一念から規約を破り宇宙に旅立っていきます。
そして最後に父親を反面教師として、真の自分に向き合えるラストは心を抉られました。

深く静謐な宇宙空間に一人佇む孤独を感じられる佳作です。

評価は90点。
デイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再び組んだ伝記ドラマ「ファースト・マン」が面白かったと言える方ならお勧めです。



スポンサーサイト



  1. 2019/09/24(火) 19:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<彼岸花 | ホーム | お彼岸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1918-2c978faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (330)
写真 (65)
花 (387)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR