FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

流鏑馬

昨日は寒河江八幡宮で開催される流鏑馬を見てきました。

寒河江八幡宮流鏑馬は800年の歴史があり、鎌倉武士の伝統を今に伝えています。
昨年は神輿の祭典を見学したので、今年は時間的に少し前で行われる流鏑馬を見学しようと思っておりました。

江戸時代までは走る馬から的を射る古式流鏑馬が主流だったそうですが、長い歴史の中で、三頭の馬をそれぞれ早稲、中稲、晩稲と決めて同時に走らせ、その順位で豊凶を占う全国にここだけの『作試し流鏑馬』が行われれいたそうです。
その後、大江公の入部800年を記念して、昭和63年に『寒河江八幡宮流鏑馬保存会』が発足し、古式流鏑馬を復活させ今に至っています。


午後4時から開催された流鏑馬は、昔行われていた作法にのっとって式次第が進んでいきます。
詳しくはこの記事では触れませんが、三人の射手が一回に三枚の的を射貫き、それが3回行われます。

馬場の幅は意外に細く、走り抜けている馬の迫力は凄かったです。
しかしギャラリーが多いため、ファインダーを見て写真を撮るのは不可能で、片手を柵のロープの中に出し、ライブビューで撮影しました。かなりアバウトな撮影方法のため、上手く撮影は出来なかったです。

古式流鏑馬の雰囲気を感じて頂こうと、GIFファイルにして二名の射手を紹介します。

15686272351T9rfQBPJcY2PCD1568627182.gif

二人の男性射手は9つの的を全て射貫くことに成功しました。

紅一点の若い女性は最後の一走で3つの的を射抜くことに成功し、観客から大きな拍手が起こっていました。

15686272771T9rfQBPJcY2PCD1568627182.gif

的から的への距離が60mしか無い状態で、二の矢、三の矢を放つのはかなり難しいことのようです。


最後に作試し流鏑馬を三回行います。

三頭が同時に走るので迫力満点でした。

15686271851T9rfQBPJcY2PCD1568627182.gif

これも合計三回疾走しますが、馬が戻るときにミニチュアの矢と的を観客に投げ入れます。
これは大人気で、マスさんがセットでゲットできました。

なかなか勇壮なお祭りでしたよ。





スポンサーサイト



  1. 2019/09/16(月) 18:25:09|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<円盤餃子 | ホーム | 高松岳>>

コメント

馬の足音を響かせて人馬一体となった妙技
迫力があるでしょうね。
立ち姿で矢を放って、放って馬上で
矢をとっての動作して3個の的に当てるんですね。
女性の方も馬上に乗っての姿ハラハラしながら
観てたのでしょう・・
  1. 2019/09/17(火) 11:09:49 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さん今晩は。
過去に落馬した乗り手もいたそうで、勇壮ながらも難しい行事と感じました。
次の矢をつがえる時が難しく、女性の射手はそこで失敗したしまったようです。
  1. 2019/09/17(火) 17:12:56 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1912-f5d6633c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (328)
写真 (65)
花 (379)
登山 (546)
音楽 (35)
映画 (159)
猫 (265)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (216)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (19)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR