FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

「昔むかしハリウッドで・・・」というおとぎ話風のタイトルがついたクエンティン・タランティーノ監督の最新作
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を見てきました。

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの二大スターが初競演した話題の作品です。

あらすじ
人気が落ちてきたドラマ俳優、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、映画俳優への転身に苦心している。彼に雇われた付き人兼スタントマンで親友のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、そんなリックをサポートしてきた。ある時、映画監督のロマン・ポランスキーとその妻で女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)がリックの家の隣に引っ越してくる。




この作品はラブ&ピースなヒッピー文化の頂点だった1969年のハリウッドを舞台にしています。
クエンティン・タランティーノは当時まだ子供で、栄光に陰りが見え始めたハリウッド映画と、茶の間の流れるTVドラマ、そして重厚なアメ車、ラジオから流れる音楽、街にあふれるおしゃれな映画ポスターに憧れていたんだと思います。
そんな彼の懐古趣味を全開にしたのが本作品です。

基本的にコメディ映画なんですが、TVドラマの仕事が少なくなり、ロサンジェルスを見下ろす豪邸を維持するのが難しくなった落ち目のTV西部劇のスター:リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)がマカロニ・ウエスタンに出て出稼ぎをするくだりはクリント・イーストウッドを彷彿させて面白かったです。しかしその後、クリント・イーストウッドは「ダーティー・ハリー」で大当たりしたのですが・・・
情緒不安定で泣き上戸のレオナルド・ディカプリオの演技は秀逸で、アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされても可笑しくないと感じました。

それに対するダルトンの付き人兼スタントマンのクリフ・ブース(ブラッド・ピット)。
常に落ち着いた態度ながらも触ると危険な雰囲気を醸し出しているのは流石ブラッド・ピットならではです。
今まで知らなかったのですが、昔は専属のスタントマンを雇っているスターが多かったらしいです。
「グリーン・ホーネット」出演中のブルース・リーと格闘したり、ヒッピー集団のマンソン・ファミリーが暮らす昔のウェスタン映画の撮影所を訪ねた時の不穏な雰囲気に見事に対峙したり、最後の最後まで彼の存在が際立っていました。

しかし二大スター以上に、この映画の真の主人公は、マーゴット・ロビー演じる実在した女優シャロン・テートと感じます。
マンソン・ファミリーが起こしたハリウッド史上最も凄惨な事件の被害者としてしか記憶されてこなかった一人の美しき女優を、タランティーノはスクリーンに活き活きと蘇えらせてくれました。
私自身シャロン・テートという女優はよく知らず、実在のシャロン・テート殺害事件のことも本作品を見るために予習で初めて分かりました。
プレイボーイハウスでキュートなゴーゴー・ダンスを踊る彼女、自分がヒロインとして出演した「サイレンサー 破壊部隊」を映画館
で観て観客の反応に満足げな笑顔を浮かべる彼女をタランティーノは愛情を込めて描いていきます。

1969年は私の子供時代なので、当時のアメリカのトレンド文化を全て知っている訳ではありませんが、街中の看板を当時の状態に再現し、ハイウェイを走行している車をCGではなく全てその当時の車を使い再現したのは、流石に実写に拘るタランテーノです。
まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなポップさに溢れていて、その映画の魔法の世界に足を踏み入れただけでもこの作品は楽しめます。

そして日本版の映画キャプションにある「ラスト13分。タランティーノがハリウッドの闇に奇跡を起こす。」の言葉。

いやはや・・・こう来たか!!!
タランティーノ作品らしくグロ表現満載ですが、これは見てのお楽しみです。

評価は90点。

評価が非常に分かれる作品だと思います。
少なくても「チャールズ・マンソン」、「シャロン・テート殺人事件」「ヒッピー文化」についてある程度知った上で鑑賞しないと、ラストに向かってどんどん不穏な雰囲気になる緊迫感が伝わりません。
それを知らないで鑑賞してしまうと、何を言いたかったのか全く分からん映画になってしまうと感じました。
若い方は低評価になってしまうかも・・・

但し、当時日本でもTBSで放送されていた「FBIアメリカ連邦警察」を見ていなかった点については残念でした。
その内容を知っていたらより楽しめたと思います。
昔って日本のTVで結構アメリカのTVドラマを放送していたんですよね。





スポンサーサイト



  1. 2019/09/06(金) 18:24:08|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<谷川岳 | ホーム | おばなざわ牛ラーメン>>

コメント

こんにちは
映画に関してではなくて恐縮ですが、曙草について御礼申し上げます。4月の写真展の際に自生地を教えていただきました。昨日、例の滝の辺りをうろうろしましたが、見つけることができず諦めて林道に戻ってきました。戻り道を少し進みましたら、なんと左手の道端にいました。3株ありました。ほんとうに僥倖でした。ヤマレコには挙げませんでしたが、備忘録として非公開で保存しました。素敵な野草に遇うことができて、感謝申し上げたく、この場をお借りしました<(_ _)>
  1. 2019/09/09(月) 12:22:57 |
  2. URL |
  3. dera #qloSLcu2
  4. [ 編集 ]

deraさん今晩は。
例の場所にアケボノソウ咲いていましたか。
枯れた草を見てアケボノソウに間違いないと思っておりましたが、実際に咲いていて良かったです。
何時までも長くあの場所に咲いていて欲しいものですね。
  1. 2019/09/09(月) 16:49:51 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1905-ebb725c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (325)
写真 (65)
花 (379)
登山 (545)
音楽 (35)
映画 (159)
猫 (265)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (216)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (19)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR