FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ロケットマン』

ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いた伝記ドラマ『ロケットマン』をマスさんと見に行きました。

監督デクスター・フレッチャー。
第91回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、世界中で一大旋風を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』の代役監督として一躍有名になった監督です。
もともと『ボヘミアン・ラプソディ』の監督はブライアン・シンガーでしたが、未成年者への性的暴行で訴えられており、その件が元で解雇されたのでは言われています。映画の撮影は、あと数週間を残すのみという時期に製作は一時中断。
しかし、製作スタジオのFOXがデクスター・フレッチャー監督にアプローチして撮影が続行され、スケジュール通りに撮影を終了し、映画は予定した公開日にリリースされました。

そのデクスター・フレッチャー監督が次に手掛けたのが本作で、キラ星のごとくスターの座へ駆け上がり、やがてアルコールやドラッグで転落し、性的指向がゲイという点まではほぼ同じですが、『ボヘミアン・ラプソディ』の第二弾を期待して見るとがっかりするかもしれません。『ボヘミアン・ラプソディ』がライブ感溢れる作りだったのに反して、本作はミュージカル仕立てだからです。

あらすじ
少年レジナルド・ドワイトは、両親が不仲で孤独だったが、音楽の才能に恵まれていた。エルトン・ジョン(タロン・エジャトン)という新たな名前で音楽活動を始めた彼は、バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)と運命的な出会いを果たし、二人で作った「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」などヒットナンバーを次々と世に送り出して世界的な名声を得ることになる。




私の年代のでエルトン・ジョンの歌に触れなかった方は少ないと思います。
歌の題名は知らなくても、ラジオやCMで流れるメロディを聞くと、それがエルトン・ジョンの曲だったと分かる有名な曲が非常に多かったことに驚かされます。
何てったって彼はビートルズ、エルヴィス・プレスリー、マイケル・ジャクソン、マドンナに次いでレコード販売枚数で世界5番目の人物なのです。

そんな煌びやかなスターが、本作を見るまで、孤独な半生を送っていたなど露とも知りませんでした。
両親からの愛に恵まれず、ゲイであるが故に相思相愛のパートナーに出会えず、過酷なコンサートツアーに心身ともに疲れ果て、終にはアルコールとドラックで転落してしまう彼。

映画はその心情にマッチした歌詞(曲の発表順はあえて無視して)を持ったエルトンのヒット曲を歌い踊ることによって説明していきます。見ているとちょっと居たたまれなくなる悲しいシーンが多いですが、製作総指揮を行ったエルトン・ジョン本人が、自身の半生を吐露することによって作り出された真実の物語には心を打たれました。

そして強靭な喉と艶を併せ持ったエルトン・ジョンのヴォーカルを忠実に再現したタロン・エガートンには驚きました。
ご本家よりイケメンな彼が演じているので、作品に華が増した感じです。
『ボヘミアン・ラプソディ』で一番残念だったのが主役のラミ・マレックがフレディ・マーキュリーより容姿の点で劣りカリスマ性を欠いていたことと、自分が歌っていない点でした。

本作でエルトンを陰で支えた作詞家バーニー・トービンの存在を初めて知りましたが、ふたりの出会いと諍い、そして和解を描き、最後にエルトンは最愛の彼を得て、現在は幸せに暮らしているラストに心からおめでとうと言いたくなりました。

美しいメロディラインを持った佳曲『Goodbye Yellow Brick Road』がバーニー・トービンとの一時的な別れの曲だったのですね。



評価は90点です。
見ていて辛くなるシーンが多いので、見た人によって評価が異なる作品だと思います。
でも私とマスさんは結構はまりました。


スポンサーサイト



  1. 2019/08/31(土) 09:25:40|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<羽黒山 | ホーム | サルスベリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1900-81d6f05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (330)
写真 (65)
花 (387)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (19)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR