FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ねことじいちゃん』

「岩合光昭の世界ネコ歩き」で可愛らしい世界中の猫を撮影している
動物写真家・岩合光昭さんの映画初監督作『ねことじいちゃん』をマスさんと見に行きました。

何処のシーンでも猫が必ず出演している映画ということなので、猫好きには必見の映画です。

あらすじ
2年前に妻(田中裕子)を亡くした70歳の大吉(立川志の輔)は、友人たちに囲まれ、飼い猫のタマの散歩と妻が残したレシピノートの続を書いていくことが日課の自由気ままな生活を楽しんでいた。だが、親しい友人が亡くなり、自身の体にも変調を覚えた矢先、タマがどこかに行ってしまう。




この作品は主に愛知県の佐久島で撮影されたそうです。
美しい海と、穏やかに生きる島の人々、そして素晴らしい環境でのんびり暮らす猫達の姿が印象的な映画でした。

猫のタマ役は、アメリカンショートヘアの雄猫ベーコンが演じています。
100匹以上の猫オーディションで見つけた猫とか。
その他に38匹の猫が登場します。

岩合さんはこの映画の監督を依頼された時に、猫中心で撮影すれば良いと思ったらしいですが、実際に役者さんの演技指導はやった経験がなかったため、ベテランの俳優さんやスタッフに支えられて映画が完成したと言っていました。

話の内容は猫を飼った方ならあるあるの事ばかりで、ゆったりした静かな時間の流れを感じさせてくれます。
はっきり言って何らかのドラマチックな展開を期待して見に行ったら退屈な映画と感じるでしょうね。
ちなみに原作の漫画をネットでサンプル立ち読みして見てみたら、この映画そのものの内容でした。

私はNHK-BSで放送している『岩合光昭の世界ネコ歩き』が大好きなので、その番組のファンだったら納得の内容だと思います。
『岩合光昭の世界ネコ歩き』より人間ドラマを噛ませているので、逆に全然飽きることなく画面に集中できました。

評価は85点です。
おばあさん方の喧嘩シーンはいらなかったと思います。
その分、死別した奥さんとタマのふれあいシーンがあれば良かったなぁと感じました。



スポンサーサイト



  1. 2019/02/26(火) 22:08:23|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<確定申告 | ホーム | 氷筍の群れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1773-b2797b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (389)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR