FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

スマホ用登山GPSアプリ『ジオグラフィカ』

今まで登山の時にはガーミンのGPSを使用していました。

日本では販売されていなかったCOLORADO300という機種を購入し、それに2万5000分の1の地図データを入れておりましたが、日本正規品ではないため、メニューが英語表示しか出来ずかなり使いにくかったのは否めません。

2019011602.jpg


それに加えて重量が重く、しかもバッテリーが夏場でも10時間程度しか持たないので、常に替えの単三乾電池を2セット持参していました。しかし冬場の極寒の時や、雨の時にも正確に動いてくれたので、山岳ライターの仕事では役に立っていました。

でも液晶画面がとても小さいので、広い範囲で地図を表示できず、その点では大きな液晶画面で地図が確認できるスマホ用登山GPSアプリには適いません。

私自身、登山の行動中にほとんどGPS画面を見る事はないですが、ガイド記事や登山道調査の仕事で、掲載する事が必要な危険個所や水場などの正確な場所を特定するためには使っていました。その特定したポイントを紙の地図に書き込みます。
ガーミンのGPS機器でもポイントを打てますが、そのポイントが何を意味するのか書き込めませんでした。

そこでガラケーからスマホに移行したのを機会に、私の山仲間の多くが使っているスマホ用登山GPSアプリ『ジオグラフィカ』をインストールして使ってみました。

このGPSアプリ、12日に歩いた羽山で初めて使いましたが、大きな液晶画面は地図の確認が楽で、現在地も登山道からずれる事なく補足してくれます。

しかしデフォルトの設定で起動させてみると、高度等をうるさいくらいにしゃべったり、トラックログがきちんと取れているか小鳥のさえずりで教えてくれたりと、その音に気が散って登山が楽しめません。
いちいち立ち止まって、音を消すように設定を変えながら歩きました。

但し一つ気になった点があります。
トラックログの取得頻度がかなり飛び飛びで、実際に歩いている軌跡に比べてガクガクした表示になっています。(下記の様なトラックログ)
これでは道の屈曲部にある細かなポイントも飛んで表示されてしまうので、私的には使えません。

2019011601.jpg

何でこんなトラックログになるのか調べてみたら、デフォルトでバッテリーの消費を抑えるようなトラックログの記録頻度になっているためと分かりました。そしてその記録頻度を普通から細かいに設定を変えてみました。
まだ設定を変えた後の状態で歩いていないため、どんな感じに表示されるか分かりません。
バッテリーの消費の具合も確認しながら、この設定は自分が使えるように変えていきたいと思います。
ちなみに取得頻度は時間もしくは距離でも設定ができるようです。

まあ、登山道調査などの仕事で使うときはガーミンのGPS機器でトラックログを取り、バックアップ用にスマホのGPSアプリを使うのが、自分としては良い方法かな、と感じました。

でも重要なポイントに、名称を書き加えてポイントを打てる点は素晴らしい機能だと思います。





スポンサーサイト



  1. 2019/01/16(水) 22:17:36|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<車のバッテリー交換 | ホーム | 柴田町 里山ハイキングコース ガイドブック>>

コメント

ジオグラフィカのGPS取得頻度を最も高頻度、あるいは、それより1段荒い設定にしておいてから、取得開始時とともに、スマホを機内モードにしてみて下さい!

12時間山行ぐらいは大丈夫ではないかと思います。

それと、電波が届かないところでは地図が読めなくなりますので、確か、一括キャッシュという設定項目でWiFiが効く所で地図を読んでおく必要が会ったと思います。それでもってオフラインモードをONにするのだったっけな・・・。ちょっとうろ覚えです。

地図を読んでおけばデータ通信も切ってしまうことで更にバッテリーが長持ちです。
  1. 2019/01/16(水) 23:59:33 |
  2. URL |
  3. くまぷー #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

くまぷーさんおはようございます。
GPS取得頻度は『粗 普通 細』の3段階で選べ、デフォルトでは普通になっていました。時間は1秒、距離は1mから取得できるように設定可能ですが、自分が使える取得頻度がどの程度の設定で良いのか、いろいろ設定を変えて試すしかないと感じました。
12日は機内モード、13日は通信を繋いだままで稼働させてみたのですが、電波が常に届く範囲だったためにバッテリーの消費はさほど変わらない印象でした。
地図の一括キャッシュは課金していない現状ではタイルの枚数に制限があるので、wifiを繋いでいる時に地図のルートを追う形で地図をキャッシュしています。
まだ新しいスマホなので、13日に6時間程度GPSを使ってみても、15日までバッテリーの充電は必要なかったです。その点では私が持っているガーミンのGPSよりバッテリーが持ちました。
  1. 2019/01/17(木) 09:12:48 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

ジオグラフィカをやめた理由を思い出しました。
1000円高いな、でした(笑)

山旅ロガー+地図ロイドの方は、無料版の最大の欠点はリアルタイムでトラックの軌跡を出せない、はずだったのですが、未購入のmikoさんのが出ているので謎です。こちらは無料版でもトラック保存数や地図キャッシュに制限はありません。400円ぐらい。私は購入して山旅ロガーゴールド+地図ロイドです。

ただ設定項目がやたら多いのと、インターフェースが古臭いので一見使いにくいです。が、細かいところをいじるようになるとこちらのほうがカスタマイズの幅が広いです。あとはウイジェットで現在高度とかだけを簡単に見れるので、歩行中は地図(アプリ)開かなくても確認できる便利さとかが気に入っています。

ジオグラフィカは最近のスマホのインターフェースに即しているので使いやすいです。今も入れてあります。アプリ不調の時のバックアップとしても。


あと、内部磁気センサー(電子コンパス)の較正、三回転・必殺八の字回し・ひねり、を覚えておくと、スマホの機種によってはひょっとしたら役に立つかもしれません。
  1. 2019/01/17(木) 09:46:15 |
  2. URL |
  3. くまぷー #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

くまぷーさん。
ジオグラフィカは960円で制限なく使えますね。
山旅ロガー+地図ロイドも課金ありとなっていましたが400円ですか。それは安い。
まあ960円の支払いなので、少しだけ扱いに慣れたジオグラフィカを当面使ってみますよ。
但しアプリ不調はあり得るのでバックアップで別なGPSアプリをインストールする手はありですね。
スマホアプリでコンパスっていうのがあったので、インストールして試したら、八の字回しがありましたよ(笑)
これは測位精度の向上に役立つかもしれませんね。
  1. 2019/01/17(木) 12:08:40 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1747-6eb7f9a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (330)
写真 (65)
花 (387)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR