FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『マイナス21℃』

今日も雨の一日。
山には行けないので、マスさんと二人で映画『マイナス21℃』を見てきました。

この作品は2004年にシエラネバダ山脈で遭難した、元アイスホッケー選手エリック・ルマルク(ジョシュ・ハートネット)の実話を映画化。8日間にわたる雪山での壮絶なサバイバルを描いています。

あらすじ
元プロアイスホッケー選手のエリック・ルマルクは、シエラネバダ山脈でスノーボードの最中に道に迷い遭難する。食べ物や水も無く、山岳装備もない中で、夜は氷点下となる極限状態。低体温症、空腹、野生のオオカミ、凍傷、脱水症状と困難が次々とエリックに襲い掛かる...。息子と連絡が取れず異変に気付いた母・スーザンが救助隊に捜索を依頼するが、体力気力ともに限界を迎えたエリックは、幻覚を見ながら生命の危機に追い込まれていく――。




今年の夏の猛暑から急に寒くなって、その寒さが更に倍化する感じの作品でした。

いろいろな映画レビューでの評判は「自業自得だ。」とか芳しくないですが、それは派手なエンタメ映画に慣れてしまった方の評価だと思います。

評判を信じて見に行かないのは勿体ない奥深いテーマを持った作品、と言うのが見おわって一番に感じたことでした。

雪山で迷ってからの展開はジョシュ・ハートネットの独り芝居に終始しますが、どんどん悪くなる状況と、人生の負け組になっていく過去の自分の姿がオーバーラップして語られます。

最初に彼がやろうとしたのは自分が何処にいるかを把握する事。
立ち位置を見失った彼の人生と似通った状態です。

彼は何とかスキー場に戻ろうとして、下に下に滑り降りる行動をとりました。
人生における谷底に落ちている彼は、この後に及んでも下に降りようとします。

そして切羽詰まった最後に「生きるためには前進しかない。」と彼は上を目指します。
死にもの狂いで山頂に辿り着いた彼は救助され、そこから新たな人生に踏み出したのです。

実際の遭難が同じ状況だったのかは分かりませんが、この脚本はとても秀逸で、それに母と息子の愛情を上手く絡ませて感動のラストへもっていきました。

派手さは一切ない小品ですが、長く心に残る作品と感じました。

評価は85点。
もう少しアイスホッケーで才能あふれるプレーのシーンを入れてくれれば、より落ちぶれてドラックに走った彼の心情が出たと思います。



スポンサーサイト



  1. 2018/09/09(日) 18:35:53|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<映画 『クレイジー・フォー・マウンテン』 | ホーム | ゆず社長>>

コメント

土曜は雨はありましたが、里ばかり降ったみたいで、思ったより乾いてました。
高曇りで朝から夕方まで船形山頂は見えているような日でした。

一転今日は山もどんより雨でした。

といっても、ここ二週間、雨のタイミングの影響かなんなのか、
山麓は凄まじい藪蚊が沸いていて雨より蚊がひどいです。
ここ最近登った人もひどい目にあったようです。
数十箇所刺されたとか。

9月のこの時期は多いには多いですが、ちょっと多すぎです。

ところでこの映画は好みですので見に行ってみます。
  1. 2018/09/10(月) 01:02:27 |
  2. URL |
  3. くまぷー #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

くまぷーさん今晩は。
土曜日は泥棒避けの作業を行っていて、何処にも行けませんでした。
キノコが生え始めたようですね。
長雨なので土の生えるキノコが不作かもしれません。
夏場に蚊が少なかったために、涼しくなった今、一気に蚊が発生したのでしょうね。
この映画は雪山の経験がない人が見たら、寒さの実感が湧かないでしょうね。
  1. 2018/09/10(月) 09:52:11 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

SONEさんこんにちは

宮城ではMOVIX利府のみのこの映画メンズデーの本日観てきました。
映画の主人公が、自己中でわがままなのがハナにつきましたが、ラストでのスノボの腕前みると、ホッケーよりもスノボの方が才能あるのでは?とも思いましたよ。
人生と山をオーバーラップさせるのは、日本人が好きな手法ですよね。
観客席は、ほぼシニア層で、後半は鼻を啜っていましたね、泣くような映画ではないと思うのですが。
薬物に走るのはいただけないですし、山頂の灯りは、薬物による幻覚なのか遭難に起因するものなかが気になり思いました。
最近はSONEさん推薦の映画ばかり観ていますよ、笑。
  1. 2018/09/10(月) 16:40:43 |
  2. URL |
  3. タビ #Cnub/O7I
  4. [ 編集 ]

タビさん今晩は。
自己中心的な人間が、遭難を経て自分の愚かさを見つめ直していく話なので私は好きです。
確かに泣くような内容ではありませんね(笑)
ロープウェイ施設の灯りは山岳遭難時の幻視を感じました。
  1. 2018/09/10(月) 18:55:57 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1664-c5798d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (288)
写真 (60)
花 (332)
登山 (501)
音楽 (33)
映画 (149)
猫 (203)
鳥 (19)
本 (10)
観光 (50)
グルメ (202)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (65)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (7)
その他 (16)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR