FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

マーベル・シネマテック・ユニバースの最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を見てきました。
2008年から始まったアメコミ・マーベルの実写化19作目の作品で、来年公開される『アベンジャーズ次回作』の前編的な位置づけになっています。

最近、マーベル関連の作品は粗製乱造気味で、少し辟易していたのですが、その作品群の中核を成す『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を見逃してしまうと、先の展開に一切ついていけなくなるので、上手くマーベル商法に載せられている自分がいます。

あらすじ
それぞれ異なるパワーを持つインフィニティ・ストーンが六つそろうと、世界を滅ぼせるほどの力が得られるという。アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、スパイダーマン(トム・ホランド)らアベンジャーズはほかのヒーローたちと共に、インフィニティ・ストーンを手に入れようとたくらむ最強の敵サノス(ジョシュ・ブローリン)に立ち向かうが……。





今回の作品はアベンジャーズのヒーロー達より、敵のサノスに焦点を当てる作りになっていました。
このサノスの野望と言うのは「宇宙の中で増えすぎた生命が、食料や資源を奪い合い、全ての命を逆に危うくする。そのためにインフィニティ・ストーンを6つ集めて、アトランダムに半分の生命を虐殺する。」というものです。

今までマーベル映画に意味不明のストーンの取り合い劇が行われていたのが、本作でようやくストーンの効力と意味が分かり、その点ではすっきりしました。

でも上記のサノスの野望はどうも理解不能で、彼に感情移入する事などできず、劇中ずっとサノスが出てくる度に腹立たしく感じていました。

そして余りにもサノスが強すぎ、結局インフィニティ・ストーンを全て手にしたサノスは、指を鳴らしただけで半数の生命を抹殺してしまいます。これはアベンジャーズのメンバーもしかり。
最後に観客を絶望の淵に貶めて終わるこの作品に救いはありません。

私的にはどんなに敗戦濃厚でも、最後の最後に敵を打ち負かして終わる作品が好きなので、観終わった後にとても暗い気持ちになってしまいました。


まあ時間を遡れるストーンがサノスの手にあるので、次回作ではアベンジャーズの残りのヒーローと、新たに登場するヒーローが共闘してサノスに打ち勝つ流れだと思いますが、本作は二部作の前編とあえてうたって欲しかったと感じました。

まあ他にも言いたい事はたくさんありますが、ネタバレになってしまうのでここまで・・・

本作単体の評価は65点です。



スポンサーサイト



  1. 2018/05/31(木) 21:18:26|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<権現山の大カツラ | ホーム | 調査予定日数>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1596-07646b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (330)
写真 (65)
花 (387)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR