FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『シェイプ・オブ・ウォーター』

本年度の米アカデミー賞の作品賞と監督賞の栄冠に輝いた作品『シェイプ・オブ・ウォーター』を見てきました。

秀作『パンズ・ラビリンス』ギレルモ・デル・トロ監督が半魚人と人間の女性の愛を描いたファンタジー映画です。



あらすじ
1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く、声が出せない女性イライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃する。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“半魚人の彼”の特異な姿に心惹(ひ)かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。ところが“彼”は、もうすぐ解剖されることが決まっており、虐げられてきたアザーズの彼等は彼を助けようと奔走する。


『シェイプ・オブ・ウォーター』を訳すると『水の形』。
水って形がないものですが、本作品は水の持つ冷たさとか、暗さを独特の緑色のトーンで染め上げています。

本作品は外形上、スピルバーグの『E.T』のような虐げられた異種を助ける内容と思われますが、ギレルモ・デル・トロ監督は現在クローズアップされている人種と性的マイノリティ差別の問題を、冷戦時代の米ソに置き換えて主張しました。

ディズニーの『美女と野獣』は多くの方々の指示され、大ヒットしましたが、この作品は美女とは言えない妙齢の女性と、グロテスクな半魚人の愛の物語です。半魚人はキスされてハンサムな王子様になる訳ではありません。
さらにエログロ的な要素も多く、見る人を確実に選ぶ作品です。

でも私は完全にストライクの作品でした。
観終わってからじわじわと良さが分かる典型的な秀作です。

あの気持ち悪い半魚人に何故主人公の女性が恋をしたのか?
この点がつかめず駄作の烙印を押してしまった方は、もっと内容を深読みして欲しいものです。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、『川に捨てられていた孤児』、『虐待され声が出なくなった両の首筋に残る三本の傷』。
異種間の二人の愛は定めだったのではないでしょうか。

見ている内に主役のイライザ(サリー・ホーキンス)がどんどん可愛い女性に思えてきました。

また素晴らしい作品に出会えたと思います。
評価は95点。
『パンズ・ラビリンス』の悲しいラストとは対局的な、素敵なラストでした。




スポンサーサイト
  1. 2018/03/08(木) 21:16:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<良く降りましたね | ホーム | 水引入道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1539-bc9d0b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (231)
写真 (50)
花 (298)
登山 (417)
音楽 (29)
映画 (113)
猫 (169)
鳥 (18)
本 (8)
観光 (46)
グルメ (158)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (56)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (6)
その他 (14)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR