東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『キングスマン:ゴールデン・サークル』

マシュー・ヴォーンが監督した前作の『キングスマン』はなかなか斬新なスパイ映画でした。
今回はその続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』を観てきました。

予告編を見ると、何やら仲間が皆殺しにされて『G.I.ジョー』の続編『G.I.ジョー バック2リベンジ』みたいな展開。
今度はアメリカのスパイとともに戦うようですが、アメリカのスパイの恰好がいけません。
今どきカーボーイスタイルで街を闊歩する人はいないでしょ。
スパイが逆に目立ってしまっては駄目です。

という事で、この続編はDVD鑑賞で済ますつもりでした。
でも車のオイル交換を頼んでいる時間、待っているのも嫌なので、暇潰しで観ることにしました。

あらすじ
謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織「キングスマン」の根城がつぶされ、ほとんどの構成員が殺されてしまう。残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエグジー(タロン・エガートン)と、教官でありメカ担当のマーリン(マーク・ストロング)だけだった。二人は敵を追い、同盟スパイ組織の「ステイツマン」の協力を求めてアメリカへ渡る。




スパイ映画とは言いながら、最近の007シリーズのようなシリアスさとは無縁のドタバタコメディ風味が魅力の作品ですが、本作は少し度が過ぎた感じです。
最初のロンドンタクシーのカーチェイスは迫力満点で良かったけど、カニバリズム表現が出たところで一気に興味が失せてしまいました。いくら何でもやり過ぎ。
仲間が裏切っている事をどうして分かったのかも不明で、アメリカ大統領補佐官が最後に大統領を弾劾するのも、自分の罪をそっちのけで不自然。とにかく脚本がはちゃめちゃで、アクションシーンを見せたいだけの作品と思いました。
予告編で想像した通りの中身の無い内容が続き、DVD鑑賞で良かったと思います。

でも一つだけ良かったのは、何とエルトン・ジョンが出演して、結構重要な役割をしていた点。彼の性癖をちゃかすシーンもあります。
良く出演したものだと度胆を抜かれました。

今回の評価はエルトン・ジョン出演のご祝儀も含めて70点です。




スポンサーサイト
  1. 2018/02/05(月) 23:04:14|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山岳写真集団仙台 写真展 | ホーム | PENTAX 拡大アイカップ O-ME53>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1519-f19220a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (213)
写真 (50)
花 (285)
登山 (389)
音楽 (27)
映画 (103)
猫 (163)
鳥 (18)
本 (8)
観光 (46)
グルメ (146)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (51)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (6)
その他 (14)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR