FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『オリエント急行殺人事件』

アガサ・クリスティの傑作ミステリーをケネス・ブラナーが監督と主演を兼任してリメイク版の『オリエント急行殺人事件』をマスさんと一緒に観てきました。
ヨーロッパ各地を巡る豪華列車を舞台に、名探偵エルキュール・ポアロが客室で起きた刺殺事件の解明に挑みます。

あらすじ
トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺体で発見される。偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。乗客のゲアハルト・ハードマン教授(ウィレム・デフォー)やドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)、宣教師のピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)、キャロライン・ハバード(ミシェル・ファイファー)らに聞き取りを行うポアロだったが……。




実は私は『オリエント急行殺人事件』に関して、1974年に公開された映画も、原作も未見です。
マスさんはミステリーが大好きなので、誰が犯人か知っていますが、新作となる今回の映画に興味があるようですし、私もジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォーら豪華キャストが集結する群像推理劇なので是非とも映画館に足を運ばなくてはと思っていました。

内容が推理サスペンスなので、少しでも詳しく感想を述べると、即ネタばれになってしまいます。
しかし何度も映像化された作品なので、犯人が誰か知った上で鑑賞している人が大半なのでしょうね。
最後の緊迫感溢れた事件の真相を暴く大詰めは、名優ケネス・ブラナーの真骨頂でした。
マスさんの言うには原作のポアロは背の低いダサい男だそうですが、ブラナー版のポアロは髭がちょっと変な点を除くと、非常にスタイリッシュでかつ頭脳明晰。
これまで善と悪の二極しか世の中には存在しないと断言していた彼が、最後に許せる悪もあるとしたラストは感動的でした。


この作品は共演者の全てに演技力が求められる内容で、その意味で絶妙なキャスティングになっていたと感じます。
ド派手なCGやVFX満載の映画がヒットする今の時代において、こういった密室殺人のサスペンス映画は非常に少なくなっています。映画ファンの一人として、演技力が求められるこの様な映画がもっと公開されればいいなぁ、と思います。

今回の評価は90点です。
私が原作も1974年版の映画も見ておらず、誰が犯人か分からないので、かなり衝撃のラストでした。
結末が分かっている方ならもっと点数は低いかもしれませんね。

余談ですが、本日公開の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ 』の主役レイに扮するのは、本作で家庭教師役をやっていたデイジー・リドリーです。ほぼ同時期に公開の二つの映画に出演するなんて、彼女も売れっ子になってきましたね。
でもデイジーを良く見るとキーラ・ナイトレイにとても似ていると思ったのは私だけではないようです。
ジョニー・デップも出演していて、これでオーランド・ブルームが出ていたらまるで『パイレーツ・オブ・カリビアン』ですよ(笑)

スポンサーサイト



  1. 2017/12/15(金) 21:33:43|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蕃山・石舞台 | ホーム | 初積雪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1482-ada042fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (389)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR