FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ダンケルク』

第二次大戦の初期、フランス北端の浜辺に追いつめられた連合軍兵士40万人の大脱出劇を描いた作品『ダンケルク』を観てきました。

監督は『インセプション』、『ダークナイト』、『インターステラー』などのヒット作を連発しているクリストファー・ノーランなので、自分としては期待が最高潮を迎えたところで鑑賞しました。

あらすじ
1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。




この作品は構成が少し変わっていて、追い詰められた陸の兵士の一週間、ダンケルクに救助に向かう民間船の一日、そしてイギリス空軍の戦闘機の1時間を交互に映像化しています。
この違った時間軸が最後に収れんし、全てのディテールが繋がる妙は、クリストファー・ノーラン監督の手腕の凄さを見せていますが、一部編集の悪さもあり、何時ものこの監督独自の切れが感じられません。

最後の方の燃料がなくなり滑空するスピットファイアーが、急に反転してメッサーシュミットを撃墜するように見えるシーンは、よく考えてみると、滑空中じゃないのですが、編集の悪さから最初はとても違和感を感じてしまいました。

それに40万人が砂浜に非難し、救助を待っているスケール感がまるでありません。
この監督はCGやVFXなどの特殊効果を嫌い、あくまで実写に拘る人ですが、40万人という途轍もない数の人間がいるとは全く感じられませんでした。
これは900隻も救助に向かったという民間船の描写がない点も共通します。
それと最大の欠点は陸の兵士の一週間の時の流れが見ていて全く実感できない事です。

しかし空爆され、船に乗り込めば魚雷の餌食になる兵士の描写は非常に恐ろしく、ほとんど会話がない中でじわじわと追い詰められていく様がホラー映画のようで、その点では今までにないタイプの戦争映画と感じました。

一番良かったのは美しい機体のスピットファイアー戦闘機が活躍した事です。
映画の大画面で迫力満点のドックファイトを見られただけでも見る価値はあったと思いました。


今回の評価は75点。
絶賛している評論家の方も多いですが、本作はノーラン監督をして、策士策に溺れた感が非常に感じました。





スポンサーサイト



  1. 2017/09/21(木) 22:30:43|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<海釣り | ホーム | らーめん孫悟空>>

コメント

名機スピットファイアが良かった!

SONEさん、おはようございます。

朝飯前の女川丼にはやられました~(笑)。
新しい『宮城県の山』の本を持って石投山とセットにして食べに行きたいです♪

3つの異なる時間軸が重なって映画になるという面白い思考の作品でした。

特に主人公の逃げる兵士の災難につぐ災難には、ハラハラどきどきさせれましたね~。

ゼロ戦とはまた違った美しさがあるスピットファイアのドッグファイトも中々良かったです。

映画自体はまずまず楽しめたのですが、ご指摘の様に、30万とも40万とも言われる世紀の大撤退のスケール感が全く出ていなくて、とても残念な作品になってしまいましたね。
  1. 2017/11/21(火) 05:58:25 |
  2. URL |
  3. mh07 #q1zQj6Io
  4. [ 編集 ]

mh7さん今晩は。
朝から海鮮丼の画像を見るのは目に毒ですね。
大上段に構えてダンケルクを舞台にしなくても、戦場からの脱出劇としては面白い映画でした。
私もスピットファイアの美しい機体には魅了されました。
監督がCGやVFXを使いたくない拘りは良く分かります。
しかし今回の題材についてはスケール感を出すために、多少でも使って欲しいと思いました。
  1. 2017/11/21(火) 19:33:08 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1429-26f21cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (389)
登山 (550)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR