東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 』

土曜日にマスさんと映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 』を観てきました。

最初の三部作が大好きで、映画の醍醐味をとことん味あわせてくれる内容でしたが、4作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』で少しスケールダウンしてしまったので、あまり期待をしないで観に行きました。

あらすじ
ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、過去に伝説の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と旅をした父のウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の呪われた運命を、何とかしたいと考えていた。そこで海にまつわる伝説を調査したところ、呪いを解くには伝説の秘宝“ポセイドンの槍”が必要なことがわかる。その後、英国軍の水兵になったヘンリーが船に乗っていたところ、“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)の襲撃に遭い……。




今年のような暑い夏に一番合う映画は、やはりパイレーツ・オブ・カリビアンです。
評価の低い前作からのつながりが心配でしたが、上手く辻褄を合わせていて、脚本の妙に唸ってしまいました。

今回は三作目までの準主役のポジションにあったウィル&エリザベスの物語を完結する内容になっていて、なおかつ幽霊船に囚われた父ウィルを助けるべく奮闘する息子のヘンリーと、まだ見ぬ父への思いを募らせる女天文学者カリーナが、ウィル&エリザベスを彷彿させる役柄になっています。
そして悪役:海の死神”サラザールに『ノーカントリー』のハビエル・バルデムを配したことは大正解で、おどろおどろしい死神を鬼気迫る演技で見せてくれました。
そしてあの超大型スターがおじさん役でカメオ出演していたのにはびっくり!

お金を湯水のように使って制作したハリウッド映画の醍醐味を存分に味あわせてくれたこの作品。
最後に悲しい別れもありますが、とても面白く、家族で楽しめる作品だと思います。

評価は85点。
これで大団円かと思ったら、エンドロールの後に、またしても終わりのない展開を予感させています。
ディズニーにドル箱路線なのは分かりますが、その商魂の逞しさに少し嫌気がさしてしまい、評価を少し下げました。


スポンサーサイト
  1. 2017/07/31(月) 23:47:54|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゆず君 検診日 | ホーム | 笙ヶ岳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1395-39554ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (193)
写真 (38)
花 (266)
登山 (354)
音楽 (25)
映画 (91)
猫 (152)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (124)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (48)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (12)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR