東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ワイルド・スピード ICE BREAK』

もう公開終盤なのであまり旬な記事ではありませんが、映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』を観てきました。

この『ワイルド・スピード 』シリーズは今作で8作目。
全シリーズ通した世界累計興行収入は何と3600億ドルのメガヒットアクション映画となっています。

私も毎回、映画館で鑑賞するファンの一人なんですが、前作で撮影最中にプライベートで交通事故死した、ブライアン役のポール・ウォーカーが本作では必然的に出演しないため、観ようか観ないか迷っていました。
でもネットでもかなり評価が高いため、見逃したら後悔すると思い、レイトショーを一人で観てきました。

あらすじ
誰よりも仲間(ファミリー)を愛し大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。だが、彼の行動には謎のサイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)が関与していることがわかる。レティ(ミシェル・ロドリゲス)やローマン(タイリース・ギブソン)らはドミニクを取り戻すため、最大の敵デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と手を組むが……。




感想を一言で言うと面白かった、です。

大ヒットシリーズなので、製作費も『スターウォーズ・ローグワン』を遥かに凌駕しているらしいですし、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセル、ルーク・エヴァンスら続投組のほか、オスカー女優のシャーリーズ・セロンとヘレン・ミレン、クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドなど、他の作品なら主役をはれる豪華キャストが新たに参戦しています。

本作は主役のドミニクがファミリーを裏切るという衝撃の設定ですが、その裏には身内を大切にする彼の優しさがあり、サスペンス的要素も盛っていて楽しめました。

ワイルドスピードの肝となるカーチェイスシーンも、今回はキューバ、ニューヨーク、アイスランドなどを舞台に、大迫力の展開で、最後に潜水艦とのバトルは、ここまでやるか、と驚かされました。

しかし久しぶりに登場したエレナ(エルサ・パタキ)の扱いは余りにも可哀想すぎますし、何度かブライアンの名前だけが出てきた事に、一抹の寂しさを感じてしまいました。
ファミリーの中で一番スタイリッシュだった彼の不在を今回はジェイソン・ステイサムが埋めた感じでしたが、何かしら映画『トランスポーター』を観ているような錯覚を覚えてしまったことも否めません。

クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドは日本車を駆っていましたが、全然ポール・ウォーカーの代わりにはなっていませんでしたよ。

この作品の評価は85点です。
この先2作品が制作されるそうですから、まだまだ楽しみは尽きません。




スポンサーサイト
  1. 2017/05/24(水) 19:58:57|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日も雨 | ホーム | ゆず君の楽しみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1353-7a3c63b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (185)
写真 (38)
花 (262)
登山 (341)
音楽 (25)
映画 (86)
猫 (148)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (120)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR