東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

十万劫山

昨日の日曜日は強風の予報だったため、雪山には行かず、久しぶりに花見山に行きました。
それだけでは観光になってしまうので、東に位置する十万劫山にも登ります。

花見山に車で行く場合、未明に出発しないと車の進入ができなくなるので、暗い内に出かけました。
福島盆地に入ると日の出を迎えます。

2017041701.jpg

茶屋沼の駐車場に車を置いて歩きはじめます。
沼の周囲に咲く桜にようやく朝日が差し込んできました。

2017041702.jpg

この時期、福島一の観光地なので、早朝にもかかわらず多くの人が歩いています。
陽の光が当たった場所を回りながら花見山を目指します。

2017041703.jpg

花見山のシンボルとも言える大きなハクモクレン。
この場所ではたくさんのカメラマンがシャッターを切っていました。

2017041704.jpg

短時間で花見山の山頂に着いてしまいました。
早朝は雲がかかっていた吾妻山ですが、雲が取れて良く見えます。

2017041705.jpg

登山道に入ると急に人がいなくなります。
途中、右に降りる道があったので、少し下っていくと、トウカイザクラが見事に咲いていました。
花の間から福島市街地が見えています。

2017041706.jpg

約2km歩いて十万劫山の山頂に到着。
以前は西側の展望が良かったのですが、伐採された跡、木々が伸びてほとんど展望はなくなってしまいました。

山頂北側の谷にカタクリが群生していたので、降りてゆくと、かなり密度の高い群生地でした。

2017041707.jpg

当初は山頂から鉄塔のあるピークを経て、車道を歩いて茶屋沼に戻る予定でしたが、気が変わり配水所を経て花見山の高倉地区に降りる、道のない尾根を藪漕ぎして下ることにしました。
本家ブログに後で記しますが、この選択は失敗! 猛烈な藪漕ぎを強いられる区間があり、気温の高さも加わり疲れました。

鐘のある展望台のピークでようやく藪から開放されます。
ここから見る安達太良山は好きな景色です。

2017041708.jpg

十万劫山を振り返って見上げます。
藪が濃い区間で苦労した山には見えません。

2017041709.jpg

写真展に出品した花見山の写真の場所に行ってみました。
以前より植栽されたトウカイザクラが伸びてしまい、開放的で奥行のあった風景が、まったく別物に変わっていました。
やはり写真はその瞬間を切り取る媒体だと感じます。

2017041810.jpg

風が非常に強い日でしたが、満開に咲くサクラを満喫できた山でした。



スポンサーサイト
  1. 2017/04/17(月) 16:57:25|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<びよ~ん・・・ | ホーム | 鎌倉山>>

コメント

花見山は
素晴らしい彩の花々が咲き誇、
茶屋沼の逆さ桜の景色綺麗ですね。
雪を抱く吾妻小富士連邦・安達太良山と
桜と桃の花々とのコラボの眺望の山容
素晴らしい写真ですね。
  1. 2017/04/19(水) 06:48:22 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さん今晩は。
この日が花見山の盛りのようでした。
茶屋沼も趣があって好きな場所なんです。
やはり吾妻や安達太良が見えると、桜の花も映えて見えますね。
  1. 2017/04/19(水) 16:49:13 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1329-f4ffcf93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (176)
写真 (36)
花 (245)
登山 (317)
音楽 (25)
映画 (78)
猫 (139)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR