東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ラ・ラ・ランド』

レイトショーで映画『ラ・ラ・ランド』を観てきました。
第89回アカデミー賞では『タイタニック』(1997年)、『イヴの総て』(1950年)に並ぶ史上最多14ノミネート(13部門)を受け[9]、監督賞、主演女優賞(エマ・ストーン)、撮影賞、作曲賞 、歌曲賞(「City of Stars」)、美術賞の6部門を受賞した作品です。

この作品は個人的には傑作と評価している『セッション』を作ったデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリーです。
女優の卵のミア(エマ・ストーン)とジャズピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)の出会いから恋のてん末までを、華麗な音楽とダンスで表現するミュージカル仕立ての映画です。

あらすじ
何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。




昔は唐突に歌や踊りのシーンが出てくるミュージカル映画が大の苦手でしたが、マスさんに感化されて多くのミュージカル作品を観てから、歌と踊り満載で楽しいこの手の作品が好きになりました。
そんな訳で今回はマスさんと一緒に観に行きました。

本作はアカデミー賞の作品賞は惜しくも逃しましたが、しばらくぶりに映画を観て高揚感を沸かせてくれる作品に出会った感じです。

描いている世界はフランスやハリウッド黄金期のミュージカル映画をリスペクトしながら、それを現代の風景に上手く落とし込んでいます。
リアルな現実世界から急にファンタジーの世界へ誘うチャゼル監督の脚本と演出は変幻自在で、夢の世界へ観客を連れて行ってくれます。

オープニングのハイウェイでのミュージカルシーン、マジックアワーを背景にしたタップダンス、天文台のプラネタリウムでの飛翔、そして圧巻は適わなかった夢の世界が走馬燈のようにかけめぐる15分間のラスト。

このラストシーンは人によってとらえ方が異なると思いますが、最後の二人の表情がお互いを思いやる気持ちを表現していて、胸がキュンとなってしまいました。

本作は劇中のほとんどの曲がオリジナル作品と言います。
今まで興行収入のよかったミュージカル映画(例えば『シカゴ』や『レ・ミゼラブル』)などはブロードウェーで流行ったミュージカルの映画化ですが、オリジナル曲で勝負し、大当たりした本作は素晴らしいと思います。
実際に聴いてみると、どの曲も一度聴いたらフレーズが記憶に残る素晴らしい曲ばかりです。

日本人にはミュージカル映画はあまり評価されない感じがしますし、ネットのレビューを見ても『理解できなかった。』という意見も多いですが、本作は私とマスさんにとって観てとても満足できた作品でした。
楽しく、カラフルで、切ない。ずっと大切にしたいイイ作品に出会えました。

私の評価は95点です。

マイナス5点については、『女性は現実的だな。』と感じたところです。

スポンサーサイト
  1. 2017/03/10(金) 18:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<写真展の準備 | ホーム | アルミワカン修理>>

コメント

暫く映画も観に行ってないですが
予告篇動画観て楽しめる映画ですね。
私の想い出のウエスト・サイド物語(1961年)
が心に残っています。
  1. 2017/03/11(土) 06:29:16 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さんおはようございます。
この映画、あらゆる年代の方が楽しめると思いますよ。
『ウエスト・サイド物語』や『ニューヨーク・ニューヨーク』そして『シェルブールの雨傘』などの作品を上手く消化しています。
  1. 2017/03/11(土) 09:55:57 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

soneさん、おはようございます。
僕は公開後すぐに見に行ったのですが、ご報告が遅れてしまいました。
何と言っても、オープニングのハイウェイでのダンスが圧倒的で、その後のストーリーに期待がワクワクでした♪
僕が共感した部分は、物語の中だけでなく、エマもライアンも人知れぬ苦労を重ねに重ねて来て、ようやく勝ち取ったトップスターの座獲得がオーバーラップして来て、涙しましたよ(泣)。
見終わった後も、しばらく涙が止まらず、それでいて、心地良い余韻に浸れる良い映画でした。
僕は、世代的に『テイクオンミー』がツボでした♪
  1. 2017/04/15(土) 07:03:10 |
  2. URL |
  3. mh07 #v/Pa51Dc
  4. [ 編集 ]

mh07さんこんにちは。
あの高速道路上でのダンスは圧巻でしたよね。
二人が成功した裏の、適わなかった願いを表現したシーンは心を打たれました。
ある程度、歳を重ねた人が観ると納得できる映画ですよね。
今でも曲を聞くと、各々のシーンが蘇ってきます。
『テイクオンミー』はかなり笑えましたね。
  1. 2017/04/15(土) 11:24:39 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1303-e3173529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (189)
写真 (38)
花 (265)
登山 (347)
音楽 (25)
映画 (87)
猫 (151)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (122)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (12)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR