東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ドクター・ストレンジ』

マーベルコミックヒーローの実写映画『ドクター・ストレンジ』を観てきました。

このヒーローもアベンジャーに繋がる人物と言うことで、観ておかないと後の作品で繋がりが全く分からなくなるので観たのです。

最近はマーベルにしろCDコミックにしろ、単体のヒーロー作品からかけ離れてしまい、儲け主義でヒーロー寄せ集めの作品が粗製乱造されているのが面白くないのですが、とにかく観ないことには話題から取り残されてしまうので、結局観てしまう結果になります。
ここいらへんは完全に制作会社の罠にはまっているのですが(苦笑)

こん作品の主役は今をときめくイケメン俳優ベネディクト・カンバーバッチです。
時期ジェームス・ボンド役になるかも?とも言われている英国の男優ですが、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされるほどの名優なんです。

脇を固めるのは『スポットライト 世紀のスクープ』などのレイチェル・マクアダムス、『偽りなき者』などのマッツ・ミケルセン、『フィクサー』などのティルダ・スウィントンらの、これも素晴らしい俳優陣です。

この面々が演じるので凄い作品ではないかと非常に期待して観に行きました。

あらすじ
ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。





感想
一言で言うと映像は100点なのですが、脚本が50点です。
映像は都市が形を変えてせり上がってくる映像に度胆を抜かれた『インセプション』を、更に複雑にした感じで、まるで巨大な万華鏡を観ているような錯覚を覚えました。
目の前に展開するその凄まじい映像を観ただけでも充分価値がある作品です。

しかし作品の一番の肝である脚本がなっていない。
魔術の世界の成り立ち、悪役が何で世界を滅ぼす闇の世界を欲していたかが意味不明。
最初に上から目線の嫌な医師役だった主人公が、何の経緯で自己犠牲を伴う戦いに身を投じたのか、そして大した修行も行わないのに、戦闘能力が一気に上がった利用も不明。(コミック版では魔術の修行に七年の月日を要したそうです。)
上記の内容が欠落しているので、映像のみの薄っぺらい作品としか見えなかったです。

まあ、マーベルの実写映画は細かいことを一切無視して、迫力ある映像を楽しめば良い、という見方もありますが、もう少し人の内面に踏み込んで作り込めば、かなりイイ作品になったと思いますので、その点が残念でした。

プラマイ含めてこの作品の評価は70点です。



スポンサーサイト
  1. 2017/02/10(金) 21:12:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春の訪れ | ホーム | 今年はキツイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1284-60abd7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (185)
写真 (38)
花 (262)
登山 (342)
音楽 (25)
映画 (86)
猫 (148)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (120)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR