東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『MERU/メルー』

単館公開しかしないと思い、映画館で観るのを半ば諦めていた山岳ドキュメンタリー映画『MERU/メルー』がまさかのシネコン:ムービックス利府で公開されたので早速観に行ってきました。

2017012301.jpg



ストーリー
ビッグウォール・クライミング――それはリスクも見返りも大きい危険なギャンブル。聖河ガンジスを見下ろすインド北部のヒマラヤ山脈、メルー中央峰にそびえる“シャークスフィン”のダイレクトルートは、クライマーにとって究極の勲章となり得る難攻不落の岩壁。過去30年間、一人の成功者も出していない、もっとも困難な直登ルートだ。
手ごわい難所が連なるこの6,500メートルの峻峰は、百戦錬磨のクライマーにとっても悪夢でしかなく、だからこそ挑戦意欲をかき立てる。90キロの登攀具や食料の入った荷物を背負いながら、雪と氷と岩に覆われた1,200メートルのテクニカルな山肌を登攀することは、チャレンジの入口でしかない。真のシャークスフィンが姿を見せるのはその先。それはクラックや足場がほとんど存在しない、垂直にそびえる花コウ岩。450メートルに及ぶ文字通りの“壁”だ。
ベストセラーとなった『空へ―悪夢のエヴェレスト』の著者ジョン・クラカワーは言う。「メルーを制するにはアイスクライミングが巧いだけでは駄目だ。高度に強いだけでもダメ、ロッククライミングの技術だけでも足りない。これまで多くの優秀なクライマーたちがその壁に挑み、敗れてきた。それは今後も変わらない。メルーはエヴェレストとは違う。シェルパを雇ってリスクを人任せにはできない。まったく別次元のクライミングなんだ」。
2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間に及ぶ氷点下でのサバイバルへと変貌。過去の多くのクライマーたちと同じく、彼らの挑戦は失敗に終わった。難攻不落の山頂まで残りわずか100メートルのところで。
敗北感にまみれたアンカー、チン、オズタークの3人は、二度とメルーには挑まないと誓い、普段の生活へ戻っていく。ところが故郷へ帰ったとたん、肉体的にも精神的にも苦しい数々の苦難に見舞われる。一方、心の中のメルーの呼び声が止むこともなかった。そして2011年9月、コンラッドは2人の親友を説得し、シャークスフィンへの再挑戦を決意。それは前回以上に過酷なチャレンジとなった……。
友情、犠牲、希望、そして人間の奥底に眠る、原始的な冒険心について描いた、壮大なスケールの映像美で綴られる山岳ヒューマン・ドキュメンタリー。


感想

ヒマラヤの8000m超えのジャイアントなら山を志す方なら名前は聞いているでしょうが、この作品の舞台となったメルーという山は全く知りませんでした。
その写真を見てびっくり。最高峰はおそらく左に連なる峰でしょうが、メルー中央峰にそびえる“シャークスフィン”は名前通り鮫のひれを立てかけたような壮絶な岩峰となっています。(下の画像で中央の尖った峰です。)

2017012302.jpg

この難攻不落のリッジをダイレクトに登攀するなんて想像もできません。

2017012303.jpg

でもアメリカ国籍のこの命知らずの三名(コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズターク)は幾多の試練を克服し、終に陥落させてしまうのですね。

2017012304.jpg

2012年に『アンナプルナ南壁 7,400mの男たち 』というアンナプルナ南壁における救出活動を描いた山岳ドキュメンタリーを見ましたが、それは遭難救助に関わったクライマー達の当時の証言を集めただけの作品で、後味の悪い結末にがっかりした覚えがあります。

しかし本作品は山岳ドキュメンタリーの一つの完成形で、事実は小説より奇なり、の言葉をこれほど表す作品は今まで見た事もありませんでした。
どうやって撮影したんだ、と誰もが感じる登攀の高度感や迫力は言うまでもなく、更なる困難を克服して再び山に挑む姿には驚きました。

山好きの方なら是非映画館の大スクリーンで観ていただきたい作品です。

久しぶりに本格的な山岳映像を堪能させてくれ、後味も凄くいい作品でしたので評価は90点です。

スポンサーサイト
  1. 2017/01/23(月) 21:44:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<音楽 『PINK』土岐麻子 | ホーム | 高松山>>

コメント

私も昨日、見てきました!
大迫力の美しい映像と、山に向かう強い精神力に、ただただ感動しました。映画館の大画面みることができて大満足でした。
  1. 2017/01/23(月) 22:18:30 |
  2. URL |
  3. うめ #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

うめさん今晩は。
見ましたか。
映画館の大きなスクリーンだと凄い迫力と高度感でしたよね。小説のような本当のお話でした。
  1. 2017/01/23(月) 23:38:36 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

SONEさん、こんにちは。
僕も見て来ましたよ~♪
一番びびったのは?断崖絶壁でのテント泊!!しかもテント壊れるし(泣)
僕らとは感覚が全く違うのでしょうね~(苦笑)
ソロの山登りも素晴らしいと思いますが、仲間を信頼しそれぞれの特徴を活かして、困難に立ち向かって行く様は、山登りだけでなくて、僕らの暮らしている実生活と同じなんだな!と思い、かなり共感しました。
監督、カメラマン、登山家みんなが、超ウルトラ登山家でないと完成しない、素晴らしい映画でしたね~♪
  1. 2017/01/26(木) 13:22:58 |
  2. URL |
  3. mh07 #v/Pa51Dc
  4. [ 編集 ]

SONEさん、こんにちは

僕も今日観てきました。
バデイの奥さんを伴侶にするところが、ビックリ!
雪崩で助かったところなども、迫力満点!
最後のサミットのナイフリッジからの風景は、誰もが共感するとこですね。
素晴らしい映画のご紹介ありがとうございました。


  1. 2017/01/26(木) 16:17:19 |
  2. URL |
  3. タビ #-
  4. [ 編集 ]

mh07さん今晩は。
山好きなら外せない映画ですよね。
垂直の壁にテントを張るなんて、その作業だけでも疲れそうな感じです。
しかしどうやってあれだけ色々なアングルから登攀シーンを撮影できたのでしょうかね。
  1. 2017/01/26(木) 19:38:20 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

タビさん今晩は。
早速観に行かれましたか。
大きな映画館のスクリーンで見ると迫力が違いますよね。
今回の撮影はあの奥さんも絡んでいるそうですよ。
最後の狭い山頂に跨って下を見下ろすシーンは凄かったですね。
  1. 2017/01/26(木) 19:40:51 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

良かったぁ~ 迫力の映像。
観客4人私以外の男性たちは山好きだったか・・?
ジミーってミラクル山岳カメラマンですね。
レナン死ぬ手前の怪我を驚異的なリハビリで参加そしてそれを認める・・・素晴らしい仲間。
トップを譲るコンラッド頼もしい。
皆さん是非見て下さい!!
  1. 2017/01/26(木) 21:25:45 |
  2. URL |
  3. maronn #1B4Pwtuc
  4. [ 編集 ]

maronnさん今晩は。
観客少ないですが、私の時も山好きの方々のようでした。
あのハードな状況下でビデオを回せるのは信じられないです。
実際の話で本人達しか出ていないのに、下手なフィクションを凌駕する内容の作品でしたよね。
  1. 2017/01/26(木) 21:55:18 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

間に合いました

こんばんは。
今日、天童で観てきました。
あのような状況で信じられる仲間がいるって素晴らしいですね。
  1. 2017/02/18(土) 22:46:14 |
  2. URL |
  3. nakacy #1wIl0x2Y
  4. [ 編集 ]

ナカシィさん今晩は。
公開に間に合って良かったですね。
映画の大スクリーンで観る価値のある映画だと思います。
下手なフィクション映画より感動しますね。
  1. 2017/02/18(土) 23:01:40 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1273-86022e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (185)
写真 (38)
花 (262)
登山 (341)
音楽 (25)
映画 (86)
猫 (148)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (120)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR