東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

石投山

日曜日は強風ながらも晴れ間も出る天気予報だったので、熊野岳にコマクサでも見に行くつもりでいましたが、朝起きてみると、西の空には雨雲がかかっていて、ネットの雨雲レーダーを見ても、ほとんど天気が好転しない感じでした。

結局、登る山が決まらずにうだうだ家にいて、春に登った石投山の波板コースでも歩いてみるか、と家を出たのが午前11時でした。

しかしこのコース、ネット情報がないので、何処に登山口があるのか分かりません。
まあ、現地に行けば分かるだろうと着いてみたところ、20分以上探し回っても登山口が分からず、地形図に記載されている破線ルートに取り付いてみました。

ほとんど踏み跡程度しか残っていない道は、沢に寸断されています。

途中、雄勝硯の採取場だったと思われる岩を切り出した場所があり、硯の原石で石垣が作られていました。

2016062701.jpg

完全に道が無くなってからは、山勘で歩きやすい斜面を登ります。
藪はほとんどないのですが、夜半まで降り続いた雨で足場が滑り易いので難儀しました。

大黒森山頂は刈り払われて広場になっていました。

ここからは過去2回歩いているのですが、一か所、雄勝方面に下る道へ直進してしまい、道を外したことが分かって戻りました。

行程全般に二次林や植林地を歩く場合が多いですが、こんなすっきりした林床の森を歩く局面もあります。

2016062702.jpg

展望の良い石投山に着いたのは午後3時。
海を眺めながら軽く食事をとりました。

帰路は正規の波板コースを辿ります。
何処に登山口があるのか、その謎解きが楽しみです。

途中の伐採地からは出島や江島、金華山が一望できました。

2016062703.jpg

ずんずん下ると、潮騒の音が聞こえてきます。
椿のトンネルを潜ると、そこは波板海岸の防潮堤の上でした。

直ぐ下の小さな波板海岸の砂浜が広がり、雄勝湾の対岸に小富士山の姿が見えていました。

2016062704.jpg

このコースはほとんど波打ち際から山頂を目指せる稀有なコースだったと分かりました。

詳細は本家ブログに後日アップします。




スポンサーサイト
  1. 2016/06/27(月) 20:20:08|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<資福禅寺 | ホーム | 遠征打ち合わせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1142-43071a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (184)
写真 (36)
花 (260)
登山 (336)
音楽 (25)
映画 (84)
猫 (146)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (120)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR