東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

八千仏

今でも荒涼とした火山地形を見せる中央蔵王はかつて山岳修験道が栄えた峰でした。
現在の蔵王エコーライン沿いにも賽の河原や大黒天など、修験道の世界を彷彿させる地名が残っています。

何故山岳修験道が栄えたかは、史学や宗教学に門外漢な私は分かりませんが、五色岳の御釜を中心に有史以来約50回の噴火活動の記録があったため。そこで修行した山伏は噴火を納める役割を担っていたかもしれませんね。

ところで過去の金峰山蔵王権現の奥の院と言われた場所が、刈田岳の北側を流れる濁川にあります。
先週、濁川を大黒天まで下降する時に、この奥の院:八千仏を訪ねてみました。
沢筋の歩行に気をつかっていると、現地を通過しても八千仏がこの場所とは認識し難いところです。
その場所は刈田レストハウスの導水管が設置されている場所の少し上流です。

濁川の左岸にかなりな範囲で湧水が岩場から黒く滴っているところがあります。
この湧水は御釜の水が漏れだしているところと考えられています。
ここが奥の院として崇められている八千仏です。

P1040051.jpg

以前から御釜は小沢の水が流入しているのに、水の流水路がないのが不思議でしたが、何のことは無い地下を浸透して流れ出していたのです。

山岳修験道の世界では、こういった水の湧き出すところを奥の院とか、聖地として崇める場合が多いと思います。
特に金気の色をした湧水の場所を聖地としていたのは月山の西普陀落、面白山の面白山大権現などがあるみたいです。

この八千仏は別に石仏があるわけでもなく、湧水そのものが信仰の対象なのですが、湧き出ている範囲はかなり広いです。差しわたし50mに渡って、高差10m程度のところから湧き出しています。

中には10m程度の高さの細い滝になっているところもあり、苔に覆われていました。
苔が生えるなら火山地帯特有の酸性水ではないのかな?

P1040050.jpg


例の人工的な導水管も、この湧水を上部のレストハウスに揚水しているようです。

濁川に下るためには、落石や滑落などの危険個所があり、一般観光客が簡単に下れるところではありませんが、こういった事を知った上で現地を歩くと、より楽しみが広がっていくものですね。








スポンサーサイト
  1. 2012/06/11(月) 19:17:06|
  2. 登山
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<ポピー | ホーム | コイワカガミ>>

コメント

お早うございます。
修験者の聖地ですか・・

素朴に蔵王の名称の謂れを調べてみました。

、宮城県と山形県との県境にある日本百名山の蔵王連峰(蔵王山)は、古くは刈田嶺(かったみね、かったね、かりだのみね)、または、不忘山(わすれずのやま)と呼ばれていた山岳信仰(参照)および歌枕の山であったが、吉野から蔵王権現が勧請され、平安時代には修験者が修行するようになったため蔵王山とも呼ばれるようになったとされる。
  1. 2012/06/13(水) 05:30:39 |
  2. URL |
  3. ク~ #TU21jv9k
  4. [ 編集 ]

ク~さん今晩は。
蔵王という名称は有名なのに、蔵王山もしくは蔵王岳と言う山名が無いのは変ですね。
蔵王権現の山岳修験は宮城県側で隆盛だったそうですよ。
八千仏も奥の院と思わないで通り過ぎる方が大半だと思います。
  1. 2012/06/13(水) 17:21:59 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

お釜の水には温泉効能があるのかしらと思い、
立ち寄った時は顔を洗ったりしています。
全身で入る勇気はありません~(^_^;)
  1. 2012/06/15(金) 23:19:54 |
  2. URL |
  3. ナカシィ #lvEbryHc
  4. [ 編集 ]

ナカシィさんおはようございます。
温泉効果はあるでしょうね。
私の子供時代にお釜に一緒に行った父親が、『暑いので泳ぐ!』と言って、お釜の真ん中まで泳いでいましたよ(@_@;)
  1. 2012/06/16(土) 06:13:30 |
  2. URL |
  3. SONE #QVCxQ8ys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/114-706d0b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【八千仏】

今でも荒涼とした火山地形を見せる中央蔵王はかつて山岳修験道が栄えた峰でした。現在の蔵王エコーライン沿いにも賽の河原や大黒天など、修験道の世界を彷彿させる地名が残っていま...
  1. 2012/06/11(月) 23:40:38 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (175)
写真 (35)
花 (236)
登山 (310)
音楽 (24)
映画 (76)
猫 (137)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (43)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (13)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (3)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR