東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『アイアムアヒーロー』

『アイアムアヒーロー』は花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラーです。

実はこの漫画をずっと愛読していたものですから、映画化にも期待していたのですが、その内容はいかに・・・

あらすじ
漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQN(ゾキュン)と呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。




話の内容を一言で言うとゾンビパニックものですが、冴えない中年男性が自分の置かれた不合理な境遇に悩みながらも、一緒に逃げる女性二人を必死に守っていくお話です。

予告編を見て、主人公の英雄に大泉洋のイメージがぴったりはまっていたので、外せない映画になっていました。
しかしいろいろ忙しく、なかなか映画館に足を運べなかったので、公開終盤のレイトショーをマスさんと観賞してきたのです。

で、見た感想ですが、漫画も未完のために、ショッピングモールのところまでしか実写化できないと予想していましたが、それは見事に的中しました。

英雄の彼女の黒川徹子が感染して英雄に襲いかかる場面や、それに続く感染者であふれ返った街中からの逃亡劇には手に汗を握って面白かったのですが、最後の展開がいけません。

ショッピングモールから逃げ出す段になってからのスプラッター度が半端なく、ただただ銃を撃ちまくるだけで画面に変化がないため、食傷気味になってしまいました。
原作ではここでZQN化していても人間を銃撃することに主人公は躊躇し、激しい嫌悪感を抱くのですが、それを一切省いてしまったので、単なるシューティングゲーム的な画面展開を延々見せられるだけに終わってしまいました。

グロ画面に耐性のない人ならとても正視に耐えられなかったでしょうね。

それにこの映画の最大の欠点は、ZQN化や比呂美が半ZQNになっている理由が一切明かされない事です。
私は漫画を読んでいるので、原作に沿った作りのために概ね話の流れがつかめているのですが、映画単体で見た場合は何が何だかさっぱり分からない映画だったと思います。

始めから何部作の映画なんだと、知らされていれば何の解決にもなっていないラストもありなんですが、映画が当たったなら次回作の制作を考えよう的な作りはどうも嫌いです。

しかし、低予算ながら鑑賞に耐えられるジャパニーズゾンビ映画を作ってくれた事に敬意を称して、
この作品の評価は60点が妥当でしょう。



スポンサーサイト
  1. 2016/06/16(木) 20:38:47|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホタルブクロ | ホーム | 戦うゆず君( ゚Д゚)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1136-c3033e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (175)
写真 (35)
花 (236)
登山 (310)
音楽 (24)
映画 (76)
猫 (137)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (43)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (13)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (3)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR