東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『レヴェナント:蘇えりし者 』

いろいろ忙しくて映画を観に行く余裕がなかったのですが、一昨日久しぶりに一人で映画を観てきました。

今年のアカデミー賞の監督賞、主演男優賞、撮影賞をとったアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の最新作『レヴェナント:蘇えりし者』です。



あらすじ
1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部、極寒の荒野の中、狩猟をして毛皮を採取するハンターチームはネイティブアメリカンの一団に襲われ多大な犠牲にあいながら命からがら船で川を下る。チームのひとり、ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)はネイティブアメリカンの妻との間にできた息子、ホークとともにガイドとして同行していた。船を捨て山越えルートを選んだチームは森で野営する。翌早朝、グラスは見回り中に子連れの熊に襲われ、瀕死の重傷を負う。急ごしらえの担架でグラスを運ぶが山越えには足手まといであること、瀕死でもあることから、隊長のアンドリュー・ヘンリーが死ぬまで見届け埋葬する者を募ると、ホークとジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)、若いジム・ブリッジャーが残ることになった。ジョンは2人がいない時にグラスを殺そうとするところをホークに見つかり銃を向けられるが、返り討ちにし殺してしまう。ジョンはジムを騙しグラスに軽く土をかけただけでその場を離れる。一部始終を見ていたが動けないグラスは奇跡的に一命をとりとめ、自分を見捨てた息子を殺したフィッツジェラルドに復讐を果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んでいく。


本作品は今年のアカデミー賞の監督賞、撮影賞、そして主演男優賞の主要三部門を獲得しました。
最近のアカデミー賞はくそ難しい内容の作品ばかりで、エンタメ的な要素が感じられないものが多かったですが、本作品に関しては近年稀に見る傑作と称しても間違いなさそうです。

しかしかなりリアルでショッキングな血なまぐさい映像が続きますので、女性の観賞に耐えられるかは疑問です。
デート鑑賞には全く向かない作品でした。

近年のハリウッド映画はCGやVFXでの映像表現過多で、役者はほとんどブルーバックの中で演技する事が多いようですが、現在その反動で自然のままで撮影する原点回帰の流れが進んでいると言われています。

確かにマーベルの一連の作品は刺激的なCG映像が売りですが、観終わった後で何も記憶に残らないのが最大の欠点でした。

本作品の凄いところは自然の描写を、人工的なライティングを使わず、自然光のみで表現した点です。
マジックアワーと呼ばれる日の出日の入りの1時間半のみ撮影した事で、空のグラデーション表現に深みが増し、物凄く美しい自然の姿が出ています。
ほとんどの撮影はワンテイクの一発勝負だったらしく、その準備として一日8時間にも及ぶリハーサルの末に撮影したので、役者を含め現場のプレッシャーは凄かったと思います。


また超広角レンズを多用し、パンフォーカスで人物と後の背景のどちらにもピントが合っている独特な映像表現が施されています。
荒涼とした雪の荒野に自分も一緒にいるかの様な錯覚に陥ってしまうのは、新鮮な驚きでした。
ディカプリオの顔から5cmしか離れていない場所にレンズを置いて撮影しているので、吐く息でレンズが曇ってしまうほどです。

そして本作によってアカデミー撮影賞3連覇を成し遂げた撮影監督:エマニュエル・ルベツキによる、前作『バードマン』に引き続いての長回しのカットはよりスケールと難度を上げている感じでした。
その長回しはアメリカ先住民の大規模襲撃シーンや、凶暴な熊にグラスが蹂躙され続ける痛ましいシーンで見られますが、最初の襲撃シーンの迫力は名作『プライベート・ライアン』のノルマンディ上陸作戦の凄惨な戦闘シーンに匹敵する恐ろしいものでした。

主演のディカプリオはアカデミー賞の主演男優賞に過去5回ノミネートされながら、受賞を逸してきた悲劇の男優でしたが、本作でやっと悲願の主演男優賞を獲得しました。
それには納得で、とにかく鬼気たる演技の数々には『タイタニック』でアイドル的な立ち位置を確立したレオ様の姿は一切ありません。


その怪演ぶりの一端を披露すると、熊に襲われるシーンではワイヤに繋がれて地面に叩きつけられ、凍てつく河に流され、零下27度の中で低体温症になり、崖から突き落とされ、挙句の果ては私生活ではベジタリアンなのに、生のレバーや生きた魚を食べされられ、思わず吐いてしまうシーンもあります。
最後の格闘シーンでは鼻の骨を折ってしまったとか・・・・・・
ここまでやらなければ主演男優賞を取れないなんて何と因果な商売なんでしょう。

お話は息子を殺し、自分を荒野に置き去りにしたジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に対する復讐劇なんで、とても感情移入がしやすかったです。

でも時折挿入されるバイソンの骨のピラミッドと、崩壊寸前の教会のシーンが最初は意味不明でした。
最後まで見ていると、自然やアメリカ先住民から搾取するだけの白人に対する批判の象徴として将来的に絶滅したバイソンの骨があり、どんなに苦しい立場にあっても神は一切助けてくれない、という事を暗示するために崩壊寸前の教会があったと感じています。

しかし復讐を果たした後の、最後のディカプリオのシーンは未だに意味がつかめません。
一見、虚無感に満ちた顔に見えるのですが、妻と息子を殺された彼の未来に明るい希望があるんでしょうか?

評価、映像と演出の点では100点満点なんですが、見る人を選ぶと言う点では万人向きとは言えない作品なので、80点が妥当でしょう。
私的には見応えのある素晴らしい作品だと思いました。





スポンサーサイト
  1. 2016/05/12(木) 22:33:05|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金華山 | ホーム | シャガ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1117-28fb2d86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (176)
写真 (36)
花 (245)
登山 (316)
音楽 (25)
映画 (78)
猫 (139)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR