東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

漫画 『山靴よ疾走れ!!』

最近、マスさんが漫画に浸りきっているので、それに感化されて私もアマゾンで中古本を買って、何作品か読んでいます(笑)

その一つが『山靴よ疾走れ!!』です。
タイトルはこれで『やまぐつよはしれ!!』と読ませるようです。

2016032401.jpg

作画:紅林直、脚本:生田正による漫画ですが、紅林直の漫画って初めて読みました。
2000年7月まで週刊ヤングジャンプに連載され、その後コミックとして2000年から2001年にかけて発行された漫画なので、よくそんな漫画の存在を知っていたかと言いますと、以前、山と渓谷の誌面の中に山岳漫画特集が掲載されていて、そこで面白そうだな、とわずかながら記憶の中にあったのですよ。

読んでみると内容は結構面白かったです。

「北アルプス警備隊」という架空の山岳救助隊を舞台にした物語で、剱岳の単独登山中に遭難してしまった医大生・鹿賀晶が、新人女性警備隊員・嘉門ハルカに救助されることから物語は始まります。
三年後、晶も警備隊の隊員になり、さまざまな事件を通じて、ハルカとともに成長していく様が描かれます。

この話の元ネタは谷口凱夫著の『北アルプス交番勤務を命ず』という実話で、この本は私の蔵書にもなっていました。
剣岳における厳しい救助活動の事が詳しく分かり、警察官って大変だな、と感じました。


その後に『岳』が出版され、救助する側の話もこれに極まった感がありますが。その大分前にこんな山岳救助隊の漫画があったのは特筆するものだと思います。
内容的に良い意味での誇張はあますが、『岳』と違ってリアリティに溢れた物語なので読んでいて納得できました。

主人公の過去や、ハルカの父を思う心など、感情移入できる要素も多分にあり、登山をしない方でもスイスイ楽しく読めてしまう漫画でした。

でも漫画好きのマスさんは、『画が古くて読む気にならない。』の一言。
漫画って絵面の好みで読みたいか読みたくないかが決まるもんなんですね(笑)



スポンサーサイト
  1. 2016/03/24(木) 22:11:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<春がきましたね | ホーム | 鷹匠山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1086-ae4688e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (176)
写真 (36)
花 (245)
登山 (316)
音楽 (25)
映画 (78)
猫 (139)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (119)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (47)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (4)
その他 (11)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR