東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ザ・ブリザード』

日曜日は咳喘息での体調不良もあり、登山はしないで買い物と映画鑑賞をしてきました。

今回観たのは『ザ・ブリザード』です。

アメリカ沿岸警備隊史上最も困難とされた海難事故、SSペンドルトン号の救出劇を映画化した実話に基づいたお話で、海洋アクションものが好きな私には見逃せない映画と言えます。



あらすじ
真冬の大西洋でブリザードに襲われた巨大タンカーが大破し、船内に32人の乗組員が取り残されてしまう。生存者の救出にバーニー(クリス・パイン)率いる4人の沿岸警備隊員が向かうが、彼らが乗り込んでいるのは定員12人の木製小型救助艇であった。一刻を争う状況で、一行は決死の救助活動に挑む。


Yahoo映画で賛否両論のレビューが飛び交っている映画ですが、私的にはなかなか見応えのある作品と思いました。
海の遭難における救助の話は、日本人には『海猿』のイメージが強く、あの過剰演出を見慣れてくると、静かな終わり方なので物足りなく感じるかもしれません。

しかしこの作品は脚本が素晴らしく、地上、救助艇、タンカー内のドラマを上手く絡ませて話に変化をつけています。
特に恋愛パートはいらないと言う意見も多いようですが、あの勝気な彼女の尻に引かれ、あまり主体性を持っていない性格の主人公が、荒波へ漕ぎ出していく過程の中で、最後に上司の命令に従わず、自らの状況判断で可能性を切り開いていく様には感動しました。

羅針盤をなくして現在地もわからず、一寸先の視界も閉ざされた最悪の状態の中で、最後に頼るのは現場にいる自分の勘しかないでしょうから。

イイ作品でしたが、欠点も幾つか。

はっきり言って3D字幕しか公開していないのは如何なものでしょうか?
この作品に関しては余り3Dの必要性を感じませんでした。
それで入場料400円増しとはボリ過ぎです。

邦題の『ザ・ブリザード』の本来的には暴風雪の意味なので、元題の『THE FINEST HOURS』の方が話の内容に合っていると感じました。因みにその意味は『最も素晴らしい時間』です。
エンドロールを見ていると、この元題の意味が理解できると思います。


今回の評価は、3Dしか公開していない配給側の思惑が見え隠れしているので70点です。

スポンサーサイト
  1. 2016/03/08(火) 18:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熊ヶ根の福寿草 | ホーム | 山形にて新年会(^^)v>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1110sone.blog.fc2.com/tb.php/1075-1b2ce579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (193)
写真 (38)
花 (266)
登山 (354)
音楽 (25)
映画 (91)
猫 (152)
鳥 (17)
本 (7)
観光 (44)
グルメ (124)
ケーキ (5)
山菜 (14)
キノコ (48)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (5)
その他 (12)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR