FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

徳ヶ森

今日は強い風が吹き荒れる登山には向かない天気でしたが、晴れのが予想される福島県伊達市の里山を歩いてきました。
往路の東北道では路面に少し雪が積もっていたため、単独事故を2件見ましたし、帰りは田んぼの中にスリップで落ちている軽自動車がありました。

最初は代皇山に登りました。
小さな山ながら展望は良く、次に登る徳ヶ森が一望できました。

2021013101.jpg

徳ヶ森の登山口付近には早くも紅梅が咲いていて嬉しかったです。
しかし風が強く枝が揺れるので被写体ブレで全然ピントが合いません。

2021013102.jpg

最後は古城山に登りました。
懸田城跡で整備されている反面、山頂から景色が見えず、印象に薄い山でした。

この日の朝、車のハッチバックを閉める時にザックのテープを挟んでしまい、その後押せども引けどもハッチバックが開かなくなりました。鍵はかかるので部品が壊れた訳ではなく、ひずみによって何処かの部品が噛んでしまった感じです。
内装を取り外して引っかかった部分を開放すれば治りそうですが、内装の外し方が分かりません。

帰宅してからスズキのデーラーさんへ車を見てもらったら、30分程度時間をかけて治して頂きました。
料金を聞いたら何と無料でいいとの事。
スズキ車に長く乗り続けている方がいる理由が良く分かりました。


スポンサーサイト



  1. 2021/01/31(日) 21:50:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

リンゴの皮

箱でリンゴを頂いたので毎日一個づつ食べています。

剥いた後の皮を庭に巻いてみたら毎日ヒヨドリがやってくるようになりました。
(写真は窓越しに撮影しているのでピントが合っていません。)

2021012901.jpg

雌のジョウビタキのやキジバト夫婦も来ますが、葉っぱの下の虫?をついばんでいるようで、リンゴの皮には目もくれません。

他にもう一羽のヒヨドリも来るようになり、毎日リンゴ一個分の皮を完食していきます。
人間なら皮ばかり食べたらお腹を壊すと思いますが、ヒヨドリはそんな事にはならないようです。

ギャーギャー鳴き声がうるさいけど、毎日健気に庭に来てくれるヒヨドリを見て癒されています。


ところで1月1日から3月末まで私のスマホの2年縛りが明ける期間です。
本日、2年縛りがないプランに暫定的に変更しました。
2月1日からそのプランが適用されるようです。

しかし今日発表された楽天モバイルの新規プランには驚きました。
私の場合データ量は月1GBも使いません。

楽天モバイルに変えると、月1GB未満は無料で、通話もRakuten Linkアプリを使った場合、完全無料とか。
月1GBをこえて3GBまでは月980円と激安です。

楽天モバイルはプラチナバンドといわれる繋がりやすい帯域がなく、場所によって使えない、という方が多いので、その点で移行するのを躊躇していますが、この安さは魅力です。

宮城県内や山岳地帯で使えるキャリアなのか、誰か使っている方の情報を伺いたいものです。
私の場合は自宅ではWi-Fiを使っていて、仕事中にスマホは昼休み以外一切見ません。
主に山歩きの時にGPSや天気、グルメ、温泉情報を得るために使っていますので・・・




  1. 2021/01/29(金) 19:06:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

防災ヘリ

昨日は泉ヶ岳に行ってきました。

大窪山を歩いた時に右膝の古傷を再び痛めてしまい、ようやく痛みが緩和してきたので、雪の上をどの位歩けるのか試す意味もありました。結果は下りで膝に捻りが入った時にズキっと痛みが走ります。もう少し本格登山は様子見です。

泉ヶ岳の賽の河原付近を登っていると、南からヘリコプターが飛んできました。

2021012601.jpg

山頂付近でホバリングしてホイストを出してから乗員二人がホイストに吊るされていったん降り、再び吊り上げられています。
おそらく救助訓練なのでしょう。

いったん山頂から離れて、また山頂上空に戻ってきましたので、ヘリの機体の表示されている文字を見たら「仙台市消防局」と書かれていました。

2021012602.jpg

山頂北西側の展望地に行くと鳥海山まで見えていました。
ここから見る船形連峰は何度みても感激します。

2021012603.jpg

無風快晴で春山を歩いているような感じでした。



  1. 2021/01/26(火) 21:09:44|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゆず君と過ごした5年8ヶ月

今日はゆず君とくるみちゃんの月命日です。

虹の橋を渡ってからくるみちゃんは4ヶ月、ゆず君は1ヶ月が過ぎました。
未だに賑やかだった猫たちがいなくなった寂しさは癒えませんが、ペットロスから立ち直り、ようやく猫のいない生活にも慣れてきました。

ここで心に区切りをつけるため、ゆず君との出会いと別れを振り返りたいと思います。

2015年5月6日、山形県寒河江市の猫の保護活動をされている方からゆず君をもらい受け、里親になりました。

2021012016.jpg

ゆず君ともう一匹の白黒猫〈仮の名前はゴマちゃん)は桜が満開の長岡山公園に捨てられていたそうです。
公園内で作業していた方々から昼はお弁当をもらっていたとか。
捨て猫が長岡山にいる、という情報を受けて猫保護活動をされている方が公園に行ってみると、二匹はフレンドリーに近づいてきて、そのまま抱っこして保護できたと聞きました。

初めて会ったゆず君は人懐こい、の評判通り、撫でてやると直ぐにお腹を出してゴロゴロ喉を鳴らします。
車に乗せるとマスさんの膝の上で大胆にも寝ていました。

2021012002.jpg

ハナちゃんと初顔合わせが済んで、意外に喧嘩にもならず打ち解けたと思いましたが、それは間違いでした。
3日後にハナちゃんが何度もトイレに入るので、心配になって病院に連れて行くと、ストレスから膀胱炎になったとの診断です。
神経質な先住猫のところに、新たに新しい猫を一緒にすると、かなりな確率で膀胱炎を発症するらしいです。
薬を飲ませたら膀胱炎はすぐに治り、しだいにゆず君との距離が縮まってきました。
追いかけっこと、軽いもみ合いでじゃれあっている事が多いです。
そして少し時間がかかりましたが、二匹は仲良しになりました。

2021012003.jpg

2016年8月、ゆず君の元気が急になくなり、ほとんど動けない状態になってしまいました。
病院での診断は猫白血病ウィルス感染症の発症により重度の貧血状態にあるとか。
この病気は治癒が困難で、出て来た症状に合わせた対症療法をするしかないですが、皮下点滴と抗生剤などの注射を行うと、ゆず君の病状は一気に改善しました。
しかしこの後、症状は一進一退を繰り返し、貧血状態が完全に収まるまで4ヶ月を要しました。
半年に一回血液検査を行う経過観察も必要になりました。

2021012017.jpg


ゆず君は去勢した雄猫ですが、急に盛りが付いてしまってハナちゃんに何時も付きまとっています。
ハナちゃんも避妊手術を受けているので子供ができる事はないのですが、去勢猫でも雄の本能が残っているらしく、困ったことにハナちゃんの首根っこを噛んで押さえつけようとします。
ハナちゃんにとっては痛く噛まれるようなので、毎度悲鳴を上げているのが可哀想です。
そんな理由からハナちゃんはゆず君のことを少し避けるようになってしまいました。

2021012004.jpg

2016年5月、ハナちゃんは口内炎が発症してしまいました。
ここからが大変。
体調が良くて餌を食べている時と、下痢や口内炎が酷くなって食べられない時が交互に出てきて、なかなか気が休まらない状態が2016年12月まで続きました。
ゆず君はそんなハナちゃんの体調の悪さが一切分かっておらず、ハナちゃんの事を追いかけ回すので、ハナちゃんに完全に嫌われてしまいました。
でも何故か追いかけっこが二匹とも好きなようで、家の中を攻守ところを変えて追いかける遊びは毎日やってました。
その攻守の切り替えが見えないところで行っていたので、未だに切り替えの瞬間がどうなっていたか謎です。

2021012005.jpg

長らく病気の治療を行っていたハナちゃんですが、12月27日・午前4時52分、私に看取られながら虹の橋を渡りました。
血液検査の結果は重篤な貧血だったようで、猫白血病ウィルス感染症エイズのダブルキャリアと分かりました。
口内炎が腫瘍になっていたようで、餌をほとんど受け付けなくなり、体重は3kgを割っていました。

2021012019.jpg

たった3年8ヶ月の短い生涯だったハナちゃん。
野良猫の保護はいろいろ難しいと実感させられました。

一人残されたゆず君。
ハナちゃんが急にいなくなったので、さぞかし悲しんでいるだろうと思っていたのですが、全然そんな気配はなく、寂しさを紛らわせるように人により甘えるようになりました。

2021012006.jpg

家にお客さんが来ると大喜びです。
撫でられるとゴロゴロ喉を鳴らしてお腹を見せてくれます。
それを宅急便の配達の方にまで行っていました。

ゆず君のお気に入りの寝床がここ。

2021012007.jpg

父親が高額なお値段で購入したマッサージ器の上です。
この姿を見てゆず社長だね、とマスさんと二人笑ってしまいました。


ゆず君のお仕事は庭に入ってくる猫を監視する事です。
雄猫がくると窓越しに唸りあって口喧嘩していました。
しかし雌猫がくると猫撫で声で呼んでいます。

2021012008.jpg

夫婦二人とゆず君一匹の穏やかな時間が過ぎていきました。

でも山に早朝から出かけて夜遅く帰宅するとゆず君はとても寂しそうにしていました。
玄関で帰りを待っているようです。

そこで雌の子猫を新たに家に迎えることにしました。
そして2019年10月12日、豪雨で甚大な被害を及ぼした台風来襲の間隙をぬって、くるみちゃんを山形に引き取りにいきました。

2021012009.jpg

やんちゃで遊び好きのくるみちゃんは、元々が大らかな性格だったようで、家に来て3日後にゆず君と対面させたら、その日の内に仲良しになりました。

2021012010.jpg

ゆず君は優しく、とても面倒見の良い猫でした。
くるみちゃんもゆず君のやっている事を観察して、その行動を真似していました。
来客の方にゆず君が最初に甘えると、それを見てくるみちゃんもお客さんに近づいていくことが多々ありました。

いつも二匹で寄り添っているのを見ると、こちらまで心が温かくなります。

2021012011.jpg

2020年の初夏。
コロナ禍で世の中が殺伐としていますが、猫との暮らしは穏やかに過ぎています。


しかしそんな幸せな日々は長くは続きませんでした。
2020年8月31日、くるみちゃんが急に餌を食べなくなり、よく観察すると呼吸数が多くなっています。
慌てて病院に連れて行きましたが、エコー検査やレントゲン検査の結果は胸にリンパ腫が発症しているとの事。
ゆず君が猫白血病ウィルス感染症キャリアなので、同じ病気のキャリアであるくるみちゃんを飼ったのですが、危惧していたことが起きてしまいました。

猫白血病ウィルス感染症のキャリアで悪性のリンパ腫を発症してしまうと、ほとんど助からないと聞いています。
体力がある猫なら抗がん剤治療で寛解させることもあります。
しかし胸水が溜まっている状態では対症療法しか出来ないとか。
抗がん剤治療を行ってよい結果が出ても、一般的な余命は7ヶ月しかありません。

くるみちゃんは呼吸がどんどん荒くなり、4時間に一度利尿剤を飲ませて胸水をおしっことして出す治療を続けました。
最後には在宅酸素まで行いましたが、治療の甲斐なく9月22日の早朝、くるみちゃんは虹の橋を渡っていきました。

2021012020.jpg

この写真は亡くなる4日前の9月11日朝、仕事に出かけるマスさんを見送りに玄関まで歩いてきたゆず君とくるみちゃんです。

2021012013.jpg

くるみちゃんの看病疲れで私は体調を崩してしまいました。
血圧が今まで経験がないほど上がりました。

悪いことはそれで終わりません。
くるみちゃんの看病に気を取られて、ゆず君の身にも病魔が襲っていることに気が付かなかったのです。

最初に気づいたのはマスさん。
ゆず君の右大腿部に大きな固いしこりを見つけました。

翌日、病院で診断してもらうと傷から炎症を起こしたようだとして、抗生剤と炎症止めの注射をしてもらい、在宅でしばらく注射を続けてもらって様子をみることとなりました。
その後、2週間が経ち、ゆず君のしこりはかなり小さくなり安心できました。

11月1日、ゆず君が急に餌を食べなくなったので、しこりの原因究明のためにセカンドオピニオンとして病院を変えてみました。
そこで判明したのはステロイド剤を続けて処方したために肝機能が悪くなっていて食欲がなくなった点です。

しかしその病院への通院は全て病院側の予約が取れた時間のみ、そして毎日通院しろ、と言われ、無理な話なので以前の病院に血液検査を持参して戻りました。

そんな状態なのでステロイド剤の処方を少し抑えねばならず、食欲は戻った反面、しこりは発見時以上に大きくなってしまいました。
併せて免疫機能が低下してきて、注射をした首の後ろの毛が抜け、皮膚は壊死を起こし始めて、今度は痒みが酷くなってきました。

今度は抗ヒスタミン剤の注射をして痒みを抑えます。
でも懸命の治療を行ってもしこりはどんどん大きくなり、肛門付近まで広がってきました。

ゆず君はこの頃からマスさんに今まで以上に甘えるようになりました。

2021012014.jpg

ここまで行くと総合どうぶつ病院しか対応できない状態のため、12月19日に紹介状を持って総合どうぶつ病院へ行きました。

そこでしこりの病理検査を行うため、一部小さく切開して組織を採取しました。
これがゆず君の命を奪うことになるとは思いも寄らなかったです。

12月20日の夜、寒いので布団の中に入っていたゆず君が失禁していました。
それからトイレに立つことも出来ず何度も失禁します。

翌21日の月曜日、ゆず君を慌てて動物病院に連れていきました。
体温が測定不能なほど低下しています。

帰宅後、ゆず君の身体を温めてあげましたが、どんどん呼吸が弱くなってきました。
そして12月22日午前0時、ゆず君は私とマスさんに見守られながら息を引き取りました。
くるみちゃんが亡くなったから3ヶ月しか経っていませんでした。

病理組織を採取した右足が3倍程度膨れています。
おそらく小さな組織採取時の傷が元で内出血を起こし、急激な貧血状態に陥ったと思いました。

その後、ゆず君の腫瘍は皮膚型の悪性リンパ腫との診断結果が示されました。
でもしこりは気がついたときに人間でいうとステージ4程度に大きくなっていたので、抗がん剤治療を行っても良い結果は得られなかったと思います。
抗がん剤治療で苦しめ、わずかに余命を延ばすことは人間のエゴでしかなかったでしょうから、苦しむ時間が短く虹の橋を渡れたのは、ゆず君にとって幸せだったのかもしれません。

今は天国で大好きなくるみちゃんと二匹で寄り添っているのでしょう。

2021012015.jpg

今まで第一期は7匹、そしてハナちゃんとゆず君とくるみちゃんを迎えた第二期の猫との生活を経験しましたが、大らかさ、穏やかさん、優しさ、人懐こさ、甘え上手な点においてゆず君がダントツでした。

ゆず君の温和な眼差しで見つめられると、嫌なことや悲しいことを忘れさせてくれます。
家に来たお客さんもお腹を出して甘えるゆず君にほとんどの方が魅了されました。
お盆に棚経をあげているお坊さんにも擦り寄っていましたよ。
ただ一人、動物嫌いと思われる営業の方がまったく相手をしてくれないので、ゆず君は当惑していましたが・・・

ゆずくんもいなくなって家の中の火が消えた感じです。
年末年始は何もやる気が起きず、山歩きに出かける意欲もなくなりました。

外出して家に帰ってくると、私の車を音を聴きつけて玄関で待っているゆずくんの姿はありません。
寒い夜に布団の中に入ってくるゆず君がいないと、極寒の夜はより寒さがひとしおです。

でもそんなペットロスも時が解決してくれるようで、今は亡くした悲しみより、ゆず君と過ごした心癒される日々を懐かしく感じるように気持ちが変化してきました。

そして、ようやくゆず君の思い出を記事にあげることができました

以前you tubeにアップした動画は一部曲が著作権の関係でブロックされたので、曲を入れ替えて新たつなげた動画に編集し直しました。またそれ以降の動画をゆず君目線で新規に作ってみました。

2本の動画はどちらも少し長尺ですけど、宜しければご覧ください。










  1. 2021/01/22(金) 21:19:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

大窪山周回

昨日、仏岩から大窪山を経て程沢山をぐるっと周回してきました。

仏岩南東側にある岩場に回り込んでみると、巨大な岩が突き出ていて、これが仏岩の名前の由来では? と感じました。

2021012201.jpg

大窪山から安達地区の南側の尾根に移ります。
以前牧草地だった斜面に恐らくブドウだと思いますが、苗木が植えられていました。

2021012202.jpg

この後、三等三角点の程沢山に寄り道し、296mから北側の林道に下りました。

今回は冬季休業中の渓流つり施設の大駐車場(40台駐車可)に車を停めて歩いたのですが、車に戻ると150m東側に住む地権者の方が偉い剣幕で歩いてきて、こっぴどく長々と怒られました。監視カメラで見ていたそうです。
どうも東側にある大きな建物の所から渓流つり施設まで、その地権者の私有地だそうで、その区間内に駐車する事はいっさい駄目との事。

渓流釣り施設の駐車場(冬季休業の看板の他、駐車禁止等の看板はなかったのですが・・・)以外に、車を駐車できるスペースは県道を曲がってすぐ左手に2台程度置ける路肩しかなく、その場合は車道歩きが長くなるので、この方面から入山はしない方が良いと感じました。(路肩駐車スペースの先に水道導水施設がありますが、その広場には駐車禁止と看板が掲示されていました。)

まあ勝手に駐車したこちら側に非があり、ひたすら詫びましたが、「登山は危ないから止めたほうがいい。」とまで言われたのは余計でした。

と言う事で本家ブログにアップする場合は、詳しい行程とGPSログは出さないつもりです。


  1. 2021/01/22(金) 17:54:01|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇場版 『岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』

コロナ禍が続き、感染拡大傾向にあるため、しばらく映画館に行くのを控えていました。
特に『鬼滅の刃』が国内の興行記録を塗り替える大ヒットになり、ロングラン上映されている状況から、感染リスクが高いと感じ、学校が冬休みの最中はまったく行く気にならなかったです。

そんな中、動物写真家の岩合光昭さんがまた劇場版の『岩合光昭の世界ネコ歩き』を製作しているのを聞き、公開を待ち続けていました。そして昨日マスさんと一緒に観てきました。

2021011901.jpg

今回のネコ歩きのテーマは『あるがままに、水と大地のネコ家族』です。

水の舞台はネコの家族と人の家族が一緒に暮らす、ミャンマーのインレー湖。
高原地帯にある湖には水上家屋が立ち並び、穏やかな時が流れています。

大地は北海道の牛舎が舞台で、ネコ達の一年の暮らしを撮影していました。
生まれ来る子猫と、親離れ子離れの様子など、とても興味深く拝見させていただきました。



今回はチャトラとサビ猫が多く登場し、ゆず君とくるみちゃんがスクリーンの中に帰ってきた感じがしました。
亡くした悲しみよりも、我々夫婦にとって、懐かしさを感じた特別な映画だったと思います。

この作品の評価は85点です。
テレビ画面でネコ歩きを鑑賞するより、大きなスクリーンでネコ達を見た方が画面に入り込めます。

ただストーリーはほとんど無いドキュメンタリー映画なので、ネコ好きな方以外はお勧めできませんよ。









  1. 2021/01/19(火) 16:20:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日帰り帰省

今日はマスさんがお休みの日でした。

年末年始は荒れた天気の日が続き、全国的に帰省が憚られる状態でしたので、マスさんの実家に新年のご挨拶に行くのを控えました。
しかし本日は実家に用事があったので、時期をずらして小正月の今日、短い時間ですがマスさんの実家に顔を出しました。

今日行かなかったら下手をすると初夏まで行けなくなる可能性が高いと感じていました。

新年のご挨拶と用事を終わらぜてから、毎年恒例の寒河江八幡宮にマスさんと初詣に行きました。
境内には誰もいません。

2021011501.jpg

今年が良い年であるように祈ってきました。

2021011502.jpg

穏やかな天気で良かったです。




  1. 2021/01/15(金) 19:11:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんと祭

今日のお昼ごろ、昨年のお札を焼いてもらうために賀茂神社へ行ってきました。
仙台では正月飾りやお札を御焚いあげする【どんど祭】が1月14日に行われます。

主要な神社で行っていて、私の場合は毎年賀茂神社へ行きます。
車道が片側だけ駐車帯になっていますが、車はかなり遠くに停めないと渋滞に巻き込まれて大変なことになります。

今年はコロナ禍で参道は空いていました。

2021011401.jpg

夜に火をつけるときは混雑して今のご時世避けたいですし、混雑するところは元々苦手なので、何時もお昼ごろに行きます。
その時間でも焚く正月飾りは山になっていました。

2021011402.jpg

しかし今夜の宮城県のコロナ感染者数は過去最高の数になったようです。
一日100人を超えたら間違いなく緊急事態宣言の対象地域になってしまうでしょうね。


  1. 2021/01/14(木) 23:58:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

石峰山

昨日は今年最初の山として雄勝の石峰山に行ってきました。

山頂からの展望はほとんど利かず、何の変哲もない里山ですが、山頂直下に鎮座する石神社に参拝するだけでも、この山に登る価値があると思います。

2020011201.jpg

人が横に立つとこの立っている岩の巨大さが良く分かります。
東日本大震災の地震にも耐えたご利益抜群のご神体でしょう。

以前展望が良かったTV中継局がある広場に行きましたが、北側直下の木々が伸びてしまい視界がかなり遮られていました。
それでも翁倉山は何時も通り見えています。

2020011202.jpg

今回は道のない尾根を東に下り、小富士山に登って袖浜に直接下る周回ルートを採りました。
詳しくは本家ブログに記します。


尚、マスさんから緊急連絡があった屋外の立水栓の水漏れですが、昨日夜の8時半まで修理を頑張った結果、本日確認したら水漏れは止まっていました。

ただしあくまで応急処置なので、親父が使っていた電気溶接機を倉庫から探し出し、穴が開いた箇所を溶接して塞ごうかと考えています。見つからなかったら溶接機をレンタルする事もできるようです。
因みに私は溶接作業も経験がありますので・・・

ネットでいろいろ調べてみると、立水栓を根元から交換する場合、工賃は最低で44000円もかかるらしく、暖かくなってから主に車の洗車にしか使ってない水道にかけるお金としては高すぎると思います。



  1. 2021/01/12(火) 23:41:58|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蜃気楼

今日は今年最初の山歩きをしてきました。
しばらくハードな登山をしていなかったので、いきなり雪山は避けた方が良いと感じ、のんびり山歩きできる雄勝に行きました。

朝、防潮堤が切れたところから海を眺めると江島群島が蜃気楼で浮かんで見えました。

2020011101.jpg

久しぶりに見ました。

山の件は明日の記事で少し触れますが、山頂で休んでいると、用事があって山に一緒に行けなかったマスさんから緊急連絡が入ります。

何でも屋外の立水栓の中からシューシュー音がして水が漏っているとか。
水抜き栓の場所を☎で教えて水抜きをしてもらい、私は急いで山を下りて帰宅することになりました。

帰宅してから蛇口を取り外してみると、蛇口の奥のエルボから水漏れしているようです。
四角いプラスチックのカバーを金のこで切断し、水漏れ箇所を点検してみると、鉄管が錆びて穴が開いていました。
今の水道管は塩ビ管ですが、昔は鉄や鉛を使っているのです。

エルボを外しにかかると、ネジ部分がさび付いていて全く回りません。
無理に力をかけて根元を破損させると収拾がつかなくなるため作業は中断。
これは水道修理業者にお願いするしかありません。

しかし差し当たって水がまったく使えない状態は困るので、応急修理を行うためにホームセンターへ行って防水パテとビニールテープを購入し、急いで帰宅して防水パテを外側と内側から広く塗りました。

それをドライヤーで少し乾燥させてからビニールテープを巻きます。
ただしまだ通水は出来ません・
防水パテが完全硬化するには24時間。最低でも4時間は柔いままです。

家にいても水が出ない為、炊事も出来ず、トイレにも入れません。
仕方なくマスさんと時間つぶしも兼ねて外食をしてきました。

食事の後、ダメ押しで漏水部分にゴムベルトを巻いたほうがより効果的と思い、またホームセンターに行って買ってきました。
暗くなってからゴムベルトをきつく巻いて、蛇口を取り付け、水抜き栓を開けると漏水は止まっていました。

少しの間、様子を見ながらこれで使ってみようと考えています。
水道工事業者には立水栓の縦パイプを錆びていないところまでカットし、ネジを切ってエルボを付けてもらうつもりです。
黙って工事見積を指せると、おそらく塩ビ管にすべて取り換えと言われるでしょうが、金属製のエルボが現在でも販売しているので、安くあげるように考えています。

先日はプリンターが壊れ、今度は漏水。
新年早々出費がかさんで大変ですよ。





  1. 2021/01/11(月) 23:21:36|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高過ぎて採れない(*´Д`)

今日も家で原稿の校正の作業を行っていました。
修正箇所が多くて苦戦(*´Д`)
いろいろ書き換えて何とかまとめました。

その後、森林公園を少し歩いてきました。

カメラを持って行って適当に気になるシーンをパチリ。

IMGP1191.jpg

連休なので歩いている人が結構いました。

IMGP1205.jpg

何気に木々を見上げてみると、枯れたコナラの木に乾燥したヒラタケが生えています。
傘の直径は15cmぐらいありそうな大物です。

IMGP1207.jpg

しか~し・・・・・・
地面から7mぐらいの高さに生えていてとても採れる状態ではありません。

アルミ梯子を持っていっても届かない感じです。
延長棒があるので、布テープで連結すれば採れるか???



  1. 2021/01/10(日) 18:39:19|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

納豆汁

昨晩はマスさんが納豆汁と牡蠣めしを作ってくれました。

2020010901.jpg

本来は七草がゆを食べる日なんでしょうが、私はお粥があまり好きではないので特別に作ってくれたのです。
ふっくら炊いたご飯が好きで、水っぽいお茶漬けは好んで食べたいと思いませんし、牛丼もつゆだくを注文したことはありません。

山形風の納豆汁は納豆の豆を完全にすり潰すので、とろみが凄いです。
納豆の風味が濃厚でこれは大好きです。
牡蠣もコストコで大粒のものを買ってきました。
冬にしか食べられない一品ですね。

今朝は洗面台の水道が凍結してしまいました。
仙台でマイナス8度の気温は30数年ぶりだそうです。
水抜き栓が屋外にあるのでお風呂に入ってから外に出て栓を締めるのが億劫でやる気がしません。
ただし湯沸かし器の水抜きだけはやっていました。

朝起きたら晴天で泉ヶ岳が見えていたので朝日の写真を撮りに高台まで行ってみました。

2020010902.jpg

大東岳と中山大観音も朝日に輝いていました。

2020010903.jpg

笹倉山も綺麗に見えました。

2020010904.jpg

笹倉山の右奥に栗駒山も見えていましたが、前景の建物が邪魔で写真に撮っても構図がイマイチでした。

本日、会社の経理業務と確定申告のまとめを出来る範囲すべて終わりました。
1月4日から手掛けてようやく目途がつきほっとしています。

そろそろ軽く山を歩きたくなってきました。
しかし一部に緊急事態が発出され、宮城県でもコロナの感染数が拡大傾向にあるため、緊急事態宣言が全国に発出されるか心配になってきました。




  1. 2021/01/09(土) 20:51:14|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついていない

1月3日までは家でうだうだ過ごしていました。
箱根駅伝の奇跡の大逆転には驚きました・

しかし今年は雪が多い。
日本海側の豪雪地帯の方に怒られそうですが、仙台で毎日雪かきに追われると嫌になってきます。
今朝もさらさらの新雪が積もっていました。

2020010601.jpg

4日から昨年末に気持ちが落ち込んで手が付けられなかった、会社の経理の仕事と確定申告のまとめ作業を行っています。
これやらないと1月末締め切りの年末調整の書類提出ができないんです。

その作業中、作成した書類を印刷していたキャノンのプリンターip8730が急に動かなくなってしまいました。
PCでエラー番号を確認するとB200の表示。
いろいろネットで調べて対処方法を探しましたが、結局メーカーに修理を出さないと直らないプリンターヘッドの故障のようです。

昨日まで何事もなく使っていたのに急に壊れるなんてついてないです。
購入した家電量販店に確認したらメーカーに量販店から送って修理となるようで、その場合はメーカー直接依頼より送料分の約3300円が安くなるとか。
まあ買うより安いのでお願いしょうと思っています。

猫たちがいなくなってブログ記事を書く気力も、山に行く動機も失せてしまいました。
まあこれは時間が解決してくれると思います。

他に書く事がないので、ウシ科のカモシカの写真をアップしておきます。
3点とも昨年出会ったカモシカたちです。

2020010301.jpg

2020010302.jpg

2020010303.jpg

各々、大舘山、蜂倉山、鷹の巣山で出会いました。



  1. 2021/01/06(水) 19:14:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お餅

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


寒波が襲来しており、新型コロナウィルス感染症の感染拡大基調でのため、初日の出登山には行かず、マスさんの実家へ年始のご挨拶にも行かず、恒例の寒河江八幡宮の初詣にも行きませんでした。

何をしていたかと言うと、しんしんと降る雪かきを朝から二度行い、後は家でのんびりTVを見ていました。

昨年愛猫たちが立て続けに虹の橋を渡って行ったので、どうも正月のおめでたい気分にならず、マスさんもおせち料理は僅かしか作りませんでした。唯一電動餅つき機でついたお餅を食べたのが正月らしかったです。

2021010101.jpg

しかし今年の冬は寒い!
ペットロスは克服しつつありますが、寒さとともに寒暖アレルギーの症状が(鼻水とくしゃみが止まらない)酷く、鬱陶しい状態が続いています。

コロナ禍が過ぎ去り、通常の暮らしが早く戻ってくればいいですね。



  1. 2021/01/01(金) 18:03:48|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (390)
登山 (551)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR