FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

元の鞘に収まる

昨日の夕方、ゆず君を従来のかかりつけ医に連れて行きました。
セカンドオピニオンを行った病院で行った診察結果を踏まえて、今後の治療方針を考えてもらうためです。

肝機能低下の件については、私の思い違いで、これまでステロイドの注射を続けてきた模様で、これは解決できる問題と分かりました。
それ以上にかかりつけ医が気にかけていたのは、血液検査で貧血の兆候が少し出ている事と、お腹の側にできた新たな腫瘍の件です。この腫瘍はステロイドの錠剤を飲ませると、大きさが小さくなることが私の感覚で分かっていますが、医師は要観察していかねばならないと断言していました。

セカンドオピニオンを行った病院の医師には、飼い主としてその腫瘍を非常に懸念していると伝えていたのに、触診もエコー検査もしてくれず、その点でも信頼するに足る医師ではないと思ったのでした。

急にゆず君が食べなくなったのは、肝機能低下と貧血の初期症状のためであろうと診断されました。
貧血は白血病ウィルス感染症由来のものなので、ステロイド剤を全く使わないのは出来ないとの事です。

その解決策として毎日ステロイドを処方せず、持続性のある注射を日にちを開けながら打つと決まりました。
抗生剤も今後は2週間に一度の注射になりそうです。

そして何も食べない時には皮下補液をして欲しいと、自宅でできるセットを出してもらいました。

で、昨晩からカリカリを通常の半分程度は食べてくれるようになり一安心です。
写真は夜に食べきったカリカリを朝に新たに出したところです。

2020103101.jpg

但し、ステロイドを減らした弊害か、ゆず君は身体の彼方此方が非常に痒いようです。
それにプラスして、セカンドオピニオンを行った病院で、化膿した部分にゲンタシン軟膏を塗れば良い、と言われて昨日病院からもらってきたのですが、塗りこんでみたら痒みがさらに酷くなり、見ていて可哀そうになるほどでした。
慌てて水に濡らしたティッシュで軟膏をふき取りましたよ。

今日は秋晴れの一日でした。

2020103102.jpg

マスさんは仕事が休みだったので、ゆず君とのんびり一日を過ごしたようです。
朝方寒かったために、慌てて炬燵を出しました。

昨年のこの時期、炬燵布団の上でゆず君とくるみちゃんが寄り添っている姿を思い出してしまいました。





スポンサーサイト



  1. 2020/10/31(土) 22:14:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

物別れ

今日はゆず君のエコー検査のために動物病院へ暗くなってから行きました。

セカンドオピニオンを行った病院では、食べなくなった原因を抗生剤の錠剤で胃が荒れたためでは、という診断結果から胃薬を頂いていました。それに肝機能を高める錠剤も処方されていました。

しかし月曜日から水曜日の今朝まで、ゆず君は何も食べてくれません。
おまけに今朝は大好きなチュールさえも舐めなくなってしまいました。
結局土曜日から4日半も全く餌を食べていないと言う事です。

さらに、お腹のたるんだところに二つ現れた丸いしこりがドンドン大きくなっています。

このまま抗生剤とステロイド剤を服用させないでいると、食べられないゆず君は致命的な脱水症状を起こしてしまう危険性があると感じ、素人判断ですが、抗生剤とステロイド剤の服用を、セカンドオピニオンを行った医師の指示に反して試してみました。
何故ステロイド剤を医師が反対するかと言うと、肝機能がさらに低下すると危惧しているためです。

でも食べない事のリスクの方がより高いと思うのですが・・・

で、本日のエコー検査の結果です。
内蔵にはリンパ腫などの腫瘍は認められませんでした。
ただし肝臓は少し炎症を起こしている感じ、だそうです。

しかし多発的に炎症を起こしている理由は未だにつかめていませんし、肝機能が良くならないと検査はできないそうです。

医師の指示に背いてステロイド剤をたった1回だけ飲ませたところ、本日の日中に10g強、カリカリを食べてくれました。
ゆず君の動きも活発になっていますし、今まで39度3分の微熱があったのも、今日計ったら38.7度と平熱になりました。

でも医師は納得しかねるようです。
餌を食べられない場合は、皮下点滴を行えば良い、と断言しています。
そして皮下点滴と適切な薬を与えるため、入院もしくは毎日の通院を求められました。

今日も予約時間から45分も遅れた診察となった人気病院です。
仕事の関係上、毎日予約の空きがある、不定期な時間に通院するなど不可能ですし、入院はゆず君のストレスを考えるとやりたくありません。入院すれば症状の改善がはかれる保証は一切ないのです。

こうなると見解の違いがあり過ぎて、完全に物別れの状況でした。

私的には皮下点滴をしていれば何も食べなくても問題がない、と言っている時点で付き合い切れないと感じました。
今まで餌を受け付けなくなり、脱水症状を避けるために皮下点滴を行うと、短期間でどんどんやせ細り、さらなる治療に耐えられなくなった愛猫を何匹看取っています。

結局、話し合いの結果、従来のかかりつけ医に今回の血液検査と、エコー検査の結果を教えて、今後の対応を考えてもらうと言う事になりました。

しかし動物の病気の原因を知ることは本当に難しいことなんですね。

全然関係ない写真を貼っておきます。
昨日の夕方、仕事帰りの時にみた夕焼けです。

2020102801.jpg

日の入りの時間が本当に早くなりました。





  1. 2020/10/28(水) 23:04:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

セカンドオピニオン

先週の金曜日に注射から錠剤にゆず君の薬を買えましたが、翌日から餌をほとんど食べなくなってしまいました。
昨日の夜まで食べない状況は緊急事態なので、月曜日に仕事を午前中休んでも動物病院に連れて行かねばならないと感じました。

しかし今までのかかりつけ医は炎症の根本原因が未だにつかめないでいます。
今まで抗生剤と消炎剤の注射を1ヶ月以上打ち続けてきて、多少腫れている部位は少なくなったものの、一番固くなったしこりの部分が全然治りません。
おまけに写真のように炎症を起こしている部位の毛がどんどん抜けて、かみそりで剃ったようになっていますし、微熱が続いています。
見た目には痛そうに見えますが、揉んでも全然痛がりません。

2020102601.jpg

これまで約15年間お世話になってきた動物病院ですが、流石に食欲がなくなった事態までなってしまったので、今回は病院を変えてセカンドオピニオンをする事にしました。

何処の病院にするかネットでいろいろ調べてみたら、HPにて腫瘍の疾患専門の動物病院を見つけましたので、朝8時半の診療前に病院に行ってみました。

しかしそこからが大変でした。
人気のある動物病院のようで、基本的に予約した方を優先的に診察するようです。
9時に問診カードに記載し、実際の診察が始まったのは午前11時半になってしまいました。
この間、ずっと車の中で待機です。
さすがにゆず君は飽きてしまい、キャリアの中でクゥーンクゥーン鳴いていました。

2020102602.jpg


今回はまず血液検査が必要との事で、採血して、その結果が出たのが午後12時40分。

血液検査で分かったのは、肝臓の数値と、血糖値が異常に高くなっている事でした。
その原因はよく分からないそうですが、下記の理由が考えられるそうです。
内蔵に腫瘍ができている場合、太り過ぎ、餌の問題、そしてステロイド剤を継続投与した場合も数値が高くなるとか。
しかしステロイドの投与に関しては、かかりつけ医からは一切聞いていません。

そして餌を食べなくなった一番の理由は、処方された抗生剤の錠剤が、胃の調子を悪くする場合が多いため、金曜日の処方された抗生剤とステロイド剤錠剤を与えるのはしばらく見合わせた方が良いと言われました。

取り合えず、炎症を抑えるために今回は、皮下点滴に1ヶ月効果が持続する抗生剤の注射を混ぜてもらい、肝機能向上のために強肝剤、そして胃薬の錠剤を頂きました。
肝機能が落ちている時に部分麻酔をかけて、炎症した組織を切り取り組織検査をするのは危険なためです。

そして二日後に内蔵と炎症部分のエコー検査を行う事になりました。

見た目の所見では、腫瘍が悪性なのか良性なのか判断がつきません。
原因が分かるまで時間がかかりそうです。

話は変わりますが、セカンドオピニオンを受けたこの度の動物病院ですが、診察料は従来のかかりつけ医の1.5倍強もかかりました。
しかしそれ以上に、以前、愛猫を麻酔投与で死なせた動物病院では初心にありとあらゆる検査をされて、その時支払った診察料が10万円という事もありました。

でも金額ではなく、飼い主としては大切な家族の病気が治ればいいんですよ。







  1. 2020/10/26(月) 19:00:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

半田山と万歳楽山

高い山は強風の予報のため、今日は福島県北部の半田山と万歳楽山に行ってきました。

半田沼から半田山を見上げます。
山頂付近の紅葉はほとんど終わっていました。

2020102501.jpg

万歳楽山は山頂付近の木々が伸びてしまい、南蔵王の展望はほとんど見えなくなりました。
でも第一展望台から摺上川ダムが望めました。

2020102502.jpg

紅葉のラインは標高の低い山に移っています。







  1. 2020/10/25(日) 18:52:02|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

映画 『TENET テネット』

『インセプション』や『インターステラー』などのクリストファー・ノーラン監督が巡行と逆行が同時に描かれる訳の分からない映画を創りだしました。それが『TENET テネット』です。
現在、『テネる』と称して、何度もこの作品を見に映画館に足を運んでいる方々がいると聞いていますが、何度も観ないと分からない難解な作品です。

あらすじ
ウクライナでテロ事件が勃発。出動した特殊部隊員の男(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捕らえられて毒を飲まされる。しかし、毒はなぜか鎮静剤にすり替えられていた。その後、未来から「時間の逆行」と呼ばれる装置でやって来た敵と戦うミッションと、未来を変えるという謎のキーワード「TENET(テネット)」を与えられた彼は、第3次世界大戦開戦の阻止に立ち上がる。




同じ映画を何度も観たくないので、今回はネタばれレビューを見て予習して上で映画館に行きました。
予習の甲斐もあって、複雑なプロットも大まかに理解でき、大胆なアクションシーンも楽しめました。
この監督、アクションシーンを実写で撮影する事に拘りを持っている方なので、その点では迫力満点で良かったです。

映画館を出た時には面白かったと思っていたのですが、その後、いろいろなシーンを反駁してみるとSF的には矛盾点満載で、今では評価がどんどん低くなっています。

ネタばれになるのでその矛盾点については書きません。
但し、タイムパラドックスは一切無視する前提に立った上で、時間の逆行を表現するのは反則技だと思います。

評価は75点。
私的には時間を遡ると言う点で、同じ監督作品の『メメント』の方が面白かったです。






  1. 2020/10/24(土) 19:22:39|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薬を変える

ゆず君の右腰部分の炎症が約1ヶ月も抗生剤の注射をしていても収まらないので、本日、動物病院に診察に行って、先生といろいろ相談し、治療方法を変えてもらいました。

2020102301.jpg

食欲はあって体重も落ちていませんが、腰の炎症部分が腫れて熱を持っています。
そして気にして舐めているため、現在はバリカンで刈ったように長さ10cm程度毛が禿げてしまいました。

触っても痛みはないようですし、1ヶ月前より腫れて固くなった部分が多少小さくなっているので、致命的なしこりではないようです。

新たな薬とは、手間がかかる自宅での注射の接種は打ち切り、錠剤にする事でした。
抗生剤の錠剤2粒と、今回初めてステロイドの錠剤1粒を処方してもらいました。

1ヶ月注射してみて、炎症を抑える効果があまり見込めなかったのと、膿が出ていない為、どうも皮膚病を疑った方が良いとの結論です。
個人的には私が山からヤマダニを家に持ってきて、お尻の毛が薄い部分を嚙まれたのではないか、と今は考えています。
先生は犬や猫の場合、目の周りや耳を噛まれる場合が多いので、それはないでしょう、と言っていますが、現実に南面白山から変えてきた私の服にダニが付いていました。

アレルギーの場合はステロイドが効果的なので、これで効き目があるかしばらく様子を見てみます。
尚、今回処方したステロイド剤は連続して飲ませても副作用は少ないと言われたので少し安心しました。

また先生は錠剤をチュールと混ぜて舐めさせると、猫は簡単に摂取してくれるよ、と言っていたので試してみたところ、全然違和感なく呑み込んでくれました。
これで無理やり口の中に錠剤を押し込む手間が無くなり良かったです。



  1. 2020/10/23(金) 21:58:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

月命日

今日はくるみちゃんの月命日でした。
亡くなってからまだ1ヶ月しか経っていないなんて信じられません。

元気いっぱいで賑やかなくるみちゃんの存在が、家の中を明るくしていたと本当に感じます。

2020102201.jpg

今まで何匹の猫を飼っていましたが、くるみちゃんほど明るくやんちゃな子は初めてでした。

今年は庭のシュウメイギクが沢山の花を咲かせています。
昨年は雑草の刈り払いの時に、かなり間引きしてしまったので、こんな花園にはなりませんでした。

2020102202.jpg

仕事が忙しく、体力的に疲れますが、身体を動かしている分、血圧が安定してきました。

明日はゆず君の診察の日です。
全然腫れ物が引かないので、治療方法を変えて欲しいと院長先生の相談しようと思っています。
どうも傷による化膿ではなく、何等かのアレルギーもしくは皮膚病なのかもしれません。



  1. 2020/10/22(木) 20:52:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

秋晴れ

一日中晴れていたのは何日ぶりでしょうか?

午前中晴れていても午後から曇り。
またはその逆の天気が続いていて、一年の内で晴れの日が多い印象の10月とは今年は違う感じです。

それでも今日は晴れましたね。

2020102001.jpg

空き地にはセイタカアワダチソウが花盛り。
この花が終わると晩秋です。

2020102002.jpg

しかし今はブタクサが咲く季節でもあります。
私はブタクサの花粉症も持っていて、このところ鼻づまりが酷く、とても鬱陶しい季節なんです。


  1. 2020/10/20(火) 17:22:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南面白山

今日は二口峠から面白山高原コスモスベルグまで縦走してきました。

紅葉がまだ見られるかな、と思って行ったのですが、主稜線の紅葉はほとんど終わりで、兜岩の紅葉が盛りでした。
この風景を見に行ったので、当初の予定は達成できました。

2020101801.jpg

小東岳は二口山塊でも一番奥まった位置にある山としてお気に入りです。
越えてきた糸岳から山王岳の稜線が一望できます。

2020101802.jpg

小東岳までは刈り払いが終了していました。
しかし猿鼻山の山頂南側の地点から南面白山までの区間は昨年以来刈っておらず、一部笹薮で埋まっていました。

猿鼻山の下りから南面白山を望みます。

2020101803.jpg

標高は低いながらも、ワイルド感溢れる山です。




  1. 2020/10/18(日) 19:35:26|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

甘えっ子

今日は午前中ずっと弱い雨が降っていました。
そんな訳で仕事は休みです。

私は現在も夜に睡眠が浅い状態が続いていて寝不足気味です。
未だにくるみちゃんを看病していた頃の生活パターンから抜け出ていません。

毎日血圧測定をしていて自分の血圧の状態が分かってきました。
寝不足プラス仕事の疲労が溜まった時に必ず血圧が高くなります。
そんな時は自覚症状があるので、一番弱い降圧剤を飲むようにしました。
毎日飲んでいると、たまに低血圧気味になるので、それは避けたいです。

本日の雨は自分にとって休養ができる日になりました。
かなり長い時間昼寝をして疲労感がぐっと減りました。

そんな中、一日私が家にいたのでゆず君は大喜びです。

2020101701.jpg

たった一匹で鎮まり返った家の中で留守番しているのは退屈なのでしょう。
くるみちゃんがいなくなってから、何か訴えかけるような子細い声で鳴くのは最近聞かれなくなりました。
少しづつゆず君もくるみちゃんロスから立ち直っているようです。

しかし私が寝ている横にくっ付いて喉をゴロゴロ鳴らしています。

2020101702.jpg

明日はマスさんが在宅しているので、今度はマスさんに甘えまくること確実ですね。


  1. 2020/10/17(土) 18:29:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雁戸山

仕事の都合がついたので、近場の雁戸山を歩いてきた。

お昼ごろまで晴れの天気予報に反して、午前10時ごろから急激に曇ってしまい、青空の下での紅葉が見られず残念。

でも曇り空ながらもここまで綺麗な紅葉が見られれば文句のつけようがありません。

2020101401.jpg

山頂直下から見下ろす蟻の戸渡り。
紅葉は主にミネカエデ中心。ドウダンの紅葉は散っていました。

2020101402.jpg

笹谷峠から登り、笹雁新道を下りました。
西茶畑から望む雁戸山の姿は何度見ても新鮮に感じます。

2020101403.jpg

奥羽山脈主稜線の紅葉は今週末が最後になるかもしれません。
それ以降はブナの黄葉を追いかけることになります。





  1. 2020/10/14(水) 20:38:33|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シュウメイギク

庭のシュウメイギクが一気に咲き始めました。

2020101301.jpg

とにかく増える花です。
どんどん勢力を拡大しています。

2020101302.jpg

それより不思議なのは白いホトトギスです。

2020101303.jpg

数年前、植えてもいないのに1本咲き始めて、今では庭のあちこちに増えています。

2020101304.jpg

植えても数年で無くなってしまう花もあえば、植えてもいないのに増えてくる花もある。
花の世界って不思議なものです。


  1. 2020/10/13(火) 22:51:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

1年前

今日はしとしと雨が降る一日でした。

しかし1年前は大型の台風が直撃し、宮城県でも河川が氾濫し甚大な被害が発生しました。
今でも丸森町では仮設住宅や、被災した家屋で生活している方々がたくさんいます。

でも我が家にとっては、くるみちゃんを山形に引き取りに行き、豪雨が降りだす直前で帰宅した思い出の日なのです。
その翌日のくるみちゃんは未だあどけない表情をしていました。
手のひらの上に乗せられる小さな子でした。

2020101201.jpg

くるみちゃんが存命していたら、1年目のお祝いをしていたでしょうが、今日も静かな一日を過ごしました。
賑やかだった子がいなくなってとても寂しいです。

ゆず君は悲しそうな声で鳴かなくなりました。
でも何時も二匹で見ていた外の様子を一人きりで見ていて、後ろ姿が可哀そうです。

2020101202.jpg

ゆず君の化膿した大腿部ですが、抗生剤の注射一種類を減らして一週間経ちました。
しかし一昨日辺りから腫れた箇所が再び大きくなってきました。

本日、また病院に連れていき、再びもう一本の注射を再開する事になってしまいました。
人間でも同様ですが皮膚の疾患は非常に治りにくいものです。

焦らず気長に治療を続けていくしかないでしょうね。
ただし食欲は旺盛で、一週間前に病院で測ったときより100g増えていました。



  1. 2020/10/12(月) 23:21:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

アミタケ

昨日の午後から時間ができたので、近隣の里山にキノコ狩りに行ってきました。

今年は岩手県ではマツタケが豊作との報道もあったので、多少期待して入山しましたが、生えているのはアミタケばかり。
食べては美味しい雑キノコですけど、狙いは別なキノコだったのでちょっと拍子抜けです。

2020101001.jpg

他にはハナイグチが少々。
ウラベニホテイシメジも5本見つけました。でも先週少しだけ採ったので今回は収穫しませんでした。

晩はアミタケとハナイグチ、そしてクリフウセンタケ少々を入れたキノコ鍋を食べました。
アミタケは煮ると色が紫になるのが特徴です。

2020101002.jpg

キノコを探していると、名前も食毒も一切不明のフウセンタケ科と思われるキノコが生えていました。
一か所に20本ぐらい群生しています。

2020101003.jpg

ラインで山友のみどぽんさんに聞いてみましたが、いろいろ調べていただいても正体は分からず終い。
私もキノコ図鑑5冊、そしてネット検索もいろいろやってみましたが、何者か結局分かりませんでした。

ネットでアップされていた画像にこれと非常に似ているキノコがアップされていました。
しかし名前はないキノコとして分類されていました。

日本においてキノコを研究している学者さんは非常に少なく、現在でも名無しのキノコがたくさん存在するそうです。
これもそんなキノコの一つかもしれません。






  1. 2020/10/10(土) 23:53:25|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

水引入道

今日は刈田峠から屏風岳を経て水引入道を往復してきました。

朝方は雲がどんどん湧き上がり、杉ヶ峰付近までガスで覆われていましたが、屏風岳の山頂に着くと一気に雲が飛び景色は開けてきました。

非常に滑りやすい屏風岳から水引平への下り。
その途中で水引入道を俯瞰します。
手前が黄色の紅葉、山頂付近は赤紅葉が見事です。

IMGP0049.jpg

水引平から屏風岳を見上げます。
一帯は黄色い紅葉が主体です。
この頃から晴れ間も見えてきました。

IMGP0083.jpg

水引入道の紅葉は宮城県では栗駒山に次ぐ美しさと思います。
紅葉だけじゃなく、屏風岳から南屏風岳に連なる爆裂火口が一望できるアルペン的な景観も魅力です。

IMGP0111.jpg

南屏風岳の壁は光の陰影が豊かで、手前の黄葉も見事でした。

IMGP0138.jpg

山の上は結構寒くなってきました。
これからは防寒装備も必要になっています。





  1. 2020/10/07(水) 22:40:14|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜の頃以来の東照宮

仕事の打ち合わせがお客様の都合で土曜日から日曜日に変更になり、打ち合わせが終わった後、その場所から近かった東照宮に立ち寄ってみました。

2020100601.jpg

桜が満開の頃を思い出しますが、今は参拝者も少なく静かなものです。

参拝して家内安全を祈願しました。
もう七五三の季節なんですね。

2020100602.jpg

駐車場の近くでいい香りがしていました。
良く見るとキンモクセイの香りでした。

2020100603.jpg

昨日はゆず君を病院に連れて行き、今日は仕事に使う資材の調達を行いました。

ゆず君に毎日打っている注射の数が1本だけになりました。
ゆず君の症状がかなり改善しているという証です。

ただし完治するまで今月いっぱいかかりそうだなぁ?





  1. 2020/10/06(火) 16:34:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゆず君がくるみちゃんロス

4年前にハナちゃんが亡くなった時にはほとんどハナちゃんロスにならなかったゆず君

しかし今回は違います。
急にくるみちゃんがいなくなったので、何時も何かを訴えかけるようにか細く「ミィー、ミィー」と鳴いています。
家の中を探し回るのは3日ぐらいで止めてしまいましたが、とにかく一人でいる事が寂しい感じなのです。

何時も二匹で並んで外を眺めていた窓から一人で寂しげにぼんやり眺めています。

2020100401.jpg

家で留守番していると、置いていた餌もほとんど食べません。
その反面、今までより人に甘えて、常に寄り添うようになりました。

撫でてあげるとこんな風に喉をゴロゴロ言わせて喜びます。



家族が揃った夜には餌を食べてくれるので、今までくるみちゃんと半分半分に注いでいた愛情をゆず君にだけ向けるようにしています。

2020100402.jpg

金のだしカップは今まで特別な時にしか与えなかったのですが、か細く鳴くともらえると分かったようで、こんな感じで催促してきます。

2020100404.jpg

ところでゆず君の化膿した右大腿部のその後ですが、ゆず君が気になって舐めるので、こんな感じで禿てしまいました。

2020100403.jpg

最初はかなり大きな範囲にしこりが出ていて、それを発見した時は悪性じゃないかと、夫婦でお通夜のように気が落ち込んでしまい、慌てて翌日病院に連れていきましたが、医師の所見では何らかの原因で化膿したと言われ安心しました。
それ以降、毎朝自宅でマスさんと共同して抗生剤と消炎剤の注射を打っています。

注射を打ち始めた当初はしこりの範囲が劇的に狭くなってきましたが、今は日々徐々に小さく柔らかくなっている感じです。
2回目のエコー検査をした時には、体液と腫れが混在している状態で、膿は出ていないという診断でした。
ただし腫れからくる微熱が続いているため、食欲は多少落ちています。
太り過ぎだったので良いダイエットと考えるしかないですね。

腫れが完全に引いて、毛が生えてくるまで、後1ヶ月はかかるかもしれません。

ついでに私の体調のお話。
一時期上が170、舌が110まで急上昇した血圧は、今朝起きて測ってみたら上110,下82の正常値まで下がっていました。
降圧剤を飲んでから24時間目の数値です。
夜に測っても同様の数値だったため、今朝から降圧剤を飲むのを止めてみました。
昨日の朝に降圧剤を飲んだら、血圧が下がり過ぎたみたいで、身体がふらつく感覚が出てきたための処置です。
これで血圧が落ち着けば良いのですが・・・



  1. 2020/10/04(日) 09:01:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

面白山

昨日は久しぶりにマスさんと二人で山に登ってきました。

今は栗駒山や三ツ石山が紅葉の盛りですが、遠い山に行く気にならず、近場の山でストレス解消を目的に軽く歩くつもりでした。

三沢山から見た面白山です。
紅葉は一週間程度早い感じです。

2020100301.jpg

山頂では船形連峰が一望できました。
一部の灌木は色づいています。

2020100302.jpg

帰りによってけポポラに寄り道して野菜と果物を買ってきました。
汗をかいて、身体も心も癒された一日でした。



  1. 2020/10/03(土) 15:38:56|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中秋の名月

昨日の晩は中秋の名月が見られました。
非常に明るいために、カメラの設定に気をつかい、撮影後のレタッチしてトリミングをした写真がこれです。

2020100201.jpg

そして今日はとても良い天気でしたね。
TVのニュースで栗駒山の紅葉が盛りを迎え、沢山の登山者が訪れていたと報道されていました。

庭ではピンクのシュウメイギクが盛りです。

2020100202.jpg

赤ジソの花が咲いています。
青ジソの実にスズメがたくさん来て、実を食べていましたが、ほとんど食べつくしたみたいで、今は来なくなりました。

2020100203.jpg

自身の血圧は朝に測るとほとんど正常値まで落ちました。





  1. 2020/10/02(金) 20:55:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

くるみちゃんと過ごした日々

くるみちゃんが虹の橋を渡っていってもう10日。

元気いっぱいで賑やかだった家の火が消えたように寂しさが募ります。

しかし何時までも悲しんでばかりいられないし、前を向いて歩いて行かねばならないので、くるみちゃんと過ごした345日の日々を写真でたどり、ここに備忘録として残してあげたいと思います。

尚、本ブログで何度も記載した写真と内容が重複しますがご勘弁願います。

愛猫のゆず君が人も猫も大好きな性格なので、もう一匹仲間を増やしてあげたいと、猫の保護活動家の方にお願いしておりました。
ただし一つだけ制約があります。
ゆず君が猫白血病ウィルス感染症のキャリアなので、陰性の猫とは同居できません。
白血病ウィルスはお互いに舐めあっただけでも感染してしまう、感染力の強いウィルスだからです。
但し、発症せずに天命を全うする猫も多いと聞いていて、そんなに心配する病気ではないと言われていました。

里親希望をお願いしてからかなり時が過ぎたある日、保護した母猫が猫白血病ウィルス感染症のキャリアで、出産間際で堕胎できなかった子猫が生まれたと連絡が入りました。
乳飲み子は飼えないため、生後50日の時に6匹生まれた子猫の一匹を引き取りました。
写真の鼻筋が特徴的なサビ猫が里親になった子です。

20191012.jpg

山形に引き取りに行った日は2019年10月12日でした。
この日は後に令和元年東日本台風と名付けられた台風19号が来襲してきた日で、宮城県でも各所で河川が氾濫し、多大な被害を及ぼした日です。

豪雨で山形道が通行止めになる直前に帰宅する事ができ、夜半に叩きつけるような大雨で不安な一夜を過ごしました。

連れてきた車の中で、不安そうな子猫の名前をマスさんがくるみと決めました。

翌日、ゆず君と隔離した部屋の中を偵察するくるみちゃんの姿がありました。怯えているのでは? と危惧していたのが杞憂に終わりました。

20191013.jpg

3日後、内外のドアの向こうでゆず君とくるみちゃんはお互いがとても気になっているようです。
そこで思い切ってご対面させてみました。
すると直ぐに鼻を突き合わせて猫同士のご挨拶。
あっという間に打ち解けてしまい、連れてきて6日後には同じ猫ベットの中で寄り添って寝るようになりました。

20191024.jpg

11月初旬、二匹はもう大の仲良しです。
ゆず君がとても世話好きで、常にくるみちゃんの事を気にかけています。

20191104.jpg

遊びと悪戯が大好きなくるみちゃんですが、寝ている時は天使を見ているようです。

20191122.jpg

12月中旬、自宅の石油給湯器が壊れてしまいました。
コンセントを入り切りすれば何とか使えるのですが、寒い屋外に出てのその作業は勘弁して欲しくなりました。
そこで業者さんを呼んで給湯器の交換をしてもらいました。

くるみちゃんは人が大好きで、知らない人が家に来ても直ぐに寄っていきます。
宅配便の方がチャイムを押すと、玄関に出迎えに走って行きます。

給湯器の取り換え作業中も作業の方の邪魔をしていました。


20191212.jpg

新年の始まり。
くるみちゃんが増えて、家の中は笑いが止まりません。
しかし悪戯ばかりしているので目が離せません。
特にビニール袋で遊ぶのと、ティッシュの箱からティッシュペーパーをぐちゃぐちゃに引き出すのには呆れました。

20200110.jpg

連れてきた当初はハクビシンを連想させる変わった毛並みだな、と思っていましたが、よく見るとそれがチャームポイントでとても可愛く感じるようになりました。

20200125.jpg

2月中旬、雪がほとんど降らない暖かい冬でした。
しかし寒い最中にも関わらず、野良猫は家の庭を徘徊しています。
それまで野良猫が窓の外にくると、ゆず君の後ろに隠れて様子を伺っていたくるみちゃんも、ゆず君が守ってくれているのが分かったようで、大胆に目の前で野良猫を見ています。

20200202.jpg

アマゾンの箱の中がゆず君のお気に入りの場所。
箱を一つだけ置いていくと、何時もゆず君に占領されていて、くるみちゃんは箱の中に入れません。
その点がゆず君は優しくないのです。
そこでもう一つ箱を並べてみたら、くるみちゃんはゆず君に邪魔されず、気に入って入ってくれました。

20200305.jpg

生後7ヶ月目の3月上旬、くるみちゃんの避妊手術を行いました。
術後に何ら問題がなく安心しました。

20200310.jpg

4月、温かくなってきて窓を開けたら、二匹で窓の外を眺める機会が多くなりました。
この時期はコロナ禍で外出もままならず、猫たちと一緒に過ごす日々が続きました。

20200327.jpg

くるみちゃんの母猫や兄姉猫は普通の短い毛並みなのに、くるみちゃんだけ長毛種のような感じです。
どんどん顎の飾り毛が伸びて愛らしくなっています。

20200407.jpg

5月、くるみちゃんは遊び疲れると、ゆず君に寄り添って甘えています。

20200519.jpg

5月中旬、この頃まで台所の椅子で指遊びをするのが好きなようでした。
椅子の上下左右から指を出すと、すぐに飛びついてきます。
この時も遊んで、と催促してきました。

20200520.jpg

くるみちゃんは私が風呂に入ると、必ず風呂のドアの前で待っていて、ニャーニャー早く出てと催促していました。
その後は決まって私に抱っこされたまま寝室に入り、特製の猫じゃらしで遊ぶのを楽しみにしていました。

20200523.jpg

6月、庭の梅の木にたくさん実がつきました。
脚立を立てかけて採取し、段ボール箱に実を入れると、もの珍しそうに梅の実を調べていました。

20200608.jpg

ゆず君は動物番組にあまり興味を示しませんが、くるみちゃんは動きが早い動物の映像にとても興味を示します。
この点は以前飼っていたハナちゃんも同じでした。

20200615.jpg

7月、以前ガチャガチャで取得した猫用の帽子を被せてみました。
やはり嫌なようで変な顔をしています。
すぐに帽子を外しました。

20200705.jpg

私がトイレに入ると、くるみちゃんは直ぐにトイレの引き戸を開けてくれと催促します。
少し開けると早速トイレに飛び込んできて、私の膝の上に飛び乗ります。
そこからしばらくは用を足すことができません。
くるみちゃん、と呼ぶとニャーニャー大きな声で答えてくれます。
そしてお腹を撫でてあげると喉をゴロゴロ鳴らして喜んでくれるのでした。

20200706.jpg

7月中旬、今までまったく興味を示さなかった粉末のマタタビが大好きになりました。
大人になってきた証拠でしょうか。
爪研ぎの上にマタタビを蒔くと、ゆず君と二匹で喜んで舐めまわします。
そして最後に敷物を滅茶苦茶に引っかき回すのです。

20200711.jpg

遊び好きなくるみちゃんにマスさんは沢山おもちゃを買ってきて与えました。

その都度、おもちゃで遊んでは何処かへ無くしてしまいます。
探してもなかなか見つかりません。
でもいつの間にか無くなったおもちゃを咥えて運んでして、自分の寝ている近くに並べているんです。

20200721.jpg

7月下旬、長雨が続いています。
この時の体重は3.8kgまで増えました。
少しだけ大人の風格が出てきた感じです。

20200725.jpg

8月に入ると寒かった7月から一転して猛暑となりました。
長毛で暑そうなので、お腹の毛を少し刈りました。

20200801.jpg

そして運命の8月下旬。
これまで元気だったくるみちゃんが急に食べなくなり、9月初旬に恐れていたリンパ腫が発症している事が分かりました。
6月までくるみちゃんの母猫と兄姉猫3匹が、相次いで呼吸器系の疾患で虹の橋を渡ったと聞いていたのですが、楽しそうに過ごしているくるみちゃんにそんな魔の手が近づいているとは想像もしなかったのです。

そして本ブログでご報告の通り、9月22日の未明、くるみちゃんは静かに息を引き取りました。

愛らしく可愛いくるみちゃんがいなくなるとは想像もできない事でした。

20200812.jpg

今は虹の橋の向こうで母猫に甘え、沢山美味しいものを食べ、こんな風に健やかに眠っている事でしょう。

20200813.jpg

たった1年1ヶ月の短い生涯を終えたくるみちゃん。
今もくるみちゃんロスは癒えずショックが続いていますが、345日一緒に過ごした記憶は絶対に忘れないと思います。
くるみちゃんが元気に生きた事を思い出してあげることが一番の供養なのでしょう。

最後にくるみちゃんの愛らしさや、可愛さが満載の動画を作ってみました。
かなり長尺の作りなのですが、興味のある方は是非くるみちゃんの在りし日をご覧ください。







  1. 2020/10/01(木) 21:37:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (390)
登山 (551)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR