FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

イワウチワ

今日はある里山にてイワウチワを見てきました。

2020033101.jpg

今がちょうど見ごろで斜面全体に咲き誇っていました。

2020033102.jpg

カタクリが満開になるのは、もう少し先のようです。



スポンサーサイト



  1. 2020/03/31(火) 23:20:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

高館山

今日は雪降る仙台から、日本海側の高館山まで車を走らせ、春に咲く花々を堪能してきました。

前夜の雨でカタクリやキクザキイチリンソウの花弁は閉じていましたが、ミスミソウは満開でした。

2020032901.jpg

今回は高館山に春に咲く花々のすべてが見られた感じです。

山頂広場ではオクチョウジザクラが綺麗に咲いていました。

2020032902.jpg

午後1時半ごろから晴れてきたのですが、それ以前も月山と鳥海山はずっと見えていました。




  1. 2020/03/29(日) 22:05:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

外を見るのが好き❣

春めいてきて猫たちの動きが活発になっています。

二匹で追いかけっこをして楽しんだ後は、網戸越しに外の景色を二匹で見ています。


2020032801.jpg

北側の窓の狭い隙間からもこんな感じで外を眺めます。

2020032802.jpg

しかし昨晩、気性の洗い八割れの猫がゆず君と窓越しに喧嘩して起こされてしまいました。
その猫は窓ガラスに凄い勢いでアタックしてくるので、それが網戸だったら破られてしまうと今から心配です。

ところでベルギーにて、新型コロナウィルスに感染した飼い主から愛猫にウィルス感染したと報道がありました。
その猫は下痢と吐き気、そして呼吸困難の症状がでたそうです。

イヌにも移るという話もあり、人類だけではなく、動物にも脅威を現すウィルスといて、今後のさらなるパンデミックが一番心配です。



  1. 2020/03/28(土) 22:43:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

地蔵森山

昨日は前日に仕事が予定より早く終わったので、休みを取り山に行ってきました。

場所は月山の本道寺登山口より月山山頂までの中間点にある地蔵森山です。

今年は雪が少な過ぎてスキーは使えないことが分かっていたので、今回はスノーシューを使いました。

詳しい内容は本家ブログに記しますが、たどり着いた山頂からの絶景には驚きました。
夏道が山の南斜面を横断していて、山頂まで道がないので、どんな景色が待っているのか興味津々でした。

山頂からは月山が目の前に凄い迫力で見えています。

2020032701.jpg

月山より南側にある山なので、朝日連峰が横広がりに連なっていて見事でした。(クリックで拡大)

2020032702.jpg

湯殿山神社へ下ってきたら、境内の一角がフクジュソウの花畑のようになっていました。
これって自生していると思います。

2020032703.jpg

雪庇が崩壊しているところが多く、藪漕ぎで通過しなければならず、結構大変な山でした。




  1. 2020/03/27(金) 18:35:22|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農業園芸センター

昨日は仕事の昼休みの時間に、仙台市農業園芸センターに行ってみました。


2020032601.jpg

今は梅が満開を少し過ぎた感じです。

2020032602.jpg

風が強い状態でしたが、たくさんの方が来場されていました。

2020032603.jpg

昔あった温室を今でも思い出してしまいます。
津波で被害を受けて取り壊されてしまいました。

2020032604.jpg

ビオラが綺麗に植栽されていました。

2020032605.jpg

昼休みの時間なので、あまり長居ができなかったのが残念です。


  1. 2020/03/26(木) 21:24:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

活発( `ー´)ノ

くるみちゃん、避妊手術で縫った腹膜の糸が融けてきたようで、以前のように活発に動き回るようになりました。

ゆず君と取り合いになっているお気に入りの箱に入ってご満悦!

2020032401.jpg

ハナちゃんの時もそうでしたが、病院で怖い目に遭った後は、非常に甘えてくるようになります。
最近は私にべったりくっついてくるようになりました。

相変わらず高いところに平気で飛び乗ります。

2020032402.jpg

何時もふさふさの尻尾を上げて楽しそうです。



  1. 2020/03/24(火) 20:47:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

春の花が咲く

昨年のブログ記事を確認したら3月27日にキクザキイチリンソウが咲いた記事をアップしています。

今年は一昨日に庭のキクザキイチリンソウが咲きました。

2020032301.jpg

雪が少なく暖冬と言っていながら一週間早く咲いただけです。

2020032302.jpg

野草は暖冬でもそんなに開花時期が変わっていないようです。

しかし梅は満開です。
木の花は10日ぐらい早く花を咲かせました。

2020032303.jpg

馬酔木も白花が咲いて、ようやく紅白に咲く状態が見られました。

2020032304.jpg

カタクリはようやく蕾が頭を上げてきました。
暖かい日が数日続けば咲くでしょうね。




  1. 2020/03/23(月) 20:02:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

戸神山

昨日の暴風が今日になって少し和らぎ、里山でも歩いてくるかと言う気持ちになり、近場の戸神山をぐるっと大回りして歩いてきました。

白沢峠からスタートして泉口ため池に下り、加沢ため池から女戸神山の西側へ登ります。
ため池から見た戸神山は結構尖っています。

IMGP4675.jpg

途中で見た花はショウジョウバカマ数輪。

IMGP4686.jpg

イワウチワも蕾は固く、たった2輪だけ花開いていました。

IMGP4698.jpg

山頂に着いた頃は急激に曇ってきて、下山した後は雨がザーザー降ってきました。
風も木々がゴーゴー鳴るほど強かったです。



  1. 2020/03/21(土) 20:59:05|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仏岩から大沢山周回

昨日は仕事が空いたので、秋保周辺の山を歩いてきました。

私が選ぶコースなのでかなりマニアックです。
細野原から仏岩に登り、名取幹線の送電線巡視路を歩いて県道160号に出てから、大沢山を経由して細野原に戻りました。

はっきり言って人には勧められないルートです。
展望はほとんど利かず、マツの植林地歩きばかりの工程でした。

写真は大沢山東側から蔵王方面を見たところです。

2020032001.jpg

仏岩をはっきり見られるポイントはありませんでした。

2020032002.jpg

花はいっさい咲いていなかったです。
しかし天気が良く、いい汗をかけました。








  1. 2020/03/20(金) 22:33:41|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軽く飲みに行ってきました

昨日は以前勤めていた会社の先輩と、夜に軽く食事をしてきました。

新型コロナウィルスの影響は小さな居酒屋ではあまり感じません。
結構お客さんが来ていました。

2020031901.jpg

仙台牛の石焼きなど美味しい食事に舌鼓を打ちました。

2020031902.jpg

久しぶりに飲んだ後のラーメン。

2020031903.jpg

満腹です。

ところで国分町の人出は少なかったです。
帰りのバスも空いていました。


  1. 2020/03/19(木) 20:45:46|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自粛

先週の13日・金曜日、仙台 darwinで行われる「KIRINJI TOUR 2020」の公演が延期になってしまいました。

今、営業自粛を求められているライブハウスでの公演だったので、延期は致し方ありませんが、昨年の秋から楽しみにしていたライブが見られなくなって残念です。

KIRINJI は今年いっぱいでバンドとしての活動を終了し、以後KIRINJIは、堀込高樹を中心とする変動的で緩やかな繋がりの音楽集団(現在のメンバーも含まれます)として活動していくことになるそうです。

『KIRINJI TOUR 2020』が楠均、田村玄一、千ヶ崎学、弓木英梨乃、堀込高樹の5人によるKIRINJIの最後のツアーとなる予定でしたので、何とか新型コロナウィルスの感染が終息し、開催にこぎつけて欲しいと思います。

最新アルバムの『cherish』が非常に完成度の高い出来だったので、それをライブでどう再現するのか見定めたいです。

そのアルバムから一曲MVを貼っておきます。
killer tune kills me feat. YonYon




ご覧になった方はびっくりしたでしょう。

何と東出昌大と不倫していた唐田えりかが使われています。
この曲が発表された後に不倫が発覚した訳ですが、改めて聞いてみると、東出と別れた後の唐田の心象を現しているようで、とても不思議な感じがします。

夜のドライブでこの曲を聴くと最高です。


話は変わって、先週の14日・土曜日は山形で山仲間との新年会(遅い)を予定していました。
これも一か月前に中止。
何時飲み会ができるか全然決まっていません。

4月に予定していた仲間との食事会の日程も未定です。

ここまで国民すべてに自粛ムードがまん延すると、今後の経済活動はどんどん縮小してしまいますね。
困ったものです。



  1. 2020/03/17(火) 21:15:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたカモシカに遭遇

今日は七ツ森を歩いてきました。
北西風が強く、山の上は寒かったです。

それでも撫倉山から南川ダム湖と船形連峰が一望できました。

IMGP4446.jpg

蜂倉山に差し掛かるとカモシカがいました。
木の後ろに隠れて、近づいてくるカモシカを撮影。

IMGP4467.jpg

花に関しては一週間から10日後が見ごろになりそうな感じでした。




  1. 2020/03/15(日) 22:24:49|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

抜糸

朝一番でくるみちゃんを病院に連れて行き、避妊手術で縫ったお腹の抜糸をしてもらいました。

2020031301.jpg

くるみちゃんは病院に連れて行かれるのが怖くなったようで、キャリアの中で震えていました。

しかし抜糸の処置は簡単に終わり、帰宅してキャリアから出したら脱兎のごとく部屋の奥に逃げて行きました。

ところで昨日の朝の話ですが、寝ている布団の中に入ってきたくるみちゃんの下半身がびちょびちょに濡れています。
テーブルに乗せた猫用の水がかなりこぼれていたので、そのせいで濡れたと思っていたのですが、昨日、仕事から帰ってきて浴室内を見たら、風呂の蓋が浴槽の中に落ちています。

どうもくるみちゃんは浴槽の蓋を動かして、水をはっている浴槽内に落ちてしまったようです。
浴室入口のバスマットがだら濡れになっていて、そこで濡れた毛を拭いた模様です。

しかし水の中に落ちてからどのようにして脱出したのでしょうか?
風が強い晩だったので、風で浴室入口のドアが開いてしまったようで、今後はくるみちゃんが簡単に入れないように、鍵をつけるしかないようです。


  1. 2020/03/13(金) 21:16:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

徐州楼

現在、街の中で仕事をしていてバスで通っています。

仙台市でもテレワークで仕事をされている方が多いのでしょうか?
朝のラッシュ時の車の量が少ない感じがします。

そういえば昨日と一昨日、仕事で使う工具を探してホームセンター4店舗を巡りました。
その工具は見つかったのですが、何処の店舗もトイレットペーパーが売り切れ状態でした。
未だにパニック買いの状況が続いている感じです。

春の選抜高校野球が中止になってしまいましたね。
これは選手や関係者の感染リスクを考えると致し方ないと思います。

一人でも感染者が出た場合、主催者である毎日新聞と高野連のトップは責任を取れるのでしょうか。
それ以上に感染者が出た時に、名前は公表されないでしょうが、選手の氏名や顔がTV中継で明かされてしまうために、SNSなどで炎上騒ぎを起こしてしまうリスクが多いにあります。
それって新型コロナウィルスに感染した以上に恐ろしい事ですよね。

ところで街に出たので昼食は久しぶりに徐州楼でラーメンを食べてきました。

2020031101.jpg

30歳台の頃は全然美味しく思わなかったラーメンですが、今は温和な味が非常に好みです。

何時もは結構混雑するお店なのに空いていました。
これも新型コロナウィルスの弊害ですかね?




  1. 2020/03/11(水) 21:34:59|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 『ジュディ 虹の彼方に』

新型コロナウィルスの感染拡大でエンタメ業界はライブが開催できず延期になったり、公演自体が中止になってしまったり大変な事になっています。

そんな中、私がよく行く映画館は座席を一つずつ離して鑑賞券を販売したり、お客さんが座った座席を映画終わった後に念入りに清掃するなどの対応をしている模様です。

そしてこの度、アカデミー賞主演女優賞を獲得した映画『ジュディ 虹の彼方に』を見に行きました。

『オズの魔法使』『スタア誕生』で知られる女優・歌手のジュディ・ガーランドを、『シカゴ』などのレネー・ゼルウィガーが演じた伝記ドラマです。

あらすじ
ミュージカル映画のスターだったジュディ・ガーランド(レネー・ゼルウィガー)は、遅刻や無断欠勤を重ねた結果、映画のオファーがなくなる。借金が増え続け、巡業ショーで生計を立てる毎日を送っていた彼女は、1968年、子供たちと幸せに暮らすためにイギリスのロンドン公演に全てを懸ける思いで挑む。




ジュディ・ガーランドはハリウッドの黄金期に活躍した女優ですが、私は年代的に一番輝いていた時代を知りません。
かなり経ってから『オズの魔法使』と『スタア誕生』を見ました。
今見ても『オズの魔法使』は夢が溢れる作品で、ミュージカルの金字塔と言っても良いでしょう。
その後、彼女は1969年に睡眠薬の過剰摂取で47歳の若さでお亡くなりになるのですが、それも後で知ったことです。

今回の作品は彼女は逝去する半年前のロンドン公演のお話だそうです。
その時代の彼女のことは全く知らないので、ジュディ・ガーランドについてネットで予習してから鑑賞しました。

それは正解でした。

この作品は『オズの魔法使』を撮影した頃と、ロンドン公演の二つの時間軸で話が進行します。
『オズの魔法使』の撮影は17歳の少女にとって過酷極まりないもので、太りやすい体質が故に、当時は合法だった覚せい剤をずっと飲まされていたのです。
映画ではこの点はオブラートに包んで表現していたので、ずばり出して欲しかったです。

覚せい剤の副作用でジュディは不眠症と統合失調症に生涯悩まされます。

その事を知らないで、ロンドン公演時の彼女を見たら、すぐヒステリーを起こし、仕事をすっぽかす、とんでもない中年女性のイメージしか湧かないでしょう。
彼女は生涯で5人の男性と結婚しますが、心と身体が病んだ状態での結婚生活は長続きしないのは仕方ないことだと感じました。

こんな話を聞くと、嫌らしい女の映画の何処が良かったの?
という話になりますが、嫌々ながらもステージに上がり、歌い出した途端にジュディは光輝き、まったく別な顔を見せるのです。

ジュディ・ガーランドを演じたレネー・ゼルウィガーは半年も歌と踊りのレッスンに励み、見事にジュディ・ガーランドになり切っていました。歌を聴いて鳥肌が立ったのは久しぶりです。

そしてラストの一曲には自然に涙が流れていまいました。

ハリウッドの栄光の影に犠牲になった一人の女性の生きざまが見事に表現されていたと思います。

評価は90点。
映画館は空いていましたよ。
こんな新型コロナウィルスの問題がでている時に封切りされたのは残念です。








  1. 2020/03/09(月) 21:31:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

品倉山

今日は月山の品倉山に行ってきました。

朝方は品倉山より標高の高い山は雲がかかり、生憎の天気でしたが、頂稜にでると空が一気に晴れ渡り月山の雄姿が望めました。

2020030701.jpg

南東側に聳える湯殿山の山頂には多くの登山者の姿が見えました。

2020030702.jpg

日焼けで顔がヒリヒリします。




  1. 2020/03/07(土) 23:42:56|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

だいぶ元気になりました(*^^)v

昨日、避妊手術を行い、少し元気がなかったくるみちゃん。

流石に縫ったお腹が突っ張るのか、痛いのか? 高い所に登ろうとすると失敗します。
でも抱っこすると喉をゴロゴロ鳴らして甘えてきますので、その点では普段通りのくるみちゃんに戻りました。

2020030501.jpg

しかし何時もは元気に走り回っていますが、寝ている場面も多かったです。

2020030502.jpg

食欲は結構ありますね。



マスさんが新しい爪とぎをネット通販で購入しましたら、さっそく使っています。



遊ぶ意欲もでてきたようです。
でもまだ縫った跡がくっついていないので、派手に動くのは駄目でしょうね。





  1. 2020/03/05(木) 22:34:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

避妊手術

生後6ヶ月半のくるみちゃん。
体重は2.5kgになりました。

2020030401.jpg

雌猫なので大人の身体になる前に避妊手術が必要と獣医師に言われていました。
猫の場合、8~10ヶ月から子供を産める状態になるため、ホルモンバランスを考えると生後6ヶ月ぐらいで避妊手術を受けるのが身体に負担がかからないそうです。

来週から仕事が忙しくなるため、本日避妊手術に連れていきました。
見た目はまだ子供で小さいので可哀そうになってしまいますが仕方ないですね。

2020030402.jpg

朝一番に病院に連れて行き、午後に手術を行うそうです。
朝ごはんを食べさせないで連れてきて、と言われていたので、ゆず君にご飯を出す関係上早めに家を出ました。

そして夕方くるみちゃんを迎えに行きました。
手術前に少し大騒ぎしたそうですが、無事手術は終了。
摘出した卵巣を見せていただきました。
やはり手術をするタイミングはちょうど良かったそうです。

そして連れ帰ってくると、まだ麻酔が効いているためフラフラ歩いています。
階段も登れない状態なので抱っこして階段を登って行くと、くるみちゃんは震えていました。
よほど怖かったのでしょうね。
活発な猫だけど、意外に小心なんです。

亡くなったハナちゃんの場合、山形で避妊手術を受けましたが、手術後4日経って重篤な状態になってしまいました。
その経験があるため、くるみちゃんの手術は少し心配だったけど、血液検査の結果を見ても全然問題ないとの事で少し安心できました。

一週間以上経ってから抜糸の必要があり、また動物病院に連れて行かねばなりません。

数日はこんな飛び跳ねる遊びはできないかもしれませんね。



ところで、今この時期を書いている途中、くるみちゃんがカリカリを食べて、その後おしっこをしています。
麻酔が覚めてきたようです。

その状態を見てさらに安心できました。





  1. 2020/03/04(水) 18:22:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

竜ノ口渓谷

青葉城の南側、八木山橋の下を流れる竜ノ口渓谷の完全遡行を目論んで入渓しましたが、見事に撤退を余儀なくされました。

2020030101.jpg

仙台駅から西に2kmしか離れていない場所に、仙台の隠れた秘境・竜ノ口渓谷があります。
流域は短いですが、浸食が進み、両岸の高さは最大で70mの深い渓谷を作っています。

今まで八木山橋の下までしか歩いたことがなかったので、渇水期の今なら簡単に源流まで行けるだろうと思い入渓してみました。

こんな両岸が切り立った風景は竜ノ口渓谷ならではです。

2020030102.jpg

途中から長靴では遡行は無理と聞いていましたので、今回は冬場にも関わらず途中から沢靴に履き替えました。
そのゴルジュを見てびっくり!

手前に土砂が溜り、土砂ダムのような感じになっていて、従来より遥かに水深が深いようです。
でも膝上20cmぐらいまでなら寒さに耐えられると考えてゴルジュに突入しました。

結果、30mも行かないうちに「これは無理!」と断念。
拾ってきた棒で水深を測ると、完全に私の腰より深い状態です。
これでは場所によっては胸丈まで沈んでしまうでしょう。

2020030103.jpg

渇水期の暖かい時期に挑戦は延期することにしました。

これでは消化不良のため、青葉の森の駐車場に移動し、渓谷の上部を歩いてみる事にしました。

苦労して地下鉄東西線のトラス橋にたどり着きます。

2020030104.jpg

ここから八木山動物園方面に至る分岐までは人が歩いた足跡がたくさん付いていました。
両岸の崖も低くなっています。

2020030105.jpg

簡単に源流まで遡行できるかな? と思ったらそれは甘い期待でした。
おそらく昨年の台風19号の豪雨の影響と思いますが、両岸の至る所が崩落し、同時に落ちてきた倒木が沢を埋めて、その突破に時間がかかりました。

竜ノ口渓谷の源流はゴルフ練習場の法面ですが、その場所は地形図から読み取ると鍋の底のような切り立った場所のようです。
そこで沢からの脱出場所を左右確認しながら歩いていたら、左岸に一部崩落は見られますが、古い遊歩道を発見しました。
踏み跡は顕著で杭にトラロープの手すりがずっと付いています。

登り切った雑木林の中に古いフィールドアスレチックの遊具が半ば壊れて放置されていました。
どうもここは90年代に存在した青葉山ジャルダンのようです。

2020030106.jpg

結局、1kmぐらいの区間が未踏に終わってしまったので、再チャレンジするつもりです。





  1. 2020/03/01(日) 22:20:27|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (328)
写真 (65)
花 (379)
登山 (546)
音楽 (35)
映画 (159)
猫 (265)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (216)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (19)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR