FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

きのこ展

栗駒山で左膝の古傷を傷めてしまい、昨日はキノコ狩りへ行くのを止めて家で養生していました。

そして本日。
意外に雨は降らず、日差しもあって暑さを感じる日になりましたが、かねてから予定していた第51回キノコ展を見に行きました。

その前に腹ごしらえで山形から来たモンキィさんとtammyさん、そしてマスさんと一緒にクマリでインドカリーを食べました。
このお店のカリーは何度食べても美味しく感じます。

2019092901.jpg

そしてちょうど午後1時にきのこ展の会場になっている仙台市科学館に入場。

2019092902.jpg

キノコを見る前に東北大学 理学研究科准教授の木野 康志先生の『きのこの放射能汚染』の講演を聴きます。

2019092903.jpg

これは東京電力 福島第一原発の事故で飛散した放射能汚染が現在までどんな推移をしているのか分かり、山へ毎週入っている私にとって、とても参考になる講演なんです。

結論から言って、汚染地域の空間線量は半減期を過ぎたセシウム134の影響もあって、どんどん減衰しているそうですが、山に飛散したセシウムは土壌と結びついて全然減衰していないようです。
従って土壌の養分を吸い取って育つキノコは、セシウムをため込んでしまい、原発事故後、8年の時間が経過しても左程線量が変わっていない事を知りました。

これはキノコの種類によっても大きな差があるらしく、一律に100mmベクレルで統一せず、キノコのよって食せるものと、基準値を超えて食せないものを分ける時期にきているのでは、と木野先生は行政側に打診しているそうです。

講演会を聴いた後、展示されているキノコを見ます。

昨日採りにいくつもりだったシャカシメジが展示されていました。
今年は行く機会を逸してしまったため、シメジの炊き込みご飯はお預けです。

2019092904.jpg

オニフスベって食菌なんですが、どんな料理で食べるのでしょうかね?

2019092905.jpg

毎回、このキノコ展に行く度にきのこ同好会の方々に話しているのですが、キノコの名前や食毒を示すだけでなく、私的にはそのキノコがどんな料理に合っているのか、どんなレシピで調理したら美味しいのか、など食の点をもっと掘り下げて欲しいと感じます。

世の中、キノコの図鑑は数多く出版されていますが、天然キノコ料理のレシピ本はほとんど見た事がないんですよ。

結局キノコ展に2時間いて、会員の方々とも話せて楽しい時間を過ごせました。


今日は留守にする時間が長かったので、ゆず君は帰宅したら私とマスさん交互にくっついて離れませんでしたよ。

2019092906.jpg




スポンサーサイト



  1. 2019/09/29(日) 20:59:01|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栗駒山

明日の土曜日の天気は曇り。明後日は雨。
山と高原地図の調査は後2山残っていて、本来なら9月末で完了させねばならないところですが、今年は週末ごとに天気が悪く伸び伸びになっていました。

そこで昨日かなり仕事を頑張って、本日休める目途がついたため、栗駒山の湯浜コースを往復してきました。
栗駒山の中ではロングコースのため、曇っていて視界が利かない場合、気が滅入ってしまうので、晴れの日に歩いてみたかったのです。

行程の6割強がブナの原生林歩きの本コースを歩く登山者は非常に少なく、静かな山を好む私にとっては大好きなコースです。

今回は御室経由で天狗平を目指しました。
頂稜は紅葉の盛りのようです。

2019092701.jpg

天狗平に出た途端、多くの登山者が行き交っていました。
今年の紅葉は赤が少ない感じです。
ドウダンの色づきが悪く、ミネカエデのオレンジ色が目立っていました。

2019092702.jpg

展望岩頭に行く途中、ミネカエデをバックに栗駒本峰を望みます。

2019092703.jpg

車に戻る前に湯浜温泉の日帰り湯につかりました。
着替えを持っていなかったので、同じ服を着たのですが、登山の後に湯浜温泉を利用される方は、着替えの荷物を預かってくれるそうです。




  1. 2019/09/27(金) 22:24:36|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

彼岸花

今日まで秋の彼岸の期間ですが、庭の彼岸花がちょうど満開を迎えています。

2019092601.jpg

例年より一週間近く遅い開花でした。

2019092602.jpg

お盆を過ぎてから庭の雑草を強引に刈払いしてしまい、彼岸花まで刈ってしまったと思っていたところ、今年も綺麗な花を咲かせてくれて安心しました。

次の週末は高い山の紅葉が見ごろを迎えているはずです。
でも天気予報を確認すると、またまた雨の予報。

上手くいかないものです(*´Д`)


  1. 2019/09/26(木) 16:35:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

映画 『アド・アストラ』

タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で、爽快な演技を見せてくれた
ブラッド・ピット主演の映画『アド・アストラ』を見てきました。

この映画、とても静謐な流れで物語が進んでいくため、レビューは酷評の嵐ですが、哲学的に考えさせられる点が多く、私には合っている作品でした。

あらすじ
地球外知的生命体探求に尽力した父(トミー・リー・ジョーンズ)の背中を見て育ったロイ・マクブライド(ブラッド・ピット)は、父と同じ宇宙飛行士の道に進むが、尊敬する父は地球外生命体の探索船に乗り込んだ16年後に消息を絶つ。あるとき、父は生きていると告げられ、父が太陽系を滅亡させる力がある実験“リマ計画”に関係していたことも知る。




この作品にエンタメ的な仰々しく派手な演出を求めて劇場に足を運んだ方は皆さん失望するでしょう。
本作の筋は、幼い自分を捨てて、宇宙に旅立った父の心情を知るを旅で、ブラビの一人芝居のシーンが物語の筋になっています。
科学的な観点で「それはありえないでしょ」といったシーンも多々ありますが、宇宙を舞台にしたハードSF映画の形を取りながら、話の主題が全然別のものなので気になりませんでした。

主人公は喜怒哀楽の表現が苦手で、冷静沈着かつ自らを厳しく律し任務遂行を第一とする男として前半は表現されています。
しかし自分の父親に自分の言葉で片道通行の通信を行った結果、それまで封印された強い感情が一気に湧き出して、父に会いたい一念から規約を破り宇宙に旅立っていきます。
そして最後に父親を反面教師として、真の自分に向き合えるラストは心を抉られました。

深く静謐な宇宙空間に一人佇む孤独を感じられる佳作です。

評価は90点。
デイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再び組んだ伝記ドラマ「ファースト・マン」が面白かったと言える方ならお勧めです。



  1. 2019/09/24(火) 19:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お彼岸

今年の秋の彼岸は9月20日から26日までの一週間です。

昨日はお彼岸の中日だったので、マスさんがお餅と山形風芋煮を作ってくれました。

2019092401.jpg

仙台の芋煮は豚汁ですが、山形の芋煮は牛肉を使い、味は醤油味です。

2019092402.jpg

最近は山形風の芋煮の方が本来の芋煮といった感じになってきました。

でもたまに豚汁も食べたくなりますね(笑)


  1. 2019/09/24(火) 08:21:58|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三ッ石山

晴れのエリアが盛岡市以北の予報ならこの山に行くしかないでしょ。
と言う事で「本州で一番早く紅葉する山」と言われる三ッ石山に登ってきました。

でも思惑通りに事は運ばず、期待した紅葉は一週間早かったようです。
しかし色づき始めた山の光景を充分楽しめました。

大深岳山頂南側の稜線から森吉山方面を見たところです。


2019092101.jpg

三ッ石山の山頂岩場から大深岳を見ます。
ミネカエデが少し色づき始めています。

2019092102.jpg

岩手山には雲がかかっては消えるを繰り返していました。
南側からどんどん雲が湧き上がっています。

2019092103.jpg

思わぬ出会いもあり楽しく一日を過ごせました。
詳しくは本家ブログで紹介します。



  1. 2019/09/21(土) 23:45:01|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マインドルトレッキングシューズ

使っていた軽登山靴の防水性が落ち、ミッドソールの一部がめくれてきたので、新しいトレッキングシューズを購入しました。
最近は1年半ごとに安価なものを買い替えています。

しかし今回は少しレベルの高いトレッキングシューズを選んでみました。
とにかく、私が行く山、行く山、ことごとく刈払いを含めて道の整備状態が悪く、半分藪漕ぎを強いられるところも多いため、夏場以降は朝露で草が濡れていて直ぐに靴の内部に水が染みてしまうのですよ(苦笑)

ネット通販で購入したのは登山靴作りに300年の歴史を持つ
マインドル社のエアーレボリューション ダイナミックスというトレッキングシューズです。

2019091901.jpg

実は若い頃、ハンスワグナー(現ハンワグ)と、マインドルの登山靴を履いた経験があり、どちらの靴も自分の足型に合っていたのです。ただしこの2社の登山靴は現在非常に高額で、なかなか手が出ない商品でした。

しかしメーカー希望小売価格が約40000円のところ、旧モデル在庫処分の50%オフで販売されていたため、思わずポチッてしまいました。それにプラスして溜まったポイントを利用したら10000円以下で買えたのですよ。

この靴の売りは軽量なハイキング・ウォーキング向けのモデルで、空気循環によりブーツ内部を通気し、常に快適な状態を維持するため、夏場のハイキングに最適だそうです。
ビブラムアウトソールは内臓されたスタビライザーと合わさり歩行の安定感を高め、日本アルプスなどの登山でも充分に対応しるとの事で、今までより少し長い期間使えそうです。

●9月21日追記

三ッ石山周回15km、このトレッキングシューズを履いて歩いてきました。
全然足に当たる部分もなく、快適に歩けました。

良かった点
➀軽いです。片脚約500g。
➁足底がビブラムで、岩やガレの上を歩いても滑らず安定しています。
③サイズは普段街場で履いているスニーカーと同じサイズで正解でした。
④足全体が優しく包み込まれた感じです。

悪かった点
➀ビブラムの厚さを考えると、すり減るのが早そうな感じです。
➁甲の高さが2Eなので、履く人をかなり選ぶようです。一般的な日本人の足型を持った方は合わないでしょうね。

以上でした。




  1. 2019/09/19(木) 19:31:58|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

快適快適・・・

猛暑が終わり涼しくなってきて、ゆず君の動きが活発になってきました。

2019091801.jpg

暑いとエアコンの効いた部屋で寝ているのみで、食べては寝を繰り返していたため、お腹がぶよぶよに太ってしまいました。

これから11月までの約3ヶ月間は、ゆず君にとって一番過ごしやすい季節です。

2019091802.jpg

それにしても不思議なのは、毛刈りしたお腹の部分のみ毛が伸びてきて、刈っていない部分はそのままの長さなんです。

2019091803.jpg

10月になったら冬毛が生えてくるので、換毛期には抜け毛が多くなります。


ところで一昨日まで10日間ほど原因不明の右の肋骨下部の傷みに悩まされていました。
どこかにぶつけた訳ではなく、腫れてもいない状態で、肋骨を境に内蔵ではなく、皮膚の側がズキズキ痛いのです。
特に14日に山に登った翌日、歩くと痛みが響いて耐えられない状態でした。

帰宅後にロキソニンテープを貼り、16日に福島に行った時はバッファリンを飲みました。

火曜日まで痛みが続くようだったら病院に行こうと考えていたところ、ロキソニンテープが効いたのか、強く触ってもほとんど痛くないところまで改善しました。

未だに痛みの原因は不明ですが、どうも肋間神経痛ではなかったかと思っています。
最初は帯状疱疹も疑っていましたが、痛みが引いたのでその病気ではないようで安心しました。


  1. 2019/09/18(水) 20:01:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

円盤餃子

東北山岳写真集団・福島の写真展が昨日から23日までコラッセ福島5階にて開催しております。
私は昨日見に行きました。

雨の一日だったので、写真展プラス近場の山に登ることは出来ず、折角出かけたので福島名物の円盤餃子を食べてから写真展を見よう、ということになりました。

福島の円盤餃子の発祥は飯坂温泉の餃子 照井です。
しかしこのお店は夕方の5時以降しか開店しないため、福島駅近くで美味しい円盤餃子のお店がないかと調べたら、福島駅東口に照井の支店と思われる餃子 照井 福島駅東口店がある事が分かりました。

福島まで高速道を使わずに下道で行ったら、彼方此方で渋滞していて2時間もかかってコラッセ福島の駐車場に入りました。
この時、写真展に一緒に行くモンキィさんが照井に下見に行って、既に私とマスさんの分まで席の予約をしてくれていました。
開店10分前で既に21番目の予約席の記帳だったそうです。

ちょうと我々が着いたら即着座でき、1時間近く待っていたモンキィさんに感謝です。

で、注文したのは「照井の円盤餃子 1皿22個(1300円)とご飯セット(350円)」
円盤餃子22個はマスさんと二人でシェアします。

2019091701.jpg

ご飯セットはご飯とキノコの味噌汁、温泉卵、そしておしんこがセットになっていました。

2019091702.jpg

餃子を食べてみると、皮はカリカリ、中はほわっとした食感で、オリジナルの餃子タレでいただきます。
中の餡は野菜が多めで非常にライトなお味。
まあ美味しいけど、インパクトはビジュアルだけで、もうひと味欲しかった感じでした。

写真展で出品者の方々といろいろお話ができ、有意義な時間を過ごしてから、またまた下道で帰ります。

行きに道の駅国見 あつかしの郷の交差点が渋滞していて、帰路に立ち寄ってみようということになっていました。
午後3時を回っていたためか、すんなり駐車場に入れ、道の駅の中をじっくり見る事ができました。

2019091703.jpg

この界隈は果樹栽培が盛んなので、お安い果物があったら買っていこうと考えていましたが、どの果物も贈答用に近い品質の高価なものばかりで買う気になりません。

そんな中、フードコートにある国見バーガー クラッシック(450円)に魅かれてしまいました。
国見の方々が新しい町のグルメを作ろうと開発した商品らしく、佐久間パン店のパンに佐久間商店のさばの味噌煮をはさんでいます。

2019091704.jpg

これは意外に美味しかったです。

写真には撮っていませんが、里芋のコロッケ(180円)も中はしっとり感抜群、外側はパリッと揚がっていて旨かったですよ。

雨が降っていても、結構楽しめた一日でした。

  1. 2019/09/17(火) 19:16:47|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流鏑馬

昨日は寒河江八幡宮で開催される流鏑馬を見てきました。

寒河江八幡宮流鏑馬は800年の歴史があり、鎌倉武士の伝統を今に伝えています。
昨年は神輿の祭典を見学したので、今年は時間的に少し前で行われる流鏑馬を見学しようと思っておりました。

江戸時代までは走る馬から的を射る古式流鏑馬が主流だったそうですが、長い歴史の中で、三頭の馬をそれぞれ早稲、中稲、晩稲と決めて同時に走らせ、その順位で豊凶を占う全国にここだけの『作試し流鏑馬』が行われれいたそうです。
その後、大江公の入部800年を記念して、昭和63年に『寒河江八幡宮流鏑馬保存会』が発足し、古式流鏑馬を復活させ今に至っています。


午後4時から開催された流鏑馬は、昔行われていた作法にのっとって式次第が進んでいきます。
詳しくはこの記事では触れませんが、三人の射手が一回に三枚の的を射貫き、それが3回行われます。

馬場の幅は意外に細く、走り抜けている馬の迫力は凄かったです。
しかしギャラリーが多いため、ファインダーを見て写真を撮るのは不可能で、片手を柵のロープの中に出し、ライブビューで撮影しました。かなりアバウトな撮影方法のため、上手く撮影は出来なかったです。

古式流鏑馬の雰囲気を感じて頂こうと、GIFファイルにして二名の射手を紹介します。

15686272351T9rfQBPJcY2PCD1568627182.gif

二人の男性射手は9つの的を全て射貫くことに成功しました。

紅一点の若い女性は最後の一走で3つの的を射抜くことに成功し、観客から大きな拍手が起こっていました。

15686272771T9rfQBPJcY2PCD1568627182.gif

的から的への距離が60mしか無い状態で、二の矢、三の矢を放つのはかなり難しいことのようです。


最後に作試し流鏑馬を三回行います。

三頭が同時に走るので迫力満点でした。

15686271851T9rfQBPJcY2PCD1568627182.gif

これも合計三回疾走しますが、馬が戻るときにミニチュアの矢と的を観客に投げ入れます。
これは大人気で、マスさんがセットでゲットできました。

なかなか勇壮なお祭りでしたよ。





  1. 2019/09/16(月) 18:25:09|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高松岳

高松岳に今年二度目の登山道調査に行ってきました。
湯ノ又口から高倉沢コースの周回です。

写真は高松岳から見た山伏岳。
左奥に鳥海山も見えました。

2019091401.jpg

過去2年の間、高倉沢コースに杉の伐採作業が入っていたため、登山口から山伏岳までの区間が未調査だったのです。
そんな経緯があったため、おそらく刈払いが未だに行われていないはず、と予想して山伏岳から下山しましたが、深いところで胸丈の笹薮が繁茂しています。

2019091402.jpg

屏風のコル付近で右に下る道を薮が深かったため通り過ぎてしまい、行きつ戻りつ分岐を探して時間がかかりました。

下部のスギの間伐地帯はブル道で登山道が寸断されています。
登りで使う場合は道の接続が分かりやすいのですが、下りの場合はマーキングがなく、伐採作業で使用された赤テープを混同していまい、結果的に少し薮を漕いで林道に復帰できました。

ぶどう平の直ぐ上まで刈払い作業が入っているので、今年中には山伏岳まで道が整備されるかもしれませんが、現段階ではお勧めできない難路でした。



  1. 2019/09/14(土) 19:56:37|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アケボノソウ

午前中に内業を終わらせて、午後からアケボノソウを見に出かけました。

9月の初秋に湿った場所に咲く花で、同じ場所に群生するサワギキョウは終盤を迎えていました。

2019091301.jpg

アケボノソウは結構背が高い草で、離れて見るとあまりぱっとしない花です。

2019091302.jpg

しかし花びらに近づいて見ると、とても美しい花で、造形の妙に唸ってしまいます。

2019091303.jpg

今年は全ての山野草の花が一週間程度、開花が遅れている感じで、まだ蕾も多かったです。
この株の花つきが一番良く見栄えがしました。

2019091304.jpg

蜜が甘いのでしょうか?
小さな蟻や、蜂がついている花が多いと感じました。

2019091305.jpg

登山道ではほとんど見ない花ですが、車の通りの少ない林道の湿ったところに意外と咲いていますよ。


  1. 2019/09/13(金) 20:36:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

映画 『フリーソロ』

クライマーとして有名なアメリカのアレックス・オノルドのチャレンジに迫るドキュメンタリー映画『フリーソロ』を見てきました。
フリーソロ・クライミングとは身体を支えるロープや安全器具を一切使わずに、素手で絶壁を登ることです。


彼が挑むのはカリフォルニア州のヨセミテ国立公園に聳える高さ975mのエル・キャピタンの断崖絶壁です。
この世界屈指の危険な絶壁をフリーソロで登った者は、今まで一人もおらず、怪我や精神的なプレッシャーに打ち勝って、2017ねえん6月3日早朝、彼は岩壁に取り付きました。

監督と製作を担当するのは『MERU/メルー』でも組んだエリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィとジミー・チンです。



字幕はありませんが、この動画のほうが緊張感あふれる登攀シーンと、撮影隊の苦労が良く理解できます。



今年度のアカデミー賞において長編ドキュメンタリー賞を受賞したのが良く分る映画でした。

フリーソロでクライミングする時には、何度も確保ありで反復練習を積み、各ピッチごとにグレードと登攀上の注意点を列記し、それを頭と身体で完全に消化した上で、フリーソロ・クライマーは極限の岩壁に挑んでいるのがよく分かりました。

そしてフリーソロで挑む一部始終を臨場感あふれるカメラワークでとらえる撮影隊の凄さにも驚かされます。
しかし撮影隊が、心理的に登攀の邪魔をしないかと自問自答するシーンは理解できました。
極限のグレードを攀じるシーンでは、落ちてしまうのでは、と思わず目を反らしてしまうのは、実際に私が現地に行っても同じでしょう。

ラストの20分は手に汗をにぎり、固唾を飲んでスクリーンに見入ってしまいました。
あまり心臓には良くない映画ですし、高所恐怖症の方にはお勧めできない映画です(笑)

評価は90点。
子ども時代からの彼の生い立ちを、あそこまで冗長に表現しなくても良かったと感じます。
もっと彼がこのフリーソロに挑む前の、彼のクライミングの功績に光を当てて欲しかったです。

まあ、オリンピックで金メダルをとる人と同様に、一般人ではとても理解できない高みまで行っている方ですね。

  1. 2019/09/12(木) 19:32:54|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清津峡渓谷トンネル

飯士山に登り、ら~麺天心で腹ごしらえをした後、新潟県十日町のある有名観光スポットの
清津峡渓谷トンネルに立ち寄りました。

苗場山に源を発する清津峡は黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大峡谷の一つで、昭和24年に上信越高原国立公園に指定され、天然記念物になっています。
ここはかつて清津川に沿って、清津峡温泉から上流の八木沢鹿飛橋にぬける約5kmの遊歩道(登山道)があり観光客の立入、通行が可能でした。
しかし春先の雪崩や残雪で通行不能の時が長く、また落石や土砂崩れが頻発し、大変危険な道だったそうです。
そして1988年(昭和63年)7月、落石が頭にあたり男性1名が亡くなるという事故が発生してから、この遊歩道は立入禁止になりました。
現在鹿飛橋を起点に、上流の足尾沢橋から満寿山を越えるコースタイム8時間の登山道のみ通行可能ですが、遠い地にあるため私が歩く機会はないと思います。

そこで落差数10mの圧倒的な柱状節理の岩壁が連なる特異な景観を、一般の方々に見てもらうため、総工費約20億円を投じて、4年の歳月を経て平成8年に、全長750mの清津峡渓谷トンネルがオープンしました。

近年トンネル最奥のパノラマステーションからの眺めが、インスタ映えスポットとして脚光を浴び、より多くの観光客が訪れる場所になったと言われています。

清津峡のうんちくはさておき、清津峡渓谷トンネルに着くと、第一駐車場は満車で、第二駐車場も空き待ちの車列が出来ていました。
清津峡温泉の温泉街を抜けて遊歩道を上流に向かって歩いて行きます。


2019091101.jpg

カフェと足湯が併設されたエントランス施設の先がトンネルの入口。
入洞して直ぐに料金600円を支払います。

2019091102.jpg

左側通行のトンネル内は、各所で5色に照明の色を変えています。

2019091103.jpg

単調なトンネル内には飽きさせない工夫が施されていて、清津峡の成因などの説明看板が置かれていました。

2019091104.jpg

その展示物の中に昔の渓谷遊歩道の白黒写真があり、見てびっくり。
こりゃ、黒部の水平歩道並みに危険な感じで、今なら絶対に通行禁止間違いなしです。

2019091105.jpg

トンネル内の照明がまた変わって、先に進んで行くと・・・

2019091106.jpg

左手に第1見晴所が出てきます。

2019091107.jpg

柱状節理の岩壁を横から眺めることができました。

2019091108.jpg

次の第2見晴所はトンネル内で唯一トイレが設置されています。
ステンレス製でしょうか。トンネルと外の風景が写り込んで一種独特の有機的な風景を醸し出していました。

2019091109.jpg

外を眺めると、より高さを増した岩壁が望めます。
手すりの下の岩場を見たら、過去にあった岩場を穿った遊歩道の跡が確認できました。

2019091110.jpg

そして第3見晴所
これはなかなか奇抜なデザインです。
中国出身の建築家マ・ヤンソン氏が設計したらしく、日本人にはない発想で創造されたデザインと感じました。
3つの見晴所の中では、ここが一番写真映えした場所です。

2019091111.jpg

第3見晴所の外は一面が柱状節理の大岩壁。
以前、屏風岩と言われた場所なのでしょうか。
ここは広角レンズじゃないと全景を写し込むことは不可能で、この日は持参していませんでした。

2019091112.jpg

そこから青い通路を通り過ぎて、トンネルが大きく左に曲がって行きます。

2019091113.jpg

大勢の人の声が聞こえてきたら、トンネルの一番奥に位置するパノラマステーションに到着。
床一面が沢水で満たされ、トンネルの壁面にステンレスが貼られていて、外の空間が内部に写り込む仕掛になっています。
ここが有名なインスタ映えポイント。

2019091114.jpg

しかし多くの人が水の中に入ってさざ波を作り、峡谷に太陽が当たらない時間のため、幻想的な水鏡で円を描く光のトンネルが見えなかったです。
その写真を撮りたければ、朝一番のオープンして直ぐにこの場に着く意外にないでしょうね。
でもこれはこれで綺麗です。

パノラマステーションの突き当りの手摺まで行くには、靴を脱いで裸足で水の中を歩くしかありません。
両脇は浅いのでじゃぶじゃぶ水に入らなくても行けます。

そこからは清津峡の核心部を眺めることができました。

2019091115.jpg

昭和45年3月発行の「山渓カラーガイド31 カラー日本の渓谷」の裏表紙の清津峡の写真を見ると、個人的には通行禁止になる前に、この魅惑の峡谷を歩けなかったのは残念と思いました。

2019091116.jpg


  1. 2019/09/11(水) 20:53:24|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

飯士山&らー麺天心

湯沢パークホテルに宿泊した翌日、うめさんの体調が少し優れないため、予定していた平標山登山は取りやめ、うめさんは宿で待機している間に、約3時間程度で登って来れる近くの飯士山へ行ってしました。

宿の前の車道から飯士山を眺めるとこんな感じ。
時間の制約があるため、一番簡単な岩原スキー場から周回するルートを採りました。

2019091001.jpg

見た目は里山な感じですが、山頂からの眺めは一級品で、素晴らしい展望に満足しました。
写真は越後三山の八海山(左)と越後駒ヶ岳です。

2019091002.jpg

宿泊したホテルはお昼の12時からチェックアウト後でも宿泊者に限り無料で入浴できます。
30分ロービーで待って、12時になってすぐに入浴。山の汗を流しました。

その後、石打丸山スキー場のツインタワー石打にあるらー麺 天心で食事をとりました。

このお店に辿り着くのはかなり難しいです。
ネットで公開されている住所から移転したようで、ツインタワー石打のゲレンデ内のレストランにて開業しておりますが、ゲレンデの北側から回り込んで行くルートは山勘も必要です。

2019091003.jpg


ネットで調べてみると、このお店の店主さんは高輪の名門ホテルでの修行した方らしく、日本のVIP達の御抱え料理人として腕をふるっていた匠だそうです。

私はぶいこつ醤油ラーメン(900円)を注文。

初めて聞いたぶいこつスープの説明書きが店内にありました。
「ぶいこつスープとは豚骨、鶏骨の選び抜いた部位をフレッシュな香味野菜と長時間煮込んだ清湯と、魚介類の天然素材をふんだんに使い旨みを凝縮したタレを合わせたスープです。また、天心の麺スープには独自の抽出方法で作り上げた「香香油」(かかゆ)を使っています。」とのこと。

2019091004.jpg

ちょっと値段が高いと感じましたが、食べてみて逆にとてもリーズナブルな一品と思いました。

とにかく野菜が一杯。チャーシューも厚めのものが3枚。
お味は一般的なラーメン店のラーメンとは一線を画す美味しさで、シティホテルのチャイニーズレストランで食べたラーメンの味、という表現が一番合っていると感じました。

魚沼の地でこんな上品なラーメンに出合えて最高でした。

この後は清津峡に行ったのですが、そのレポは明日アップします。







  1. 2019/09/10(火) 19:42:15|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷川岳

7日・土曜日は谷川岳に登ってきました。

天神平までロープウェイで登り、山頂から西黒尾根を下る周回コースです。

晴れの予報に反して、山頂付近は湿った南風の影響でガスがかかる生憎の天気でした。
しかし時折ガスが飛ぶと北側の景色が広がります。

トマノ耳からオキノ耳へ行く途中、一気にガスが飛び急峻な山頂が目に飛び込んできました。

2019090701.jpg

下りの西黒尾根は急な岩場やガレが連続する難路です。
早池峰山と同じ蛇紋岩が基盤の山のため、岩がツルツル滑るため慎重に下りました。

ガレ沢のコルを過ぎると、山頂部にかかっていたガスが飛び、オキノ耳(左)とトマノ耳の双耳峰がマチガ沢の上に見えました。

2019090702.jpg

マチガ沢と一ノ倉沢を隔てる東尾根のシンセン岩峰が凄い迫力で見えていました。

2019090703.jpg

当初、ガレ沢のコルから巌剛新道を下るつもりでしたが、登ってくる方すべてが「岩場が非常に滑るので下りは危険」と言われたため、西黒尾根をそのまま下り、予定していた一ノ倉沢出合には行けなかったです。

この日の夜は関越道を通り、新潟県に抜けて、湯沢町の宿で一泊しました。






  1. 2019/09/09(月) 23:19:01|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

「昔むかしハリウッドで・・・」というおとぎ話風のタイトルがついたクエンティン・タランティーノ監督の最新作
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を見てきました。

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの二大スターが初競演した話題の作品です。

あらすじ
人気が落ちてきたドラマ俳優、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、映画俳優への転身に苦心している。彼に雇われた付き人兼スタントマンで親友のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、そんなリックをサポートしてきた。ある時、映画監督のロマン・ポランスキーとその妻で女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)がリックの家の隣に引っ越してくる。




この作品はラブ&ピースなヒッピー文化の頂点だった1969年のハリウッドを舞台にしています。
クエンティン・タランティーノは当時まだ子供で、栄光に陰りが見え始めたハリウッド映画と、茶の間の流れるTVドラマ、そして重厚なアメ車、ラジオから流れる音楽、街にあふれるおしゃれな映画ポスターに憧れていたんだと思います。
そんな彼の懐古趣味を全開にしたのが本作品です。

基本的にコメディ映画なんですが、TVドラマの仕事が少なくなり、ロサンジェルスを見下ろす豪邸を維持するのが難しくなった落ち目のTV西部劇のスター:リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)がマカロニ・ウエスタンに出て出稼ぎをするくだりはクリント・イーストウッドを彷彿させて面白かったです。しかしその後、クリント・イーストウッドは「ダーティー・ハリー」で大当たりしたのですが・・・
情緒不安定で泣き上戸のレオナルド・ディカプリオの演技は秀逸で、アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされても可笑しくないと感じました。

それに対するダルトンの付き人兼スタントマンのクリフ・ブース(ブラッド・ピット)。
常に落ち着いた態度ながらも触ると危険な雰囲気を醸し出しているのは流石ブラッド・ピットならではです。
今まで知らなかったのですが、昔は専属のスタントマンを雇っているスターが多かったらしいです。
「グリーン・ホーネット」出演中のブルース・リーと格闘したり、ヒッピー集団のマンソン・ファミリーが暮らす昔のウェスタン映画の撮影所を訪ねた時の不穏な雰囲気に見事に対峙したり、最後の最後まで彼の存在が際立っていました。

しかし二大スター以上に、この映画の真の主人公は、マーゴット・ロビー演じる実在した女優シャロン・テートと感じます。
マンソン・ファミリーが起こしたハリウッド史上最も凄惨な事件の被害者としてしか記憶されてこなかった一人の美しき女優を、タランティーノはスクリーンに活き活きと蘇えらせてくれました。
私自身シャロン・テートという女優はよく知らず、実在のシャロン・テート殺害事件のことも本作品を見るために予習で初めて分かりました。
プレイボーイハウスでキュートなゴーゴー・ダンスを踊る彼女、自分がヒロインとして出演した「サイレンサー 破壊部隊」を映画館
で観て観客の反応に満足げな笑顔を浮かべる彼女をタランティーノは愛情を込めて描いていきます。

1969年は私の子供時代なので、当時のアメリカのトレンド文化を全て知っている訳ではありませんが、街中の看板を当時の状態に再現し、ハイウェイを走行している車をCGではなく全てその当時の車を使い再現したのは、流石に実写に拘るタランテーノです。
まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなポップさに溢れていて、その映画の魔法の世界に足を踏み入れただけでもこの作品は楽しめます。

そして日本版の映画キャプションにある「ラスト13分。タランティーノがハリウッドの闇に奇跡を起こす。」の言葉。

いやはや・・・こう来たか!!!
タランティーノ作品らしくグロ表現満載ですが、これは見てのお楽しみです。

評価は90点。

評価が非常に分かれる作品だと思います。
少なくても「チャールズ・マンソン」、「シャロン・テート殺人事件」「ヒッピー文化」についてある程度知った上で鑑賞しないと、ラストに向かってどんどん不穏な雰囲気になる緊迫感が伝わりません。
それを知らないで鑑賞してしまうと、何を言いたかったのか全く分からん映画になってしまうと感じました。
若い方は低評価になってしまうかも・・・

但し、当時日本でもTBSで放送されていた「FBIアメリカ連邦警察」を見ていなかった点については残念でした。
その内容を知っていたらより楽しめたと思います。
昔って日本のTVで結構アメリカのTVドラマを放送していたんですよね。





  1. 2019/09/06(金) 18:24:08|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おばなざわ牛ラーメン

日曜日のお話で少し鮮度が落ちますが、山の帰りにお腹が空いたので、尾花沢市の街中にある名代そば処 福原屋に立ち寄り食事をしました。

2019090401.jpg

このお店、基本的に土日は開店しているはずが、過去2回立ち寄ってどの日も店がお休みでした。
山形県では蕎麦屋さんでもラーメンをメニューに入れているのは普通で、このお店の中華そばはとても美味しいんです。
少し甘い感じのスープは蕎麦屋さんならでは。
また食べたいと思いながら、やっと再入店できました。

メニューを見ると以前なかった「おばなざわ牛ラーメン」というメニューが追加されています。

このラーメン、尾花沢市の特産である 「尾花沢牛」 と 「すいかのぺそら漬」 がコラボレーションしたラーメンで、現在、尾花沢市のラーメン店の多くで、そのお店独自のレシピで提供されているとか。

お値段は1000円弱と少しお高い感じですが、福原屋さんではJAFの会員証を提示すると50円引きになりました。

おばなざわ牛ラーメンなんて食べたことないので、一緒に行った7名中5名が牛ラーメンを注文。

2019090402.jpg

福原屋さんのおばなざわ牛ラーメンのキャッチフレーズは『和風のすっきりスープに泳ぐ細めの自家製麺には、厳選した小麦粉とアルカリイオン水を使用。八丁味噌と焼酎でコトコト煮込んだ牛スジ+牛スネをのっけて、食べ応えは満点!』。

食べた感じは山形の牛肉を入れた醤油味の芋煮を、よりラーメンのスープに合った調理をした感じでした。
牛肉のチャーシューじゃなく、牛スネ肉の柔らかさがとても美味しかったです。



  1. 2019/09/04(水) 20:07:18|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミヤマトンビマイタケのフライ

昨日の記事の続きです。

お約束通りミヤマトンビマイタケをフライに揚げてみました。
揚げる前はこんな感じ。
傘の繊維質を横に切ると歯切れが良くなります。

2019090301.jpg

揚げたら見た目は全然キノコに見えず、鶏ささみのフライと言った感じです。

2019090302.jpg

今回採取したものはコルク質になる前の幼菌でしたので、歯ごたえは柔らかく食べやすかったです。
肝心のお味は非常に淡泊。
美味でもなければ不味くもない。
エリンギをフライに揚げたらこんな味になりそうな感じ。

タルタルソース、中濃ソース、塩と三種類の味で試したら、塩が一番キノコの味が出ていました。
でも私的には中濃ソースが一番合っていました。

まだ沢山残っているので、次は夏野菜と炒めてみようかと思っています。


  1. 2019/09/03(火) 20:17:53|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミヤマトンビマイタケ

昨日の羽黒山山中を歩いている時、ミズナラの根元にミヤマトンビマイタケが生えていました。

2019090201.jpg

山形県で特に珍重されるのはブナの立枯れに生えるトンビマイタケでして、ミヤマトンビマイタケは味と風味の点でかなり落ちます。
写真のキノコはまだ幼菌の状態で肉質が柔く食べられる状態だったので採取しました。

もう少し経つと肉質が硬くなり、最後はサルノコシカケのようになってしまいます。

このキノコのレシピをネットで調べてもほとんどアップされていません。
あまり生えていないキノコなんですが、味が薄く、硬くなりやすい点から利用されていまいようです。

唯一フライに揚げると食べられるとありましたので、明日試してみようと思っています。



  1. 2019/09/02(月) 21:49:02|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽黒山

今日は羽黒山の羽黒古道を登って、三神合祭殿にてお参り、その後、変則的に南谷を経由して五重塔へ表参道を下るルートで歩いてきました、

山頂儀式殿では羽黒三所大権現の秘仏を見て感動しました。

2019090101.jpg

また羽黒山五重塔の内部の特別拝観が11月末まで行われていて、羽黒山最古の建造物の造形の素晴らしさに触れる事ができました。

2019090102.jpg

今まで観光地的な側面が強く、一度行ったきり足が遠のいていた羽黒山の新たな一面に触れ、少し敬虔な気持ちのなった一日となりました。

詳しくは本家ブログで紹介します。


  1. 2019/09/01(日) 22:28:22|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (390)
登山 (551)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR