FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

映画 『ロケットマン』

ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いた伝記ドラマ『ロケットマン』をマスさんと見に行きました。

監督デクスター・フレッチャー。
第91回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、世界中で一大旋風を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』の代役監督として一躍有名になった監督です。
もともと『ボヘミアン・ラプソディ』の監督はブライアン・シンガーでしたが、未成年者への性的暴行で訴えられており、その件が元で解雇されたのでは言われています。映画の撮影は、あと数週間を残すのみという時期に製作は一時中断。
しかし、製作スタジオのFOXがデクスター・フレッチャー監督にアプローチして撮影が続行され、スケジュール通りに撮影を終了し、映画は予定した公開日にリリースされました。

そのデクスター・フレッチャー監督が次に手掛けたのが本作で、キラ星のごとくスターの座へ駆け上がり、やがてアルコールやドラッグで転落し、性的指向がゲイという点まではほぼ同じですが、『ボヘミアン・ラプソディ』の第二弾を期待して見るとがっかりするかもしれません。『ボヘミアン・ラプソディ』がライブ感溢れる作りだったのに反して、本作はミュージカル仕立てだからです。

あらすじ
少年レジナルド・ドワイトは、両親が不仲で孤独だったが、音楽の才能に恵まれていた。エルトン・ジョン(タロン・エジャトン)という新たな名前で音楽活動を始めた彼は、バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)と運命的な出会いを果たし、二人で作った「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」などヒットナンバーを次々と世に送り出して世界的な名声を得ることになる。




私の年代のでエルトン・ジョンの歌に触れなかった方は少ないと思います。
歌の題名は知らなくても、ラジオやCMで流れるメロディを聞くと、それがエルトン・ジョンの曲だったと分かる有名な曲が非常に多かったことに驚かされます。
何てったって彼はビートルズ、エルヴィス・プレスリー、マイケル・ジャクソン、マドンナに次いでレコード販売枚数で世界5番目の人物なのです。

そんな煌びやかなスターが、本作を見るまで、孤独な半生を送っていたなど露とも知りませんでした。
両親からの愛に恵まれず、ゲイであるが故に相思相愛のパートナーに出会えず、過酷なコンサートツアーに心身ともに疲れ果て、終にはアルコールとドラックで転落してしまう彼。

映画はその心情にマッチした歌詞(曲の発表順はあえて無視して)を持ったエルトンのヒット曲を歌い踊ることによって説明していきます。見ているとちょっと居たたまれなくなる悲しいシーンが多いですが、製作総指揮を行ったエルトン・ジョン本人が、自身の半生を吐露することによって作り出された真実の物語には心を打たれました。

そして強靭な喉と艶を併せ持ったエルトン・ジョンのヴォーカルを忠実に再現したタロン・エガートンには驚きました。
ご本家よりイケメンな彼が演じているので、作品に華が増した感じです。
『ボヘミアン・ラプソディ』で一番残念だったのが主役のラミ・マレックがフレディ・マーキュリーより容姿の点で劣りカリスマ性を欠いていたことと、自分が歌っていない点でした。

本作でエルトンを陰で支えた作詞家バーニー・トービンの存在を初めて知りましたが、ふたりの出会いと諍い、そして和解を描き、最後にエルトンは最愛の彼を得て、現在は幸せに暮らしているラストに心からおめでとうと言いたくなりました。

美しいメロディラインを持った佳曲『Goodbye Yellow Brick Road』がバーニー・トービンとの一時的な別れの曲だったのですね。



評価は90点です。
見ていて辛くなるシーンが多いので、見た人によって評価が異なる作品だと思います。
でも私とマスさんは結構はまりました。


スポンサーサイト



  1. 2019/08/31(土) 09:25:40|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルスベリ

近所の庭に咲くサルスベリが満開です。
この花が咲くとキノコシーズンが始まります。

2019082901.jpg

イグチの仲間がぞくぞく生えてきて、山歩きに別な楽しみが加わります。
でも秋雨前線が本州を貫いてかかりっぱなしの状態が続き、九州では豪雨による被害が出ています。
早く秋の澄んだ青空が見たいものです。

ところで昨晩、大学時代の友人たちと久しぶりに飲んできました。
仙台サンプラザのビアホールです。

クラフトビール飲み放題のコースで、美味しいビールを堪能しました。

2019082902.jpg

この写真では揚げ物ばかりですが、料理バイキングなので、他にもいろいろな料理を楽しめました。

2019082903.jpg

最近は友人に会うと、昔話より今の仕事について、そして世情についての話が多いです。


  1. 2019/08/29(木) 18:37:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

映画 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

少し前に鑑賞し、レビューを書く時間がなかった作品『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のレビューです。

個人的に『ワイルド・スピード』シリーズはド派手のカーアクションが面白く好みなのですが、本作はサブキャラの元FBI捜査官のルーク・ホブスと元MI6エージェントのデッカード・ショウが組んで悪の組織と戦う外伝です。

あらすじ
元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と元FBI特別捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は、政府から協力要請を受ける。内容はデッカードの妹で、肉体を改造したテロ組織のリーダー・ブリクストン(イドリス・エルバ)に襲われて行方不明になっているMI6エージェントのハッティ(ヴァネッサ・カービー)を保護するというものだった。ハッティが取り戻した人類の半分を死滅させるウイルス兵器の回収を最優先するため、二人は渋々組むことにする。




希代のアクションスターの二人がタッグを組んだ作品なので、アクション映画として見た場合は凄く面白かったです。
こんなのありか! といったあり得ないアクションシーン満載で、細かな矛盾は脇に置いて、細かい事は考えずに楽しむ作品と思いました。

しかし『ワイルド・スピード』本来のカーアクションを期待していったら肩透かしを喰います。
その方向性は本家のシリーズを見なさいという事でしょうか。

「デッド・プール2」のデヴィッド・リーチが監督した作品なので、主役のあの人が少し絡んでいて笑わせてくれました。
また透明感あふれる女優のヴァネッサ・カービーがショウの妹役で出ていて、切れのあるアクションを見せてくれたのも良かったです。

でも敵役がサイボーグで、それを操る強大な悪の組織の存在が明かされるなど、内容がSFチックになり過ぎた点については、ちょっとやり過ぎと感じました。
今後本家『ワイルドスピード』との関連性とどう折り合いをつけて行くのか心配になってしまいました。

評価は80点。少しおまけしています。




  1. 2019/08/27(火) 20:14:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チチタケ

槍ヶ先に登っている最中、登山道脇にチチタケが10本程度生えていました。
初秋を感じさせるこのキノコは、東北地方ではほとんど食の対象にはなっていません。

2019082701.jpg

採取した時に乳のような白い液を出し、軍手をしていないと手がべとべとになってしまうこのキノコ。
ハツタケの仲間なんですが、ぼそぼそした食感が最悪なので、手を出す人がいないのです。

しかし栃木県ではマツタケ並みに珍重されていて、今の季節はチタケ(チチタケ)うどんや蕎麦に調理されて好まれています。
過去に2度ほど家でもチタケうどんを作ってみたのですが、どうも上手く作れず、生えていても採らないキノコになっていました。

しかし雨に降られ、景色がほとんど見えない山行だったため、今回は三度目の正直で採取し、調理方法をネットで詳しく調べて再チャレンジしてみました。

そして出来上がったチタケうどんがコレ ↓

2019082702.jpg

今回作ってみて初めて分かったのは、チチタケを油で15分程度焦げ付かせずに炒める事。
そしてナスを多く使って、チチタケと一緒に炒めてチチタケの味をナスによく染み込ませる事でした。

そうすると今までのぼそぼそした食感はなくなり、結構キノコの旨みが出る事が判明。

でも調べたレシピ通りに作ったら本だしの味が強すぎて、キノコの味より本だしの味中心になってしまいました。
だいたい味付けの加減はつかめたので、次回採取したらもっと美味しく調理できる目途は付いた感じです。


  1. 2019/08/27(火) 19:48:46|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修ちゃんラーメン

マスさんがお盆期間中、仕事だったため実家に里帰りに行けませんでした。
昨日も仕事で、本日ようやく実家に顔を出すことができました。

おばあちゃんもお元気に過ごされていて安心しました。

一緒に昼食でも、という事で、南寒河江の国道112号線の新旧路線が分かれる交差点にある修ちゃんラーメンに行きました。

2019082501.jpg

午後2時近くに入店したのですが、ほぼ満席の状態。
凄い人気店のようです。

私はラーメンと半チャーハンのセット(820円)を食べました。

2019082502.jpg

ラーメンはまあまあというお味でしたが、チャーハンはお気に入りの尾花沢の大南軒のチャーハンとほぼ同じ味でした。
半じゃなく普通のチャーハンを注文しても、量的には普通のお店のチャーハンと同じでしょうが・・・

畑で採れた沢山の野菜をお土産にいただきました。
帰りの関山街道は、村山市で徳内祭りが開催しているためか、交通量が多く、走行速度が40km以下になる場所も多かったです。






  1. 2019/08/25(日) 20:38:39|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

槍ヶ先

今日は神室連峰の火打岳に登山道調査目的で出かけました。

しかし登り始めてすぐに雨が降りだし、途中から土砂降りの雨になってしまいました。

ブナの幹を伝う雨水の流れに驚きました。
写真では分かり難いです。

2019082401.jpg

神室連峰主稜線の刈払い状態の確認のために、雨を押して槍ヶ先までは登りました。
スマホで雨雲レーダーを見てみると、西側から豪雨を予想させる雨雲が襲来している模様で、火打岳へ行くのは止めにして引き返しました。

途中で雨が止み、陽の光が差し込んできて、権現山方面が見えてきました。

2019082402.jpg

登山のあるあるで、下山すると天気が良くなる、というのがありますが、下山後に山を振り返ってみると、八森山と槍ヶ先は見えてきたけど、火打岳は一度も姿を見せてくれない一日だったようです。

しかし最低限の登山道調査はできて、その点では行って良かったと思いました。



  1. 2019/08/24(土) 20:03:08|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

テッポウユリ

庭のテッポウユリが開花しました。

2019082201.jpg

このユリ、昨年まで台湾からの帰化植物であるタカサゴユリと思いこんでいました。
しかし調べてみるとタカサゴユリは花の外側に紫色の縦線が入っているのが分かり、紫色の縦線がないユリはテッポウユリという事が判明しました。

2019082202.jpg

あらためて見ると純白で清楚な感じがする花です。

このユリ、種で増えるそうです。
連続して毎年咲くことはなく、違った場所に生えてくるのは種が飛んでいるのでしょうかね。

2019082203.jpg

庭のあちらこちらに生えていて、数えてみたら18本に増えていました。
今つぼみのものが多く、全て咲くのが楽しみです。


  1. 2019/08/22(木) 21:13:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

エンジン刈払機

今年は7月が雨続きで、8月に一転猛暑になったため庭の雑草が猛繁殖して酷い状態になっています。

我が家の庭は無駄に広く、庭木を無計画かつ多品種植えてしまったため、木々の間に生える雑草を刈るのは容易ではありません。

これまでは少し涼しくなった頃に丸二日ぐらいかけてトリマーと鎌を使って刈っていましたが、今年は早めに手掛けなければならない感じです。

以前は電動式の安価な刈払機を使っていましたが、刃先がすぐに減ってしまい、パワーがないため使い物になりませんでした。
電動のトリマーは地面に膝をついて移動しながら刈るため作業が大変。
コード線が邪魔になり作業が捗りませんでした。

そこで庭の草刈に使うには充分な性能を持っていると思われるエンジン刈払機を購入しました。

それがHiKOKI(ハイコーキ) エンジン刈払機 CG24ECP(S)です。

2019082102.jpg

排気量23.9mLで、刈刃径230mm 両手ハンドルタイプの安価な仕様ですけど、ネットで見たら故障も少なく信頼性の高い機種と思いました。ハイコーキなんて聞いたことないメーカーですが、日立工機からブランド名を変更したみたいです。

次の週末に使ってみたいと考えています。
ちなみに価格は税込み17800円でした。



  1. 2019/08/21(水) 21:24:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

炭酸水井戸

お盆期間の今月15日、福島県金山町の人気観光スポットである天然炭酸水が湧き出る井戸で、新潟から訪れていた男性(77)とその姪(49)が転落して溺死する事故がありました。現場にはポリタンクが残されていて、2人は炭酸水を汲みに来たと思われます。

2019082001.jpg

転落した原因は未だに分かっていないそうですが、天然の炭酸水が湧き出るこの井戸の中は二酸化炭素濃度が非常に高い状態になっていて、井戸の炭酸水を汲もうとして二酸化炭素を吸い、酸欠で意識を失い転落したのではないかと言われています。

年間で数万人の観光客が炭酸水を飲んだり持ち帰るために訪れる場所で、私も何回か立ち寄っているので驚きました。

ところで何でこのブログ記事を書いたかと言いますと、この炭酸水の井戸を雑誌で紹介する原稿を書いていた矢先だったのです。

現在、この天然炭酸水の井戸は閉鎖された状態との事で、長いお盆休みが明けた昨日、金山町役場に今後の井戸の再開について問い合わせてみました。

役場の担当者の方のお話では、「初めて起きた事故なので当惑しています。被害者の方々が井戸に転落した原因は未だ解明いませんが、同様の事故が今後起きないようにどういった対応を取ればよいか、未だ決まっておらず、専門家の方々の意見を伺って井戸の設計変更を含めて考えていきたいと思っております。」との事。

現在、新たに作られた炭酸水の取水口は使える状態にあるそうですが、今後何らかの工事が入った場合は立入禁止になると思われます。

そんな訳で炭酸水小戸についての原稿を出すのは止めにして、別の内容の原稿に書き直しました。

お亡くなりになられたお二人のご冥福をお祈りいたします。


  1. 2019/08/20(火) 19:53:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栗駒山

今日は栗駒山の新湯沢を遡行し、裏掛コースを下る周回ルートを歩いてきました。

新湯沢は初級の沢ですが、大岩が積み重なるゴーロの処理に時間がかかりました。
中間部の岩盤が出たところは快適に歩けました。

2019081801.jpg

源流部はせせらぎのような流れになっても大きなイワナが沢山いてびっくり。

2019081802.jpg

薮漕ぎなしで終わると思ったら、溝状の沢を覆う根曲り竹の藪漕ぎを強いられました。

詳しくは本家ブログにアップします。


  1. 2019/08/18(日) 20:12:17|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山形そば 竹屋

昨日は友人宅の粗大ごみをゴミ処理場へ運ぶお手伝いをしてきました。
ご両親が介護施設に入り、そのご自宅をリフォームして息子である友人夫婦が現在、ご両親の家に住んでいるのですが、種々雑多な粗大ごみを片付けるにはハイエースなどの大きなバンが必要だったため、手伝いをお願いされていたのです。

結局500kg弱のゴミを2度処分場へ運びました。
お盆期間中にもかかわらずゴミ処理場は粗大ゴミの搬入を受け付けていたため、多くの車がゴミの搬入をしていて、受付からゴミを下すまでかなりな時間待たされました。

しかしその作業も午後1時には終わり、友人に昼食をご馳走になりました。

そのお店は山形そば 竹屋です。

2019081501.jpg

東北道仙台南ICから国道286号を西に向かい、生出地区の旧国道286号線へ左折して直ぐ左にある御店です。
今まで何度もこの前を車で通っていましたが、全然気がつかなかった蕎麦屋さんでした。

店構えはあまり良いとは言えませんが、小ざっぱりした店内は好感が持てます。

注文したのは冷たい肉蕎麦(大盛り)とゲソ天です。

2019081502.jpg

食べてみると本場山形の冷たい肉蕎麦そのもので、そばの風味とこしは抜群でした。
カリカリのゲソ天も美味しかったです。

今まで冷たい肉蕎麦は山形に行かなければ食べられないという固定観念を持っていましたが、仙台でも食べられるお店がある事を知って嬉しくなりました。


今日は原稿の再校が送られてきたので、その校正作業をしています。
台風10号が西日本に接近していますが、何事もなく過ぎ去って欲しいと祈っておりました。




  1. 2019/08/15(木) 09:18:00|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お盆の入り

私は長男なのでお盆やお彼岸に仏壇とお墓を守る仕事は欠かせません。

普段はあまり信心深くありませんし、霊の存在もまったく信じていませんが、この日は両親やご先祖様を敬い、思い出す日として価値があると思っています。
人が生きた証は一緒に暮らした家族しか共有できないものですから、その思い出に浸る事も人生には必要だと考えます。

従ってその勤めを果たさずに旅行や山に行くことは自分が許せないのです。
まああくまで私自身の心情なので、他の方が違った考えを持っていても一向に構いません。

そんな訳で昨日は仏壇に飾る花や、供物の買い出しに当てました。

今日は午前中にお坊さんが自宅に棚経をあげにくるので待機。
その後、執筆原稿を仕上げ、午後3時半の少し涼しくなってきてからお墓参りに行きました。


2019081301.jpg

朝一だと混雑する霊園も空いていて、墓石を掃除し、澱みなく墓参りを終えました。
霊園から眺める仙台市街地は見る度に高層ビルが増えています。
時の流れを強く感じた一瞬でした。

明日は高校時代の友人の家へゴミ処理の手伝いに行きます。
いろいろ忙しいお盆休みです。







  1. 2019/08/13(火) 22:08:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

しばらくぶりに四川チャイナ

鳥海山の帰り、久しぶりに四川チャイナで食事をしてきました。
たっぷり汗をかいた後の中華料理は美味しいです。

2019081201.jpg

マスさんは定番の四川ホイ麺

2019081202.jpg

私はトムカノさんのご主人が美味しいと言っていて、何時か食べたいと思っていた回鍋肉定食を食べました。

2019081203.jpg

肉がとても柔らかく、甜麺醤の濃くと、豆板醤の辛味がマッチして美味しかったです。

でも満足度では四川ホイ麺の方が上かな・・・



  1. 2019/08/12(月) 21:49:18|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鳥海山

今日は避暑を兼ねて鳥海山祓川コースへ。

朝方は秋を思わせる巻雲が見えていました。
下界は雲海なので、後から雲が湧き上がってくると予想。

2019081101.jpg

七ツ釜までは風がほとんどなく暑かったですが、大雪路に出ると高曇りになり、雪渓を渡る風が涼しかったです。

2019081102.jpg

ミヤマアキノキリンソウが満開の舎利坂を登ります。

2019081103.jpg

七高山まで登って新山を見たら山頂まで登山者の列が数珠つなぎ。
山頂の岩塔も人で溢れていて、見るからに行きたくなくなりました。

その内にガスが西側から登ってきて新山が隠れたので、康新道を下って帰りました。
今年は例年になく雪渓が随所に残り、花も多く良かったです。




  1. 2019/08/11(日) 23:09:14|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

世界ネコ歩き2

今日は藤崎本館7階で今月12日(月)まで開催されている写真展、
『岩合光昭の 世界ネコ歩き2』(入場料800円)をマスさんと見に行きました。

2019081001.jpg

NHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」は2012年から放送されているそうです。
今回の写真展は16市域の猫達の作品を展示。

ただ単に猫をアップで写し取らず、風景の一部として猫が住む世界を表現する彼の写真技術には毎度驚かされます。
大判の写真が多いので、見応え抜群の写真展でした。

ところで毎回思うのですが、岩合さんの動物写真撮影の機材はOLYMPUSのOM-D E-M1 MarkⅡで、撮像素子がマイクロフォーサーズとフルサイズのデジカメより遥かに小さい規格なんですよ。
それでB0サイズまで大判のプリント印刷しても、解像度の良さはフルサイズとほとんど変わらないキレのある作品を出品しているのは驚くばかりです。

ボケの点ではフルサイズに適いませんが、猫と風景をパンフォーカスで一枚に収めるといった撮影は、マイクロフォーサーズのデジカメは逆に得意な感じがしました。

  1. 2019/08/10(土) 19:54:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

映画 『アルキメデスの大戦』

「週刊ヤングマガジン」連載の三田紀房のコミックを実写化した映画『アルキメデスの大戦』を見てきました。

コミックは未だ未完ながら、結構面白い内容なので13巻(現在17巻まで発行)まで読んでいます。

あらすじ
昭和8年(1933年)、第2次世界大戦開戦前の日本。日本帝国海軍の上層部は世界に威厳を示すための超大型戦艦大和の建造に意欲を見せるが、海軍少将の山本五十六は今後の海戦には航空母艦の方が必要だと主張する。進言を無視する軍上層部の動きに危険を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を軍に招き入れる。その狙いは、彼の卓越した数学的能力をもって大和建造にかかる高額の費用を試算し、計画の裏でうごめく軍部の陰謀を暴くことだった。




はっきり言って、この映画に過剰な戦闘シーンを期待する方は見に行ってはいけません。
戦闘シーンは予告編でほとんど網羅されていて、後は全て会話劇が主体です。
その点は原作も同じです。
物語は歴史の流れを踏んでいますが、あくまでIF戦記なので、架空の主人公が戦争を回避するために、自分の数学の才能をフルに生かして軍部の陰謀を暴いていく過程が面白いんです。

主人公の櫂直を演じた菅田将暉は天才役者ですね。
どんな役でもこなせる役者と評判の方ですが、あの難しい数式を黒板に書きながらセリフを澱みなく話す才能には驚きました。
数式が分かる方が見ると、全く間違っていないそうです。

まあ途中まではコミックの流れに忠実に話が進んでいくのですが、やはり映画の尺に合せて、結論を性急に急いでしまった点が唯一残念でした。まあ造船中将・平山 忠道を演じた田中泯さんの威圧感ある説得をされてしまったら、若造の櫂が信念を曲げてしまっても可笑しくないかな、とも思いますが・・・

そんな点を考慮して評価は80点です。

できれば三部作にして、櫂直の並外れた天才っぷりを堪能したかったです。






  1. 2019/08/08(木) 19:49:07|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毛刈り

ゆず君を半年に一回の血液検査に連れていきました。

2019080701.jpg

猫白血病ウィルス感染症を発症したのが2015年の8月7日。
貧血が酷く、まったく動けない状態になり、動物病院の院長さんは、内心もう助からないと思っていたそうです

それから4年を経て血液検査の結果は、ほとんどの数値が基準内に入っているので、今まで半年に一回の検査頻度をもっと伸ばしましょう。ということでした。
一度発症すると発症から3年はリンパ腫に冒される場合が多いと聞いています。
しかし現在も元気で食欲満点の生活を続けていますので、検査結果を聞いて安心できました。

ところで院長さんと看護師の方に笑われたのが、腹の毛をザンバラ刈りしているところです。
自分で毛刈りしたのですか? と聞かれ、嫌がったらすぐに毛刈りを止めることを何度も繰り返して、現在の様になったんですよと言ったら、これだけ暑いと、毛刈りは正解です。腹を冷たいところにつけているでしょう? と言われました。

2019080702.jpg

ただ一つ怒られたのが体重が6.44kgと2月に測定した時より0.34kgも増えてしまった点でした。

ゆず君には夏バテって言葉がないようです。ダイエットさせねば・・・



  1. 2019/08/07(水) 17:17:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

コオニユリ

庭のコオニユリが増えて、彼方此方で開花しています。
花が終わった後の種を野鳥が運ぶのでしょうかね?

暑い夏を感じさせてくれる色彩の花です。

2019080601.jpg

ミソハギは思ったより増えません。
少し湿った環境が好きな花なので、乾いた土が合わないのでしょうか。

2019080602.jpg

しかし暑い日が続きます。
夜の眠りが浅いため、寝不足気味です。

お盆の頃は気温が下がる予報ですけど、台風の動きが気になります。
帰省の足に影響が出なければ良いのですが・・・



  1. 2019/08/06(火) 20:57:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

真昼岳

今日は2週間前に山頂手前で引き返してきた真昼岳を歩いてきました。

前回と異なり北側から山頂を目指しました。

2019080401.jpg

日差しを遮るものがない展望抜群の稜線は暑かったですが、花がずっと咲き乱れ、盛夏の真昼岳の素晴らしさを堪能できました。

2019080402.jpg

詳しくは後日アップします。


  1. 2019/08/04(日) 21:22:26|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

焼石岳

今日は焼石岳東成瀬コースの調査に行ってきました。

太平洋高気圧の縁に位置しているため、湿った西風が流れ込んでくるようで、好天は期待せずに出かけてみましたが、終日標高1200m以上は雲がかかっている状態でした。それにプラスして風速10mぐらいの風が吹き、ウィンドブレーカーを着ないと寒く感じる天気でした。

まあ、夏の花を見れて、登山道の状態が分かれば目的は達成なので、天気が悪くてもがっかりする気持ちになりませんでした。

横岳の鞍部は二度咲きのハクサンイチゲが見事でした。
短時間ですが、焼石岳も見えました。

2019080201.jpg

姥石平はトウゲブキとハクサンシャジン、コバギボウシ、シラネニンジンなどが花盛り。
強風で手前にピントを合わせるとブレブレになるため、画面中央にピントを合わせ、絞りを開けて早いシャッタースピードで撮るしかなかったです。現地の雰囲気優先の写真になりましたが・・・

2019080203.jpg

東成瀬コース九合目から南本内岳を往復しました。
この時もガスガスの状態でしたが、南本内川源流の池畔はクガイソウの見事な群生地になっていました。

2019080204.jpg

登山道は刈払い整備が完璧でとても歩きやすい状態でした。

来年も今の時期に焼石岳へ別ルートで調査に入りたいと思います。






  1. 2019/08/02(金) 23:04:47|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンコウカ満開

夏風邪の症状が処方された薬を服用してもなかなか改善しません。
夕べは咳が止まらず寝るのが大変でした。

どうもこんな状態になった要因を顧みると、エアコンの冷たい空気が問題のようです。

ここ数年、寒暖アレルギーの症状が酷くなり、暑さ寒さに弱くなってしまいました。
猛暑の状態から急にエアコンで身体を冷やすと、鼻水と咳がでるようです。

家でエアコンの効いた部屋にいて養生にはなりそうもないため、山のウエットな空気に触れた方が良いと思い、蔵王の芝草平と御田の神を軽く歩いてきました。

刈田峠に着くと気温は23度。
半袖のシャツでは寒いくらいの風が吹いています。

写真を撮り撮りゆっくり歩いて着いた芝草平はキンコウカの花園になっていました。

2019080101.jpg

今年は花付きが非常に良い感じです。

車に戻り、刈田岳リフトの駐車場に車を停め、御田の神を歩いてきました。
こちらのキンコウカは少し色が抜けはじめていて終盤の状態です。
それでも花の密度がとても濃いため、見栄えがする花園になっていました。

2019080202.jpg

歩いていると咳は全然でないで、体調が良くなりました。
帰宅してエアコンを点けたら元の木阿弥になるのでしょうが、喉のいがいが感が改善されたので結果的には行って正解でした。



  1. 2019/08/01(木) 20:12:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (390)
登山 (551)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR