FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

確定申告

今日は穏やかな天気でした。
朝方ゆず君が日向ぼっこをしていました。

2019022701.jpg

午前中は仕事用に使っているハイエースを車検に出し、徒歩で税務署に行って確定申告の書類を提出しました。
提出だけでも20分程度並びました。
説明を受けて記載までお願いすると1時間30分待ちだったようです。

帰りは運動不足改善のため自宅まで歩いて帰りました。
勝山公園にはしばらくぶりに立ち寄りました。

2019022702.jpg

肉屋さん自家製のコロッケを購入したり、ドンキホーテに寄ったりして、たまに街中を歩くのもいいものです。

ところで先日、警察署に呼ばれました。
別に私が悪い事をした訳ではなく、昨年9月初旬に我が家に侵入し、財布から現金を盗み、その後逮捕された容疑者の件です。

我が家に家宅侵入と窃盗をした事について、容疑者は自供したと言う事ですが、その事件に関しては自供だけで証拠がないため起訴できないとのことでした。
近隣地区において、かなりな件数の窃盗を繰り返していたみたいですが、証拠があって起訴できるのは数件のみとか。

今回警察に呼ばれたのは、既に被害届を出している窃盗事件ではなく、この容疑者は何と家宅侵入した同日に、もう一度我が家に侵入し、金目の物を物色していたとか。
その点に関して裁判所に参考書類を提出するので、サインと捺印が欲しい、というのが呼ばれた理由でした。

この容疑者は前科があるので、間違いなく刑務所に入ると担当の警官の方は言っていましたが、出所してからが心配です。
しかし出身地が当地ではなく、逮捕時は住所不定だったため、またこの地域に戻ることはないだろう、と言っていました。

まあ、これで近隣地域を震撼させた家宅侵入と窃盗事件も解決され安心しました。
それ以降、戸締りには注意をしています。






スポンサーサイト



  1. 2019/02/27(水) 20:51:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 『ねことじいちゃん』

「岩合光昭の世界ネコ歩き」で可愛らしい世界中の猫を撮影している
動物写真家・岩合光昭さんの映画初監督作『ねことじいちゃん』をマスさんと見に行きました。

何処のシーンでも猫が必ず出演している映画ということなので、猫好きには必見の映画です。

あらすじ
2年前に妻(田中裕子)を亡くした70歳の大吉(立川志の輔)は、友人たちに囲まれ、飼い猫のタマの散歩と妻が残したレシピノートの続を書いていくことが日課の自由気ままな生活を楽しんでいた。だが、親しい友人が亡くなり、自身の体にも変調を覚えた矢先、タマがどこかに行ってしまう。




この作品は主に愛知県の佐久島で撮影されたそうです。
美しい海と、穏やかに生きる島の人々、そして素晴らしい環境でのんびり暮らす猫達の姿が印象的な映画でした。

猫のタマ役は、アメリカンショートヘアの雄猫ベーコンが演じています。
100匹以上の猫オーディションで見つけた猫とか。
その他に38匹の猫が登場します。

岩合さんはこの映画の監督を依頼された時に、猫中心で撮影すれば良いと思ったらしいですが、実際に役者さんの演技指導はやった経験がなかったため、ベテランの俳優さんやスタッフに支えられて映画が完成したと言っていました。

話の内容は猫を飼った方ならあるあるの事ばかりで、ゆったりした静かな時間の流れを感じさせてくれます。
はっきり言って何らかのドラマチックな展開を期待して見に行ったら退屈な映画と感じるでしょうね。
ちなみに原作の漫画をネットでサンプル立ち読みして見てみたら、この映画そのものの内容でした。

私はNHK-BSで放送している『岩合光昭の世界ネコ歩き』が大好きなので、その番組のファンだったら納得の内容だと思います。
『岩合光昭の世界ネコ歩き』より人間ドラマを噛ませているので、逆に全然飽きることなく画面に集中できました。

評価は85点です。
おばあさん方の喧嘩シーンはいらなかったと思います。
その分、死別した奥さんとタマのふれあいシーンがあれば良かったなぁと感じました。



  1. 2019/02/26(火) 22:08:23|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

氷筍の群れ

今年の冬は週末ごとに天気に恵まれませんでしたが、やっと快晴の日曜日になりました。

2月に入ってから何度も蔵王に行こうと考えていたけど、既に樹氷は全て崩壊し、残雪期の山のような様相になっていると聞き、蔵王山行は諦めました。

そこで本日、福島と山形をむすぶ古道の万世大路の隧道にあると言う氷筍を見に行きました。

詳しくは本家ブログに記しますが、想像より遥かに大きく、凄い数の氷筍が立ち並び驚きました。

2019022401.jpg

まあ私の場合、氷筍だけ見て帰ってこれる訳もなく、ついでに栗子山も登ってきました。
冬の栗子山は初めてです。
灌木藪が雪で埋まり、山頂からの展望も開けていました。

写真は栗子山の登りから吾妻連峰と杭甲山を振り返ったところです。

2019022402.jpg

帰りは杭甲山を越えて周回ルートを採ってみました。
杭甲山から見た栗子山です。


2019022403.jpg

1200m級の低い山とは思えない豪快な周回ルートでした。
しかしかなり危険個所は多い印象です。




  1. 2019/02/24(日) 23:34:11|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

松島 かき小屋

今日はマスさんと松島に牡蠣を食べに行きました。

土曜日なので混雑していて、かき小屋は席につくまで1時間待ちです。

時間潰しに福浦島へ渡ってみました。

2019022301.jpg

一人200円支払って福浦橋を渡ります。
この島に渡るのは40年ぶりです。

湾内を吹き抜ける風は冷たかったですが、ヤブツバキが満開でした。

2019022302.jpg

見晴台東側の堤防に上がるマスさん。
見ている間に潮が満ちてきて、足場が水の中に沈みました。

2019022303.jpg

ちょうど1時間後、松島のかき小屋へ戻ります。
かき小屋はこの他にも数店あり、何処も賑わっていました。

2019022304.jpg

我々はひたすら牡蠣を食べたいので、かき飯やかき汁つきではない40分、2000円の食べ放題コースを注文。

2019022305.jpg

メニューには焼き牡蠣と記載されていますが、実際は蒸し牡蠣です。
前に行ったかき小屋では蒸し上がるまで15分待ってから食べなければならないシステムでしたが、このお店では手を上げて注文すると蒸し上がった牡蠣を持ってきてくれます。

2019022306.jpg

牡蠣のサイズは大小さまざま。
個人的には焼き牡蠣より蒸し牡蠣の方がジューシーで美味しい感じがします。

2019022307.jpg

結局、一人30個以上食べたと思います。
そんなに牡蠣ばかり食べたのは初めてでした。

牡蠣食べて満腹です。






  1. 2019/02/23(土) 20:43:12|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二口渓谷の氷瀑

今日は二口渓谷の風の洞(風の堂)エリアにある氷瀑を見に行きました。

秋保ビジターセンターから片道6km以上、二口林道を歩きます。

途中、磐司岩が望め、単調な雪道歩きのアクセントになっていました。

2019022201.jpg

林道から急斜面を登って細い一本の氷瀑を、岩洞の中から見上げます。
この岩洞はクライミングのメッカになっているようで、フィックスロープもありました。

2019022202.jpg

岩場を右手に回り込んで行くと独眼竜と呼ばれる氷瀑が姿を現します。
これは凄い迫力でした。

2019022203.jpg

気温が上がってザクザクになった雪道にうんざりしながらビジターセンターに戻りました。

帰りに秋保大滝に立ち寄りました。

2019022204.jpg

来年は別なエリアの氷瀑を見たいと思いました。
近場でこんな凄い氷瀑が見れるとは驚きです。

但し、現地に行くには山慣れた方と一緒に行った方が良いでしょう。


  1. 2019/02/22(金) 20:01:51|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マガレイのフライ

昨日、夕市で購入したマガレイ。
35cmぐらいの大きさのマガレイが2枚入って500円と激安でした。

2019022101.jpg

昨日の夜の内にさばいて切り身にしておいたマガレイを、本日、マスさんがフライに揚げてくれました。

2019022102.jpg

肉厚なので食べ応え抜群。
すごく美味しかったです。



  1. 2019/02/21(木) 21:04:36|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

玉子の恵方巻

ちょっと時期が遅れて記事をアップします。

先の日曜日、マスさんは料理教室に行く予定があったので一緒に山に行けませんでした。

その時作った料理の一つが玉子の恵方巻です。

2019022009.jpg

赤い色をいた部分は紅こうじだそうで、外側が玉子で巻いた彩りが綺麗な恵方巻です。
お味は玉子がアクセントでとても美味しかったです。

2月3日にコンビニで買った海鮮恵方巻も美味しかったですが、手造りの恵方巻の方が美味しく感じました。

2019022010.jpg

恵方巻は関西発祥と言って別な地域で食べるのは変だ、という意見もありますが、全国の美味しいものを食べられるのは嬉しいものです。



  1. 2019/02/20(水) 21:49:34|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

みやぎ水産の日 漁協の夕市

今日は宮城県漁協 七ヶ浜支所で開催される『みやぎ水産の日 漁協の夕市』に行ってきました。

2019022001.jpg

七の市と同じ場所で行っていると思い、行ってみましたら、漁協の市場の中で行っていました。

2019022002.jpg

整理券をもらってから、販売開始時間まで港をぶらつきます。
生憎の曇り空で海は沈んだトーンで見えています。

2019022003.jpg

宮城のローカルTV局すべてが取材に来ていました。
報道的には仙台港に入港した船舶が重油を流してしまったために、七ヶ浜漁港で水揚げさせる海苔が今年は全て駄目になってしまったからです。そんな逆境に負けず頑張る七ヶ浜漁港の意気込みがニュースになるのでしょう。
重油流失事故前に収穫していた海苔を特別価格で販売していました。

しかし私は知人から七ヶ浜の新海苔をいただいておりましたので、今回のお目当てはスクモガニでした。
マロ7さんのブログに毎年美味しそうな茹でガニの写真がアップされていたので、一度は食べてみたいと思っていたのです。

2019022004.jpg

小さなカニですが、ゆで上げると綺麗な赤い色に変わり、ちょっと見は毛ガニのように見えます。
味はいいけれど、少し身が少ない点が残念です。

2019022005.jpg

カニ2杯入れて鍋にしました。
カニの濃厚な出汁がでて美味しかったです。

2019022006.jpg

ちなみにスクモガニの価格は6杯で500円です。
それを2袋購入しました。


その他に新鮮なシラウオも購入(700円)。

2019022007.jpg

マスさんは今まで食べた事なかったそうで、今回初めて食べました。

シラウオ丼にして食べたら滅茶苦茶美味しかったです。
生のシラウオにタマゴの黄身を入れ、出汁醤油で味を調えるだけです。

2019022008.jpg

その他にマガレイとマダラの切り身を購入しました。
それは明日マスさんがフライを揚げてくれるそうです。







  1. 2019/02/20(水) 21:02:38|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二ノ滝の氷瀑

鳥海山の二ノ滝は厳冬期に見事な氷瀑を見せてくれるそうです。

あまり天気が良くないため、高山は諦めてその氷瀑を見に行きました。

かなり多くの滝見物の方々が先行していて、ツボ足でもOKな雪山歩き。

二ノ滝は夏場しか見た事なかったですが、その氷瀑は凄い大きさです。

2019021701.jpg

今年は近年稀に見るほど、氷瀑が発達していたようです。


その後、観光地にもなっている玉簾の滝を見に行きました。

こちらの滝は滝身は流れが出ていましたが、その左右の岩壁にかかるつららの凄いこと。

2019021702.jpg

夏場と違い、滝の直下まで行けるので、水しぶきを浴びながら見上げてしまいました。





  1. 2019/02/17(日) 21:06:09|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春の訪れ(*^。^*)

今日、庭にフクジュソウが咲いているのを見ました。
節分を過ぎると暦上では春ですが、寒い日が続いています。

2019021501.jpg

今年は積雪が異常に少なかったため、例年より早く開花したと感じます。

来週18日から税務署で確定申告の受付が始まります。
本日、提出する書類一式を書き上げました。
領収書を勘定科目ごとに分けるためのインデックスが無くなっていたので、ちょっと買い物へ。

出かけたついでに東仙台の醉拳でチャーハンセットを食べました。

2019021502.jpg

中国の方が経営しているお店ですが、味は日本人向けに作られていて美味しかったです。

これでお値段は550円。
コスパ最高ですね。




  1. 2019/02/15(金) 20:45:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

バレンタインデー

本日2月14日はバレンタインデーです。

サラリーマン時代は義理チョコを結構いただきましたが、自営業の今はマスさんが作ってくれるチョコケーキが楽しみです。

今年も時間をかけてガトーショコラを作ってくれました。

2019021401.jpg

甘味を抑えていてとても食べやすいケーキです。

ところで最近は職場での義理チョコを廃止する会社が増えてきたみたいですね。
女性が自分への御褒美に美味しいチョコを購入するパターンも増えてきたとか。

良いことだと思います。





  1. 2019/02/14(木) 20:27:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 『ファースト・マン』

人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を描いた映画『ファースト・マン』を見てきました。

『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ作品として楽しみにしていました。

あらすじ
幼い娘を亡くした空軍のテストパイロット、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)は、NASAの宇宙飛行士に応募し、選抜される。彼は家族と一緒にヒューストンに移り住み、有人宇宙センターで訓練を受ける。指揮官のディーク・スレイトン(カイル・チャンドラー)は、当時の宇宙計画において圧倒的優位にあったソ連も成し得ていない月への着陸を目指すと宣言する。




アポロ11号で人類初の月面踏査を行ったのは今から50年前の1969年。
当時、子供時代の私も固唾を飲んで月面に降り立つ一瞬をテレビで見ていました。

そう言えば1970年に開催された大阪万博の時、アポロ12号が持ち帰った「月の石」を展示したアメリカ館の行列が凄かったと報道していたのを今でも思いだします。

本作はオスカーを獲得した『アポロ13』の様なドラマチックな展開を期待して見ると、完全に裏切られます。
あくまで主役であるアームストロング船長の自己体験に徹した絵作りを行っているからです。

その視点は堪え難いような閉塞感を伴うコクピット内に限られ、16mmフィルム撮影のざらついた映像質感も当時の時代感覚に溢れています。

その表現方法を斬新と見るか、ドラマチックじゃなく面白味に欠けると見るかで、この作品の評価は違ってくると思いました。
私的には見る者に宇宙旅行を追体験させる今回の手法はありです。

そして面白いのは『セッション』と『ラ・ラ・ランド』で音楽を追及したような作品を作り上げたデイミアン・チャゼル監督が、本作に限っては極限まで音楽を省いている点でした。

X-15航空機やジェミニ8号、月面着陸船の試作機、そしてアポロ11号の発射シーン全てにおいて、機械の発する轟音を用い、見るものに緊張感を嫌おうなく植え付けています。
そしてロケットエンジンが止まって宇宙空間にでた時、月面に降り立った時、最後の夫婦で行う無言のふれあいシーン。
どのシーンも静謐な状況がひしひしと感じました。

しかし今から50年も前にファミコン程度のプアなコンピューター機器を使って、針の穴を通すようなタイトなミッションをやり遂げた宇宙飛行士とスタッフの方々には驚くばかりです。

映画を見てこんな危ない橋を渡ってよく月に降り立てたと感じました。

評価は85点。
マイナスに感じた点は、月面探査の時に病気で失った幼い娘の事を思い、涙するかな、と思った点です。
彼は月面で彼我の世界を見たのでしょうかね?







  1. 2019/02/13(水) 22:10:31|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホッキ飯

今日は昨日の天気予報に騙されて、雪山に出撃しませんでしたが、何処の山も穏やかに晴れたようです。
低気圧の影響で曇りのち雪の天気予報では、バックカントリー目的以外の登山者はちょっと二の足を踏んでしまいますよね。

本日午後2時近くの蔵王中央ゲレンデのライブカメラを見ると、晴れてスキーヤーの影が出ていますし、雁戸山もばっちり見えています。失敗でした。

2019021101.jpg

以上の内容はタイトルと全く関係ないです。

一昨日の土曜日、スーパーで大きなホッキ貝を安く売っていたので、殻付きのものを買ってきました。
私が殻から身を取りだして捌いたあと、下ごしらえをマスさんがしておきました。

そして昨晩、ホッキ飯を炊いて食べました。

2019021102.jpg

旨かったです。

今回は下ごしらえした具をご飯が炊けてから混ぜ合わせる方法にしました。
これだとホッキの身が硬くならず食感が柔らかくて、より美味しく感じました。

冬の味覚ですね。


  1. 2019/02/11(月) 20:07:28|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイカチ沼周辺の山を徘徊

今日は雪山を予定していましたが、風と低温で酷い目に遭いそうなので延期。

代わりに仙台市西部のサイカチ沼周辺の山をぐるっと巡ってきました。

詳しくは別途記事をアップしますが、簡単に写真数点だけ貼っておきます。

サイカチ沼は全面氷結していません。
カモが水面に泳ぎ、ヘラブナ釣りの方々が多くいました。

2019021001.jpg

親ノ倉山山頂直下から見た戸神山
泉ヶ岳は梢越しに見えたのですが、船形連峰や二口山塊の山々は雪雲に覆われていました。

2019021002.jpg

岩元山から下ってサイカチの滝へ。
小さな滝です。
でも滝つぼは深く、バスクリンのような色をしていました。

2019021003.jpg

行動中はあまり寒さを感じません。
しかし休憩しているとかなり寒かったです。

今がこの冬一番の寒さと感じます。


  1. 2019/02/10(日) 18:36:27|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画 『アクアマン』

海洋生物と意思の疎通ができるDCコミックのヒーロー映画『アクアマン』を見てきました。

DCコミックのヒーロー群像劇の『ジャスティス・リーグ』いもアクアマンは出ていましたが、その時は地味な印象しか残りませんでした。
あまり期待をしないで見たのですが、面白いこと面白いこと。
久しぶりに痛快娯楽劇を見た感じです。

あらすじ
海底王国アトランティスの末裔であるアクアマン(ジェイソン・モモア)は、人間として育てられた。ある日、彼はアトランティスが人類の支配を目的とした侵略を始めたことを知る。人類の想像をはるかに超える文明を持つアトランティスの強大さを知る彼は、海を守るべきか地上を守るべきかの選択を迫られる。




昔、手塚治虫の漫画をアニメ化した『海のトリトン』に子供時代はまっていました。
トリトンもアトランティスの末裔で、アクアマンと同じような海底種族が大きな戦いを演じています。

この映画チープだったアニメを、極彩色に塗り替えて、さらにド派手な戦いにしたことによって、私が子供時代にワクワクした記憶を蘇らせてくれました。

今までのヒーロー物は地上、空中、宇宙を舞台の戦いだけだったのが、人間にとって未知の部分が多い海底の世界まで見せてくれたのは初めてではないでしょうか。
それに加えてアクション、水中チェイス、家族愛、復讐、宿命、宝さがしの要素までてんこ盛りで、細かな矛盾点など一切気にせず楽しめました。



これまでのDCコミックの実写映画化は『ワンダーウーマン』を除いて暗いトーンのものばかりでした。
しかし本作からユーモアを交えた明るいトーンに変わっているので、今後のDCコミックのヒーロー物には期待できそうです。

評価は95点。
映像の美しさにおいて最近の映画の中では断トツだと思います。


  1. 2019/02/08(金) 21:50:14|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指の病気

最近、自身の病気や怪我ネタが多く申し訳ございませんが、今回は右手の親指の不調に関しての記事です。

遡ること昨年の12月に庭木の剪定を頑張っていましたが、その時にグミの木を剪定していて棘が右手親指の先に刺さってしまいました。結構深く刺してしまったため、傷テープを巻いて作業を継続させました。

それから数日後に刺さった穴の部分を中心に指の皮がどんどん剥けはじめたのです。

抗生剤の軟膏を塗って、傷テープをしていれば何れ治ると思っていたところ、皮が新しく出ると、裂けてしまう事を繰り返しました。
裂けた時が非常に痛いので、傷テープは手放せなくなり、水を扱う時はゴム手袋がかかせなくなりました。

それから約2ヶ月、全然皮がむける状態が改善しないため先週末に皮膚科に行って診てもらいました。

皮を少し採取して検査してもらうと、カンジタ菌などのカビの発生ではなく、単なる炎症が治らない状態との事。
ステロイドが入った塗り薬を処方してもらい、それから一週間経ちました。

ちなみに日曜日の撮影した指の状態がコチラ。

2019020701.jpg

朝晩2回薬を塗っていたら、カピカピに皮が乾いて裂けてしまう状態から脱しました。
指の突っ張り感もなくなりました。

しかしかなり症状を悪化させてしまったようで、まだ完治には至っておりません。
もう少し塗り薬を使わざるを得ないようです。


ここ数日、内業をやっていて記事の更新ができなかったです。
確定申告をまとめねばならないので、何時もの年より忙しい冬です。



  1. 2019/02/07(木) 23:38:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆず君・定期健診

ゆず君を半年に一回の定期健診に連れていきました。
キャリアに入れて車に乗せるとニャーニャー鳴きっぱなしです。

2019020501.jpg

動物病院は結構混んでいて、血液検査が終わり、結果が出るまで1時間半もかかってしまいました。

ゆず君は猫白血病のキャリアで、3年半前に貧血で命が危ない状態まで陥っていましました。
その時、医師は助からないと思ったそうですが、現在の血液検査の結果は正常値で推移しているようです。

白血病は発症から3年までが悪性リンパ腫を起こす可能性が高いと言われています。
しかし3年以上経った今も健康状態を保っていますので、今回の検査結果については安心しました。

でも人間のガンと同様、半年に一度の経過観察は継続しなければならないと言われました。

帰宅してから落ち着いたのか、陽の光を浴びてまったり寛いでいます。

2019020502.jpg

最近、ゆず君の写真はスマホでばかり撮影しています。
一眼レフやコンデジを使うと、レンズを向けられるのが怖いようで、直ぐに顔を背けたり、移動したりします。

スマホの場合は平な板のようにしか見えないのでしょうか?
近づいても全然怖がらず、自然な顔を見せてくれるんです。


  1. 2019/02/05(火) 22:18:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小富士山(丸森)

今日は福島県相馬市の羽黒山と、宮城県丸森町の小富士山に登ってきました。

詳しくは本家ブログに記しますが、小富士山については以前登った時はヤブ藪の山頂でした。
しかし今回は登山道が作られ、山頂から丸森町金山の街並みと、亘理地塁山地の七峰が一望できました。

2019020301.jpg

相馬市では早くも紅梅が沢山開花していましたよ。

2019020302.jpg

木曜日に市役所と税務署、そして写真集団の集まりがあり、街中をかなりな距離歩きました。
そうしたら腰の調子が大分良くなって、土曜日から寝起きの腰の痛みが改善しました。

但し、まだ寒い雪山に突っ込むのは腰の痛みを再発させる恐れがありため、今日は藪山歩きに終始して様子を見ました。
倒木を跨いだり、潜ったりしても大丈夫だったので、次の週末は雪山を予定できそうです。
1月21日に痛めてから2週間かかりました。


  1. 2019/02/03(日) 21:15:14|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (331)
写真 (65)
花 (390)
登山 (551)
音楽 (36)
映画 (159)
猫 (266)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (217)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (20)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR