FC2ブログ

東北の山遊び(雑記帳)

日々感じた事を気の向くままに書いていきます。添付写真とは無関係な内容も多いです。

♪ 畠山美由紀

今日は大晦日。
山に関しては登山道調査に追われ、会心の山はほとんどない一年でした。
マスさんも秋に体調を崩し、あまり一緒に行けなかった点もイマイチでした。

今月に入ってから枝で目を突いてしまったり、大腸内視鏡検査をしなければならなかったり、体調面でいろいろあって、あまりイイ年ではなかったです。

来年は年号が変わります。
後厄も今日で終わり、心機一転頑張っていきたいと思っています。

拙ブログを見に来ていただいた皆さん。
感謝の気持ちでいっぱいです。

来年もよろしくお願いいたします。

さて年末のご挨拶とは全く関係ないタイトルですが、最近気にいっているCDアルバムを紹介します。

宮城県気仙沼市出身の女性ミュージシャン、畠山美由紀さんの7枚目の Album「Wayfarer(ウェイファーラー)」です。

このアルバムは著名な音楽プロデューサーである冨田恵一さんと15年ぶりに組んだ作品で、現代の音楽的フォーマットに落とし込まれた上質なシティポップです。



中でも水野良樹さん(いきものがかり)が作詞・作曲した『愛はただここにある』は、冬の寒い季節にあって心を温かくしてくれる名曲だと思いました。



ではよいお年をお迎えください。




スポンサーサイト



  1. 2018/12/31(月) 18:18:58|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末年始は仕事(T_T)

本日、毎朝ルーチンワークになっている感じの雪かき作業を終わらせ、朝食を食べてから2階の部屋と、神棚の掃除、そして不要な書類や書籍の整理を行いました。

執筆し、贈られてきた書籍が意外に多く、その置き場を確保するために、古い本はかなり処分しなければならない感じです。

山形の山友の情報では山形市でも50cmも雪が積もったとか。
年初に寒河江八幡宮にお参りに行くのが恒例となっていますが、車の運転は大変そうです。

さて、タイトルにあるように、昨晩宅配便にて昭文社より山と高原地図のカンプが送られてきました。
カンプとは印刷物の仕上がりイメージを再現した出力物で、写真・コピー・イラストの位置,大きさ,書体など,レイアウトを忠実に再現したものです。

2018123001.jpg

一般的な書籍の場合、初校⇒再校という手順を踏んで著者が最終確認しますが、山と高原地図の場合は、カンプへの修正を最終校としています。

例年、この作業は年内に行われますが、今年は諸々の理由から少し遅れてしまったようで、私がカンプをチェックする作業が年末年始の休み期間になってしまいました。

校正作業を終わらせて出版社に送付する締め切りが1月7日(月)必着なので、5日(土)には発送しなければなりません。
流石に大晦日と元日には作業しませんが、年初は軽く里山を歩いてくるぐらいしか出来ないようです。

実は前回の年末年始もある書籍の校正作業に忙殺されてしまいました。
出版界で編集に携わる方々は、普段の業務も夜遅くまでされているようですので、常にタイトな作業行程になってしまうのでしょうね。
まあ、最近は山に行かねばならないと言う、自分自身に対する脅迫観念がかなり薄らいできたので、地図の校正を行いながら、脳内山歩きをすればいいかな、と思っています。


  1. 2018/12/30(日) 16:50:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長靴補修

登山に使っていた長靴の先端に近い部分のゴムが少し裂けてきました。
また購入せざるを得ないかと思いましたが、ゴムの補修材がホームセンターで売っていたので、駄目元で補修をする事にしました。

その補修材がコレです。

2018122801.jpg

ヘンケルで製造しているロックタイトという製品で、ゴム製品の接着やワレの肉盛りができます。

補修を初めてみると、かなり粘度の薄い接着剤で、ワレ部分に深く入り込んでいるのが分かります。

乾燥するまで丸一日かかりますが、硬化せずにゴム特有の柔らかさを持続していました。

2018122802.jpg

本日、雪かき作業で履いてみたところ、剥がれはなかったです。
登山時に使ってみて剥がれてくるようなら、ワレ部分を硬くなる瞬間接着剤で一度補修し、その上から再び本製品で肉盛りしてみるつもりです。

税抜きで880円なので、これで補修できるなら安いと思います。

今日は朝から寒い一日でした。
当地は積雪2センチメートルですが、日本海側は大雪だそうです。
帰省ラッシュが始まる時に雪は困ったものです。

しかし日中は晴れていたため、ゆず君は日向ぼっこで気持ち良さそうでした。

2018122803.jpg

今年も残すところ後3日。
一部の部屋と神棚の掃除が残っていますが、半日で終わりそうです。


  1. 2018/12/28(金) 22:17:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大腸内視鏡検査

本日午前中、大腸内視鏡検査を受けてきました。

前夜、スープのみの食事が終わり、就寝前を含めて2回も下剤を飲みます。
夜間にトイレにいく事もなく朝起きてからが大変です。

ムーベンという腸内洗浄剤500mlを1.5リットルの水で割って、計2リットルの薄めた洗浄剤を2時間かけて飲まねばなりません。

2018122603.jpg

真夏の山歩きでも2時間で2リットルの水を飲むことなど無いので、これはかなり苦痛です。
1時間過ぎた頃から便意を催し、トータル7回もトイレに駆け込みました。
便が水状になり、色が薄くなったらOKですが、病院に着いてからも2度トイレに籠りました。

検査は病衣に着替え、黒いパンツをはいて行います。
鎮静剤注射を腕に、痛み止め注射を尻に打たれで準備完了。
こんな格好で内視鏡検査が始まります。

2018122602.jpg

この検査はあまり痛くないと聞いていましたが、実際はかなりな痛さを感じました。
最初にS状結腸を通す時に誰もが痛みを感じるそうですが、私の場合は下行結腸と上部の横行結腸が何度も折れ曲がっているらしく、そこを通過する度に酷い痛みが出ます。
痛みを分かりやすく表現すると、腸を痛めて下痢した時に、酷い差し込みがある時と同様の痛さでした。
但し、過去に2回発症した尿管結石の激痛に比べれば耐えられます。

2018122601.jpg

盲腸まで内視鏡が入って、そこから引き抜く時は楽になりました。
痔の症状はなかったようです。
親父や祖父が酷い痔主で苦労したので、私も何れ痔の症状がでるかと思っていましたが、今のところは大丈夫なようです。

検査後は鎮静剤が覚めるまで少し横になって休憩します。
そして医師から説明を受けます。

ごく僅か便が石状に固まった憩室症が見られますが、その他は全く問題なしとの診断でした。ポリープの切除もなかったため、食事に制限はなく、お昼前に帰宅してすぐに食事をとりました。

大腸がんの場合、50歳を過ぎると急に発症確率が高くなるようなので、今回は検査できて良かったと思います。
簡易的な便潜血検査では大腸がんの初期の段階は分からないそうですので、数年後にまた検査を受けるのが良いでしょうね。
その時はもう少し痛み止めの処置をしてもらわないと・・・


  1. 2018/12/26(水) 17:47:19|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

最低なクリスマス

実は先般行った検便による大腸がん検診で、陽性になってしまい、大腸内視鏡検査を受ける羽目になってしまいました。

明日の午前中に生まれて初めて大腸内視鏡検査を受けるので、現在かなり気持ちが落ち込んでいます。

私の父親も昔、検査で陽性になり内視鏡検査を受けていますが、その時には小さなポリープが三カ所見つかり、その場で切除してもらったそうです。

まあ親がそんな状態だったので、このタイミングで検査するのは良い事だと前向きに考えるしかありません。

ちなみにお医者さんが言うには、内視鏡検査でがんが見つかる確率は1000人の内1~2名で、その方々も検査中にがんを初期段階で切除できるため心配いらないとの事でした。
検便の場合、堅い便が出て少しでも血が滲んでも陽性と出てしまうようです。

そこで検査の前日である今日。
大腸内視鏡検査は便を全て出し切った上での検査なので、こんな検査食しか食べることが出来ませんでした。


2018122501.jpg

マスさんの手料理を満喫した昨日とは打って変わって情けない食事です。
朝は和風がゆとレトルト豆腐しか具が無いっていない味噌汁。
昼は中華がゆと、同じようなすまし汁。
おやつはココア味のソフトクッキー。
時間を置いて粉末のオレンジジュースとアップルジュース。
そして夕食はコーンポタージュのみでした。


この検査食の総カロリーは1177kcalだそうです。
調べて見ると50歳以降の一日の必要なカロリーは1400kcalとか。

こんな食事ではまったく腹の足しにもなりませんが、自分が普段いかに喰いすぎているのか良くわかりました(苦笑)

今は下剤を飲んでいます、就寝前にも下剤。
そして明日は朝6時から2リットルの薬剤が入った飲み物を飲んで、便を全て出し切らねばならないようです。
この検査をやった人の話を聞くと、検査自体は楽で、便を出し切る作業が一番辛いと言っていました。

今日はそんな訳で最低のクリスマスでした。


  1. 2018/12/25(火) 20:01:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クリスマスイブ

マスさんがクリスマス料理を作ってくれました。

2018122402.jpg

小富士山に登った帰り、女川で調達したアンコウ鍋。
コラーゲンたっぷりで美味しいです。
マスさんは生まれて初めてアンコウの実物を見たとか。

2018122401.jpg

そして蒲鉾の高政で買ってきた天皇杯受賞、御膳蒲鉾『かき』と、チーズと明太子をテリーヌ状にした蒲鉾『淡雪チーズめんたいこ』も食べました。
『かき』は税抜きで650円ぐらいする贅沢な一品ですが、食べた時に口の中一杯に広がる牡蠣の風味が最高でした。

2018122404.jpg

マスさんが時間をかけて煮込んだ豚の角煮も美味しかったです。

2018122403.jpg

そしてご飯は海鮮ピラフ

2018122405.jpg

デザートのケーキは『ティラミス・オ・マロン』です。
コーヒーのゼリーと栗のムースが入ったチーズケーキで、チーズの香ばしさとコーヒーのほろ苦さがマッチした美味しいケーキでした。

2018122406.jpg

今日は夕方から買い物に行ってきましたが、時間的に空いていると思っていたら、イオンモールへ行く道はかなり渋滞していました。予約しているケーキを引き取りにくるお客さんが沢山いましたよ。



  1. 2018/12/24(月) 21:53:44|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

賀茂神社

今日はマスさんが料理教室の日で、教室まで車で送った後、賀茂神社に行って神棚にお供えする年賀セットを買ってきました。

2018122301.jpg

門の右手に生えているアラカシの古木は樹齢200年とか。
本当に立派な木です。

2018122302.jpg

年末最後のお参りです。
右が下賀茂神社、左が上賀茂神社です。
二か所どちらもお参りしました。

2018122303.jpg

26日以降、冬型の天気になるようですので、本日は家の窓掃除を行いました。
古い家なので、窓の枚数がやたら多く、毎回半日はかかります。

窓が綺麗になると、新年が近づいてきたことを強く感じます。




  1. 2018/12/23(日) 21:31:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

二つの小富士山

今日は午後から天気が悪くなる予報だったので、福島の山に行く予定を変更して、石巻市にある二つの小富士山に登ってきました。

詳しい記録は別途アップしますので、このブログでは山の姿の写真のみアップします。

最初に登ったのは富士沼の東岸に位置する小富士山です。
以前、出版社は忘れましたが、ふるさと富士を紹介する書籍を立ち読みして、この山の存在を知りました。

2018122201.jpg

次は雄勝半島東側に位置する小富士山です。

2018122202.jpg

旧雄勝町の震災復興が他地域よりかなり遅れていて、今後、雄勝に戻る人がいるのか心配になりました。



  1. 2018/12/22(土) 20:12:34|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の名峰 DVD付きマガジン『栗駒山』

デアゴスティーニが12月18日に発行した日本の名峰 DVD付きマガジン第42号『栗駒山』の記事で、私が撮影した写真が2点使用されています。

2018122101.jpg

記事面は16ページですが、ルートガイド、火山活動を述べたフィールドノート、栗駒山の歴史、主な花の図鑑、そしれ四季の写真とアクセスなどが綺麗な写真と共に紹介されています。

そしてこの書籍の一番の売りが、かつてBS-TBSで放送されていた番組「日本の名峰 絶景探訪」の栗駒山を取材したDVDが付いていることです。
紅葉が盛りの時期の取材なので、過去に放送を見ていない方は必見だと思います。

この書籍は有名書店で販売されています。
アマゾンなら送料無料でネット注文ができます。

価格は消費税込み990円です。

尚、今回は写真提供のみでしたので、この書籍の紹介はこの雑記帳ブログのみアップしました。
私は自分ではプロの山岳写真家とは思っていないのですが、最近は本家ブログを閲覧された出版社やテレビ局などから、写真の提供を依頼してくる事が多くなりました。ほとんどお金にはならないけど、書籍に自分の写真が掲載されるのは嬉しいことです。

ただし、写真についてはまだまだ実力不足と思っています。


  1. 2018/12/21(金) 19:41:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

日向ぼっこ

今日は午後から強い風が吹いていましたが、午前中は穏やかに晴れてくれました。

寒い日には炬燵や布団の中に逃げ込んでいるゆず君も、今日は日向ぼっこをするために玄関に出ていました。

2018122001.jpg

私が近づくとゴロゴロ寝返りを繰り返して、上手く写真が撮れません。

2018122002.jpg

猫は野菜を食べないので体内のビタミンが不足するのを補うために、日向ぼっこをしてビタミンを作りだせるそうです。

2018122003.jpg

お腹に触ってみると、暑いくらいに体温が上がっていました。
気持ちいいんでしょうね。

私は本日も内業で、頼まれていたガイド文の原稿を仕上げました。
最近では稀に見る執筆に苦戦した文章となりました。
書くことが多すぎて、文字数をカットするのに苦労したのです。

このクリスマス連休が明けると、東北に年末寒波がやってくるようですね。
休み中に窓掃除をしなければ・・・



  1. 2018/12/20(木) 19:23:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

庭木剪定終了

内業の合間をぬって行っていた庭木の剪定がやっと終わりました。

石垣の上に生えているこのクロマツの剪定が最後です。

2018121803.jpg

上部の枝が電話線にかかりそうに伸びてきたため、1m以上上部を切り詰めました。

結果的にゴミ処理場には1トンロングのハイエースで7回も剪定した枝や葉っぱを持っていきました。
今年の4月から処理費が値上がりしたため、合計金額で2万円ちかくかかりました。
しかし植木屋さんに頼んだら目が飛び出るほどの金額がかかったと思います。

咲いていた小菊も全て刈り取ったため、庭の色彩が乏しくなり、南天の赤い実だけが目立ちます。
南天は縁起物として正月飾りに使われますが、その由来は難転から来ているそうです。

2018121801.jpg

その他に白い寒椿が咲いているのですが、霜で傷みやすく、綺麗な状態を保つのが難しいみたいです。

2018121802.jpg

年賀状の作成も終わり、後は賀状に一言添えるのみ。

ガイド文の執筆作業が残っていて、会社の伝票もまとめねばならず、大掃除まで考えると忙しい年の背を暮らしております。



  1. 2018/12/18(火) 22:31:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花塚山

本日は久しぶりに福島の花塚山に行ってきました。

この山一番の見どころは堅石です。
達磨落しのように積み重なった巨岩の造形は何度見ても驚かされます。

2018121601.jpg

北峰付近まで標高を上げると雪山らしくなってきました。

2018121602.jpg

護摩壇岩がある花塚台からは吾妻連峰が一望できました。
手前は川俣の街並みです。

2018121603.jpg

山中あちこちに面白い岩場があり道中飽きることなく歩けました。

2018121604.jpg

詳しい記事は別途アップします。
気長にお待ちください。



  1. 2018/12/16(日) 20:12:36|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲んでました(*^。^*)

木曜日は写真集団の例会の日で、夕方から出かけました。
午後4時前なのに日暮れの時間です。

2018121501.jpg

帰りはほぼ午前様。
バスがないので地下鉄利用で、森林公園を歩いて帰ります。
静まり返った人工池。
昼間はカルガモが沢山泳ぎ回っているのですが・・・

2018121502.jpg

昨日は断続的に雪が降る中、クロマツの剪定を行いました。
上部1.5mぐらいを伐りつめてかなりすっきりしました。
一番高いところは家の2階の屋根の高さと同じくらいなので、上部で剪定さる作業はハーネスをつけて、自己確保してのこぎりを振るいます。

2018121503.jpg

夜は一足早い自宅でのクリスマス会を行い、マスさんの手料理を堪能しました。
結局、自分では珍しく二晩連続でお酒を飲んでしまいました。

そして本日は友人の引っ越しの手伝いです。
大きな冷蔵庫や洗濯機を私のハイエースで運びました。

そんな訳でこのブログの記事アップが少し滞ってしまいました。







  1. 2018/12/15(土) 19:38:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泥棒捕まったみたいだ('ω')

9月の始め、我が家に深夜忍び込んで財布から現金を抜き取った侵入盗が、昨日逮捕されたと地元紙の河北新報で報道されていました。

仙台北署では44歳の容疑者が3月以降、仙台市北部地区を中心に深夜から未明にかけ、無施錠の民家に侵入し約30件、被害総額約300万円の盗みを繰り返したとみて裏付けを進めているそうです。
逮捕容疑は11日午前3時10分ごろ、無施錠の民家に侵入し、現金10万円と指輪2点を盗んだ疑いで、全て手口が共通しているらしく、この男を同一犯と見て捜査していました。

まだ警察から連絡は入っていませんが、ほぼ間違いなくこの男が我が家に侵入したと思います。

これでようやく安心して眠れますよ。

ところでクロマツの剪定は未だですが、一番難題だと思っていたモミの枝打ちを仕上げました。

父親が何でモミを庭に植えたのかは今になっては分かりませんが、どんどん成長するので、何年かおきに強度の枝打ちをせねばなりません。

下の写真が枝打ち前。
木の高さが8m以上あるので、枝打ち作業は身体を確保して行います。

2018121201.jpg


枝打ちが終わり、さっぱりした状態がコレです。
伐った枝を運べるように更に切る作業がこれまた大変でした。

2018121202.jpg

本当は完全に伐採していのですが、根元の直径が40cmもあるので、クレーン車が無いと倒すのも危険な感じで、私一人の力では無理みたいです。





  1. 2018/12/12(水) 17:48:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

戸神山

本当は七ツ森の七薬師掛けに行くつもりでしたが、朝起きると雪が降り、積もっています。
これでは急坂が連続する七ツ森は無理なので、二度寝してから、家で朝食を食べ、軽く道路の雪かきをして出かけました。

蕃山しか登れないかなと思い、西道路を西進して青葉山トンネルを抜けると、戸神山方面も見えています。
それで戸神山に登る事を決定。

誰もいない白沢峠の駐車スペースに車を停め、積雪10~20cmほどの雪道を歩き始めました。

詳しい記録は本家ブログに記しますので、ここではエッセンスのみ。

裏コースを回って女戸神山に登る途中、伐採後に植林された場所から泉ヶ岳が一望できました。

2018120903.jpg

今日の雪は湿っていて結構滑りやすく、熊落し坂の登りは少し苦労しました。

山頂に着くと時折強風が吹き、木に着雪した雪が飛ばされます。
東側には白沢五山が見えていました。

2018120904.jpg

表コースを下り白沢峠に戻る途中、旧白沢峠に新しい標識が立っていて、野中への道が整備されたようです。
これは下ってみる価値があると思い、登山口に当たる泉口ため池まで下りました。
そこから見上げた戸神山です。

2018120901.jpg

ため池の北側の分岐を左折、この道も刈払いされて以前の薮道ではなくなっていました。

右手にある小さなため池はセイゾウ池というそうです。

2018120902.jpg

その後、ベタ張りの赤テープに騙されて林業の作業道に間違って入り込み、30分程度時間をロスしましたが、再び男戸神と女戸神の鞍部まで登り返し、この日二度目の表コースを下って車に戻りました。

戸神山の新道は見どころが多くお勧めです。






  1. 2018/12/09(日) 23:13:11|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

DVD 『オンリー・ザ・ブレイブ』

レンタルDVDで『オンリー・ザ・ブレイブ』を見ました。

この映画、本当は映画館で見たかったのですが、行く機会を逸してしまい借りてきて家で観るしかなかったのです。

いやぁ~、凄い内容でした。
これは傑作ですよ。

あらすじ
怠惰に暮らしていた学生のブレンダン・マクドナウ(マイルズ・テラー)は、恋人の妊娠を契機にそれまでの生き方を改めようと地元の森林消防隊に入る。過酷な特訓に明け暮れる中、次第にチームを率いるエリック・マーシュ(ジョシュ・ブローリン)をはじめとする隊員たちと親睦を深め、彼らに支えられながら少しずつ成長していく。ある日、山火事が発生してブレンダンは仲間と消火に向かうが、山を覆うような巨大な火災になり……。




最近もアメリカのカリフォルニア州で大規模な山火事があり、多くの尊い犠牲が出ましたが、アメリカの山火事の恐ろしさと、それを消し止めようとする消防士の仕事がいかに死と隣り合わせであるかが良く分ります。

ハリウッド映画で火事を題材にしたのは、古くは『タワーリング・インフェルノ』、そして『バック・ドラフト』など傑作が多いけれど、実話を元にした本作はそれにも増して見逃せない作品だと感じました。

衝撃的なラストシーンは決して忘れることがないと思います。

評価は95点。映画館で見れば良かったと後悔しています。



  1. 2018/12/08(土) 20:43:21|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手掛け、エディ・レッドメイン演じる魔法動物学者を主人公にした『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』を見てきました。

可愛い魔法動物が沢山でてくる第一作目が気に入っていて、今回もどんな魔法動物がでてくるか期待して映画館に行きましたが、全く違う映画のようになってしまい面喰いました。

あらすじ
ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、学者として魔法動物を守るため、不思議な空間が広がるトランクを手に世界中を旅している。ある日、捕まっていた“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃亡する。ニュートは、人間界を転覆させようと画策するグリンデルバルドを追い、魔法動物たちと一緒にパリの魔法界へ向かう。




この作品は5作続くそうですので、前回はニュート・スキャマンダーのお披露目的な意味合いだったのでしょう。
本作から一気に話が広がり、登場人物も激増していて、名前と顔を一致させるのが結構大変でした。

中でも黒い魔法使いを演じるジョニー・デップの存在感が凄く、悪役として強烈なインパクトを感じました。
それに若きダンブルドアを演じるジュード・ロウは齢を重ね、渋く重厚感のある俳優になっています。

いろいろ『ハリーポッター』シリーズの伏線が張られているようですが、話の展開を追うのがやっとで、気がつかない点も多々あったようです。これはDVDがレンタルされたら確認してみましょう。

しかし『ハリーポッター』シリーズもラストに近づくにつれて、バトルシーンばかりになってしまい、面白味が半減したのですが、本作も同じような展開になってきています。
もっとジェイコブを演じたダン・フォグラーが笑いの部分で活躍してくれると、より楽しい作品になったと思いました。

評価は80点です。


  1. 2018/12/07(金) 20:54:10|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

♪ 高岩遼

久しぶりに音楽ネタを。

最近、ジャズ・ヒップポップグループのSANABAGUNでフロントメンを務めている高岩遼のソロアルバム『10』を気に入って聴いています。

SANABAGUNの音楽はかなりヒップホップ寄りで、高岩遼の歌よりラップ中心のため、少し好みと違うのですが、中にはこんな格好いい曲もあります。



SANABAGUNは悪の集団のような見た目ですが、ギターの隅垣 元佐と、ドラムの澤村 一平は土岐麻子のライブの時にバンドの一員として来ていて、音楽に真摯に向き合っている若者と分かります。


フロントメンの高岩遼は岩手県宮古市出身の28歳。
大学時代から都内を中心にジャズボーカリストとして活動しているそうです。

今回ソロデビューしたアルバム『10』は彼が18歳の時に、10年経ったらビックバンドのジャズアルバムを作るんだ、という夢をかなえた作品になりました。

彼が一番影響を受けたフランク・シナトラの曲を4曲カバーしていますが、演奏は現代のフォーマットです。
曲間にラジオ的な彼の語りが入っている点は、最近の邦楽アルバムとしては異色だと思います。
しかし彼のダンディな声で語られると、意外にアルバムの中に溶け込んでいます。

そのアルバムから一曲『ROMANTIC』です。



個人的にはもう少しオリジナルの曲があれば完璧だと感じました。

しかし山に行くときの車内で聴いていると飽きない一枚です。


  1. 2018/12/05(水) 20:51:52|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦打ちの会

昨日の日曜日は快晴の天気でしたが、山には行かず、毎年恒例のTさん宅にお邪魔して、蕎麦打ちの会に参加してきました。

新蕎麦を食べられるのが魅力です。

最初は蕎麦粉をに水を振ってこねる作業ですが、この水加減が何度教えてもらっても分かりません。

2018120301.jpg

力のいる作業です。

2018120302.jpg

円盤状に伸ばします。
ここで丸くしないと、後の伸ばしの作業で四角くなりにくいそうです。

2018120303.jpg

あまり力を入れすぎると蕎麦が割れてしまうとか。
爪を引っ掛けないように猫の手で上から押す感じ。


2018120304.jpg

前に蕎麦を切った時、太く成りすぎたので、切り方はお任せです。

2018120305.jpg

茹で方は熱湯に打ち立ての蕎麦を入れ、浮き上がってきてから1分40秒だそうです。
三たての蕎麦が美味しく出来上がりました。

2018120306.jpg

その他、漬物とか、芋っこ汁とかいろいろご馳走になり、締めはつき立ての納豆餅です。
これでお腹が一杯になりました。

2018120307.jpg

最上川越しに翁山が見えていました。
昨日、山に登った方は最高だったと思います。

2018120308.jpg


でも美味しい蕎麦を堪能できて、こんな休日も良いものです。




  1. 2018/12/03(月) 21:57:32|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥久慈男体山

今日はマスさんと二人で茨城県の奥久慈男体山を歩いてきました。
4年前に登った時は、マスさんが体調不良のため、急に行けなくなってしまったので、今回はその埋め合わせの意味を兼ねて遠征しました。

天気は良かったのですが、夜半までこの地域は雨だったようで、霞んでしまい遠くの山は見えませんでした。
富士山が見えれば良かったのですが・・・

詳しい山記録は本家ブログにアップします。

このブログでは写真2点を紹介。

鷹取岩に向かう途中、櫛ヶ峰の手前から見た奥久慈男体山です。
何回見ても惚れ惚れする姿をしています。

2018120101.jpg

暦は師走に入ったのに、未だにイロハモジミの紅葉が見られました。
岩壁と赤い紅葉のコントラストが素晴らしかったです。

2018120102.jpg

帰りの東北道は強風が吹き荒れ、運転が大変でした。

明日は晴れの予報ですが、用事があるので山はお休みです。




  1. 2018/12/01(土) 20:57:17|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

SONE

Author:SONE
(続)東北の山遊び 本館にも遊びに来てくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (327)
写真 (65)
花 (379)
登山 (546)
音楽 (35)
映画 (159)
猫 (265)
鳥 (22)
本 (11)
観光 (50)
グルメ (216)
ケーキ (5)
山菜 (15)
キノコ (68)
犬 (6)
アニメ (1)
車 (8)
その他 (19)

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR